バイデン氏、原油価格引き下げに「悪い選択肢しかない」と発言
バイデン大統領は、原油価格を下げるための貴重な手段をほとんど持っていない。Doug Mills/The New York Times

バイデン氏、原油価格引き下げに「悪い選択肢しかない」と発言

大統領のサウジアラビア訪問は、原油やガソリン価格を下げる可能性は低く、また、大統領が行うかもしれない他のことがうまくいくかどうかは明らかでない

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Clifford Krauss]ジョー・バイデン大統領がサウジアラビアでムハンマド・ビン・サルマン皇太子に会うとき、彼は1977年にテヘランに飛び、大晦日にイラン国王と乾杯を交わしたジミー・カーターなどの大統領の足跡をたどることになる。

カーター大統領は1977年、テヘランでイランの国王と大晦日に乾杯した。カーター大統領は、自国の人々にとって大きな関心事である「ガソリンを安くし、石油を安定供給する」という大義のために、彼と祝杯を上げざるを得なかったのである。

カーターや他の大統領たちが学んだように、バイデンはガソリン代のコストを下げるための貴重な手段を持っていない。特に、世界最大のエネルギー生産国の一つであるロシアが、より小さな隣国に対していわれのない戦争を始めた場合はなおさらである。カーターの時代には、西側諸国が必要とする石油の供給が中東の革命によって脅かされていた。

2020年の選挙戦でバイデンは、著名な反体制派のジャマル・カショギを暗殺したサウジアラビアを「亡国」にすると公約していた。しかし、当局者は先週、彼がこの夏に王国を訪問する予定であると述べた。

数年前、ワシントンの多くの議員やテキサスの石油・ガス企業の経営者たちは、エネルギーブームによって米国が石油と石油製品の純輸出国になり、エネルギー自給率が高まったと自画自賛していた。しかし、原油価格の高騰により、その成果も幻となりつつある。

米国は世界最大の石油・天然ガス生産国であるが、世界の石油供給量の12%を占めるに過ぎない。ガソリンの主原料である石油の価格は、世界の情勢によって高騰も暴落もする。そして、どんな大統領もそれをコントロールすることはできない。

しかし、ガソリン代が1年前よりはるかに高くなり、100ドルもかかるようになったアメリカ人にとっては、この事実は慰めにならない。

大統領は、国内外の石油生産者に対し、もっと早く石油を掘り出し、汲み上げるよう、おだてたり、懇願したりしないわけにはいかないだろう。

「大統領は努力しなければならない」と、クリントン政権でエネルギー長官を務めたビル・リチャードソン氏は言う。「残念ながら、悪い選択肢しかない。サウジアラビアに増産を求めるよりも、他の選択肢の方が悪いかもしれない」と語った。

増産が可能な他の二つの産油国、イランとベネズエラは、西側の制裁によって世界市場からほぼ切り離された米国の敵対国である。

Original Article: Biden Has ‘Only Bad Options’ for Bringing Down Oil Prices.

© 2022 The New York Times Company.