中国の経済指標は、景気刺激策につながるか?
中国の輸出は、2020年のパンデミックからの経済回復の大きな原動力となったが、今回はそうではない。Qilai Shen/Bloomberg

中国の経済指標は、景気刺激策につながるか?

中国の景気刺激策は今週発表の大量のデータ次第だ。中国経済は2020年初頭以来、最も遅いペースで拡大した可能性が高い。PBOCは政策金利を維持する見通しだが、景気刺激策は下期に実施される見込みだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) — 中国は今週、豊富な経済指標を発表する予定で、北京が野心的な成長目標を追い求める中、年内の金融・財政刺激策のペースを決めることになりそうだ。

国内総生産(GDP)や小売売上高、財政収入、銀行借入など主要なデータは、4〜5月に実施された金融規制の影響と、規制緩和によるその後の回復の強さを評価するために注視される。この数字は、今年の成長の大きな足かせとなっている不動産市場の状況についても手がかりを与えるだろう。

Covid Slump|中国経済は2020年初頭以来最も遅い速度で拡大した可能性あり

北京は、企業活動がペースを取り戻し、地方政府がインフラへの支出を強化することで、今年後半の経済がより好調になることに賭けている。しかし、5.5%という成長目標を達成することは困難であり、特に中国は「ゼロ・コロナ」政策を堅持し、感染が発生した場合には規制を強化するとしている。習近平国家主席は最近、国民の健康を守るためなら短期的な成長を多少犠牲にしても構わないという考えを示している。

スタンダードチャータードの大中華圏・北アジア担当チーフエコノミスト、ディン・シュアン氏は、通年の目標が達成できない場合、政府は下半期に5.5%前後の成長を達成したいと考えるだろうと述べた。ブルームバーグのエコノミスト調査では、通年で4%強の経済成長になる可能性が高いと予測している。

「年間成長率の目標達成には、まだかなりの距離がある」とシュアン氏は言う。「さらなる政策的支援が必要だ」

今週は、財政・金融当局が政府財政と銀行融資の数字を発表する予定であり、それが景気刺激策の手がかりとなる可能性がある。特に投資家は、北京が今年後半に1兆5,000億元(30兆6,000億円)の特別国債を販売する可能性があり、地方政府の借入を加速させることを認めるかどうかを注視している。

政界でも政策支援の必要性を訴える声が高まっている。元財政部長が今週末、中国には財政赤字を拡大し、企業への支援を強化する余地があると発言した。銀行監督当局と保険監督当局の関係者は同じイベントで、当局は経済の安定化のために「柔軟かつ的確に」政策手段を用いていくと述べた。国務院発展研究センターの研究員は、中国が通年の成長目標を達成するためには、下半期に「型破りな政策」を採用する必要があると述べたと、経済日報が報じた。

以下は、今週の中国経済カレンダーに掲載されている主なイベントである。

貿易統計(水曜日)

中国の輸出は、2020年のパンデミックからの経済回復の大きな原動力であったが、今回はそうはいかない。世界中の消費者が物価上昇に直面し、需要をモノから旅行やその他のサービスへの支出にシフトしているため、世界貿易は弱体化している。

緩やかな貿易|中国の輸出の伸びは6月に減速すると予測される

6月のデータは、物流とサプライチェーンへのコロナウイルス感染症の混乱が月に緩和され続けたにもかかわらず、輸出の伸びの緩やかさを示すと思われる。輸出はドル建てで前年同期比約13%増と、5月の16.9%増を下回る可能性が高い。輸入の伸びは4%と前月とほぼ変わらず、内需の弱さを示しているようだ。

バイデン政権が中国の消費財に対する関税の一部撤廃を発表間近であることから、貿易は限定的ではあるものの活発化する可能性があります。王濤を含むUBSグループのエコノミストは、301条関税の完全撤廃と中国からの輸入品の市場シェアが関税撤廃前の高さに戻ると仮定し、中国の輸出成長率を最大4%ポイント上昇させると予想している。

GDP(金曜日)

第2四半期の経済パフォーマンスは、パンデミックが最初に発生した2020年の最初の3か月間の歴史的な収縮以来、最も弱いものであった可能性が高い。エコノミストは、第2四半期のGDPはおそらく前年同期比1.2%増で、年初3ヶ月の4.8%を下回ると予測している。四半期ベースでは、GDPは2%縮小した可能性が高い。

6月の活動指標は、コロナの閉鎖からの回復の兆しがあるかどうか精査されるでしょう。エコノミストの予測では、工場が生産を拡大し、サプライチェーンと物流の混乱が緩和されたため、鉱工業生産が大幅に回復するとされている。ブルームバーグのエコノミスト調査の中央値では、工業生産は4月の縮小と5月の弱い伸びに続いて、4%伸びたと予想されている

ロックダウン後の回復|中国の工業、消費者セクターは6月に回復した可能性が高い。

固定資産投資は、インフラ建設を支援する政府の財政的後押しのおかげで、今年上半期は持ちこたえたようだが、不動産部門の投資はおそらく低迷を続けた。小売販売は、コロナ規制が緩和され、政府が自動車や家電製品の販売を促進したため、3カ月連続の減少を脱し、増加した可能性が高い。

金利(金曜日)

中国人民銀行は、経済への金融支援を強化するため、1年物の政策貸付金利を引き下げる機会があるが、ほとんどのエコノミストは金利を据え置くだろうと予想している。李剛総裁は最近、インフレ懸念や米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げで資本流出への懸念が高まる中、年内は金融刺激策として金利引き下げよりも信用引き上げに注力する可能性が高いと示唆した。

中国人民銀行(PBOC)は政策金利を安定的に維持すると予想される。

国内のインフレが落ち着いていることは、中国人民銀行の政策緩和を直ちに脅かすものではない。しかし、ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、豚肉価格の高騰により、消費者物価は今年後半に3%を超える可能性があり、政策金利の引き下げや銀行の準備率引き下げなど、注目される金融緩和のハードルが上がる可能性があると指摘している。

今週末のデータでは、消費者物価は先月、前年比で2.5%上昇し、ここ2年で最も速いペースで、エコノミストの予想を上回った。豚肉は前月比2.9%増、前年同月比では6%減と、過去16ヶ月の2桁減の後、縮小が縮小した。

また、多くのエコノミストは、中国銀行が今週満期を迎える中期貸付枠をロールオーバーすると予想している。先週、公開市場操作の日数を減らしたため、国土交通省が流動性を正常化させるという強いシグナルを送ることになる。国土交通省の融資は合計1,000億元(150億ドル)が満期になる。

新規融資の反発

今週発表される予定の信用データでは、6月の金融活動が引き続き回復していることが明らかになりそうだ。通常、銀行は四半期末に融資を強化するため、この月は豊作となる。中国人民銀行が銀行に融資を増やし、政策性銀行の融資枠を8,000億元増加させたため、北京の政策的後押しも一役買ったと思われる。また、地方債の発行額が1兆4,000億元と過去最高を記録したことも、上昇に寄与したようだ。

予想されるリバウンド|6月の中国の人民元新規融資は改善する見通し

ブルームバーグが調査したエコノミストの予想中央値によると、クレジットの広範な指標である融資総額は5月の2兆8,000億元から4兆2,000億元に増加し、昨年6月の3兆7,000億元を超えると予想される。新規融資は5月の1兆9,000億元から2兆4,000億元に増加した模様。また、中国人民銀行は四半期報告会を開催し、貸出データおよび金融政策の見通しについて議論する予定だ。

財政収入

財政部は今年上半期の財政収入と財政支出に関するデータを発表する予定。

歳入では、住宅市場の低迷により土地売却収入が減少し、企業支援のための還付金により税収が縮小しているため、歳入が急減している。一方、政府支出は、コロナのテストとコントロールにかかる費用が急増したため、上昇した。

地方政府が財政難にあえぐ中、北京は習近平のインフラ整備を促進するため、地方政府に国債売却の加速を迫っている。今年の3兆6,500億元の特別地方債のほとんどは、先月末までにすでに発行されている。

財政部は下半期に地方政府がさらに1.5兆元の特別債を販売することを許可することを検討している。これは、過去数週間に発表された8,000億元の追加政策性銀行融資を含む1.1兆元のインフラへの新たな支援に追加されるものである。

--取材協力:Wenjin Lv、Tomoko Sato、Fran Wang.

Bloomberg News. China’s Bumper Data Week Will Set Tone for Economic Stimulus.

© 2022 Bloomberg L.P.