インフレの時代には従来の不況対策は通用しない
イラスト: Derek Zheng for Bloomberg Businessweek

インフレの時代には従来の不況対策は通用しない

政治家の景気後退に伴う景気刺激策の欲求は、中央銀行の物価抑制キャンペーンに真っ向からぶつかる。多くの国で予算獲得競争が激化しており、イタリアではすでに大きな犠牲者が出ている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- ほぼすべての国で危惧されているように、経済が失速すると、政治家は通常、事態を好転させるために財政支援を注入する。今回は、それが複雑になりそうだ。

パンデミックによって、先進国の政府はより大きな赤字と負債を抱えることになった。しかし、もっと差し迫った問題がある。高いインフレだ。多くのエコノミストは、貪欲な消費がインフレを招いたと見ている。そして、サプライチェーンがまだ寸断されているため、消費者のポケットに現金を多く入れるという標準的な不況対策は、すでに激しい物価上昇圧力に拍車をかける危険性がある。

このような背景から、多くの国で予算獲得競争が激化しており、イタリアではすでに大きな犠牲者が出ている。マリオ・ドラギ政権は7月21日、記録的なエネルギーコストに苦しむ家庭や企業に対する支援策が十分でないとして、連立政権の同盟政党からの支持を取りやめ、崩壊してしまったのだ。

6月21日、ドラギ前首相。Alessia Pierdomenico/Bloomberg

英国では、ボリス・ジョンソンの後継首相をめぐる争いが、財政政策をめぐる議論に終始している。一方の候補者は即時減税を約束し、もう一方の候補者は対象を絞った小規模な減税を行い、これ以上の増税はインフレ抑制というイングランド銀行の使命を損ねるだけだと警告している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン