合計27.6兆円の資産を持つインドの大富豪2人が対決
総資産900億ドルのムケシュ・アンバニ

合計27.6兆円の資産を持つインドの大富豪2人が対決

20年以上にわたってそれぞれの領域で平和的に拡大してきたインドの大富豪の2人は、同じ領土を争うようになっている。現在のインドの富の創出は、米国の19世紀における「金ぴか時代」になぞらえる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 6月、インドの大富豪ムケシュ・アンバニとその側近は、彼の帝国の買収目標をどこに据えるべきかを議論する際に、予想外のジレンマに直面した。

アンバニのリライアンス・インダストリーズは外国の通信大手の買収を考えていたが、数カ月前にアンバニを抜いてアジア一の富豪となったゴータム・アダニが、インド初の5G電波の大規模売却に入札する予定だという情報が入ったと、この件に詳しい関係者は述べている。

アンバニのリライアンス・ジオ・インフォコムはインドの携帯電話市場のトッププレーヤーであり、アダニ・グループは無線通信サービスを提供するライセンスすら持っていない。しかし、彼はアンバニの野心の核心に触れるかもしれないという考えそのものが、公開されていない情報を議論するために名前を呼ばないことを求めた人々によると、アンバニ陣営の警戒感を高めている。

側近の一人は、アンバニに海外をターゲットにし、インド市場を超えて多角化するよう助言し、もう一人は本国での挑戦をかわすために資金を節約するよう助言したと、この議論に詳しい人々は述べている。

900億ドル近い資産を持つアンバニは、最終的に外国企業に入札することはなかったが、その理由の一つは、今年世界最大の富を得たアダニからの挑戦に備え、資金力を保持することがより賢明であると判断したためであるという。ブルームバーグ・ビリオネア・インデックスのデータによると、アダニは今年、世界最大の富を獲得し、1183億ドルに達しているのだ。

2014年9月1日、東京の経団連本部で日本の経済団体主催の昼食会に出席した億万長者ゴータム・アダニ(中央)。

20年以上にわたってそれぞれの領域で平和的に拡大してきたアジアの2人の富豪は、同じ地平をますます歩き始めている。特にアダニは、従来の重点領域を超えて照準を合わせている。

億万長者の時代

3兆2,000億ドル規模の経済がデジタル時代を迎え、アンバニとアダニが最初に富を築いた商品主導の分野を超えた富の獲得競争を引き起こし、インド国内だけでなく、国境を越えた影響力の大きい衝突の舞台を整えつつある。電子商取引からデータストリーミングやストレージに至るまで、新たなビジネスチャンスは、カーネギー、ヴァンダービルト、ロックフェラーといった億万長者を生み出した19世紀の米国経済ブームを彷彿とさせる。

ムンバイの投資顧問会社KRISの創業者であるアルン・ケジュリワルは、インド市場とこの2人の億万長者を20年にわたり追跡調査してきた。

「アンバニとアダニは協力し、共存し、競争するだろう。そして最終的には適者が繁栄する」

アダニの会社とアンバニの会社の代表者は、この記事のためにコメントを拒否した。

タイタンの衝突|アジアで最も裕福な2人が、重なり合う複数の部門に進出

アダニ・グループは7月9日の公式声明で、現在アンバニが独占している消費者向け携帯電話分野に参入するつもりはなく、政府オークションで購入した電波は「プライベート・ネットワーク・ソリューション」の構築や、空港や港湾のサイバーセキュリティ強化にのみ使用すると述べている。

こうしたコメントとは裏腹に、いずれは消費者向け無線サービスの提供に乗り出すのではないかという憶測も飛び交っている。

「今でなくとも、リライアンス・ジオに対抗するため、後にアダニが消費者向け携帯電話の分野に計算づくで参入する可能性はあなどれない」と、アーメダバードのインド経営研究所の元教授で、今もそこの客員教授として、ファミリービジネス、電気通信、新興国の戦略について幅広く活動しているサンカラン・マニックティは言う。

何十年もの間、アダニのビジネスは港湾、石炭採掘、海運といった分野に集中しており、アンバニは石油に多額の投資を行う中で、この分野に手を出さなかった。しかし、この1年で、その状況は大きく変わりました。

3月、アダニ・グループは、サウジアラビアの巨大な石油輸出企業であるアラムコへの買収の可能性を含め、サウジアラビアでの提携の可能性を模索していると言われていた、とBloomberg Newsは報じている。その数カ月前、リライアンス(現在も収益の大半を原油関連事業から得ている)は、エネルギー部門の株式20%をアラムコに売却する計画を破棄し、2年がかりで進めていた取引を白紙に戻した。

2人の億万長者はグリーンエネルギー分野でも重なり合い、インドのナレンドラ・モディ首相の優先事項と大きく結びついているこの分野に、それぞれ700億ドル以上を投資すると公約している。一方、アダニは、デジタルサービス、スポーツ、小売、石油化学、メディアなどの分野で深い野心を示し始めている。アンバニのリライアンスは、すでにこれらの分野を支配しているか、あるいは大きな計画を持っている。

電気通信事業において、もしアダニが消費者を大々的にターゲットにし始めた場合、歴史によれば、競争の初期段階において価格が急落する可能性があるが、2社が独占を確保すれば再び上昇することが予想される。アンバニが2016年に通信事業に初進出した際、無料通話と激安データを提供し、消費者にとっては軒並みコストが下がった大胆な行動だったが、彼が支配力を固めたことで再び上昇している。

表面上、2人は全く違うように見える。65歳のアンバニは父親からリライアンスを受け継ぎ、60歳のアダニは自らの力で這い上がってきた。しかし、2人には驚くべき共通点がある。

メディアにはほとんど登場しないが、両者とも激しい競争を繰り広げ、足を踏み入れたほとんどの分野を破壊し、その後支配してきた歴史がある。両者ともプロジェクト遂行能力に優れ、細部にまでこだわり、ビジネスゴールを追求する執念を持ち、大きなプロジェクトを成功させた実績があると、彼らと仕事をしたアナリストやエグゼクティブは語っている。

2人とも、モディの故郷である西部のグジャラート州出身だ。また、両社ともビジネス戦略をモディ首相の国家的優先課題と密接に連携させてきた。

2020年以降、アダニ・グループの企業は猛烈な株価上昇を記録している。

アダニのディールメーキングはすべてリライアンスと重なるわけではなく、アンバニが世界的な見通しが不透明な中、海外での多額の支出に慎重であるにもかかわらず、彼はM&Aへの支出を前倒しで行っているのである。アダニ・グループは7月にイスラエルのハイファ港を12億ドルで買収した。5月に、彼は105億ドルでホルシムグループのインドのセメントユニットを買った。

今のところ、アダニの新しい進出のほとんどはまだ始まったばかりで、その影響を直ちに測定することは難しい。しかし、アナリストたちは、この2人がインドのビジネス環境の再構築に大きな役割を果たす可能性があり、2つのファミリーの手に経済のますます広大な部分が委ねられる可能性があるという点で意見が一致している。

しかし、この2人がインドのビジネス界に大きな影響を与えることは間違いないだろう。

アーメダバードにあるCentre For Development Alternativesのディレクター、インディラ・ヒルウェイは、インドの現在の経済発展は19世紀のアメリカのいわゆる「金ぴか時代」に似ているが、南アジアの国は現在、不平等が拡大するリスクに直面していると語る。

「急速な多角化と相互の重複は、これらのセクターの中小企業を苦しめ、一緒に仕事をすれば二重独占になる可能性がある。もし両者が競合し始めたら、両財閥が資源や原材料を奪い合うことになり、ビジネス環境の均衡に影響を与える可能性がある」

-- Ashutosh Joshi、Kripa Jayaram、Anto Antonyの協力を得ています。

P R Sanjai, Bhuma Shrivastava. With $208 Billion in Fortunes Ambani and Adani Start to Face Off.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ