75歳のハーバード卒業生が中国トップAI人材のゴッドファーザーになる
アンドリュー・チーチー・ヤオ(姚期智)博士。出典:清華大学

75歳のハーバード卒業生が中国トップAI人材のゴッドファーザーになる

75歳のハーバード大卒業生が、清華大学で中国のAI人材を多数排出している。アンドリュー・ヤオは、中国最大のスタートアップ企業に影響を与え、政府の政策に影響を与え、学者たちの世代を形成してきた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 経済から人権に至るまであらゆる面で米中が対立する中、人工知能(AI)はいまだに特別な摩擦の原因となっている。食糧生産、医療、金融市場、監視など、あらゆるものに革命を起こす可能性を秘めたAIは、楽観論とパラノイアの両方を刺激する技術である。

この分野で最も影響力のある人物の一人、アンドリュー・チーチー・ヤオ(姚期智)は、その学歴と職業柄、世界の二大経済大国にまたがっている。中国生まれでハーバード大学で学んだヤオは、コンピュータサイエンスのノーベル賞に相当するチューリング賞の国内唯一の受賞者である。40年近く米国に滞在した後、2004年に中国に帰国。現在、彼は有名な、しかしあまり知られていない大学の授業で教えている。この授業は、中国最大のAIスタートアップ企業のいくつかを形成し、政府の政策に情報を与え、学者の世代を形成している。

「AIが世界を変える今後10年、20年の間に、われわれは非常に良い機会を得ている」と、ヤオは2019年5月に述べた。彼は中国に対し、「他国の一歩先を行き、才能を育て、研究に取り組む」よう促した。この科学者はめったに外国メディアと話すことはなく、ブルームバーグの取材要請にも応じなかった。

習近平国家主席や中国の多くのエリートの母校である北京の清華大学のコンピュータサイエンスの学部課程である「ヤオ・クラス」は、中国のテクノロジー先駆者や成長する科学力に大きな影響を与えてきた。その卒業生は、中国全土に強力なネットワークを形成し、互いのプロジェクトに助言を与え、必要に応じて資源や資本を融通し合っている。

ヤオの弟子たちは、アリババが支援する顔認識大手Megvii Technology(曠視科技)や広州に拠点を置くPony.ai(小馬智行)など、ピーク時に120億ドル以上の価値を持つ新興企業を生み出している。また、スタンフォード大学やプリンストン大学など、アメリカの一流大学で教鞭をとっている人もいる。

2013年から2017年までヤオ・クラスの生徒で、コンピューターグラフィックスの新興企業Taichi Graphics Technology(太極図形)の最高経営責任者であるフー・ユアンミンHu Yuanmingは、「彼が中国に戻ろうとする意欲だけで、多くの意味がある」と語った。彼の会社は、Sequoia China、Source Code Capital、GGV Capital、BAI Capitalの支援を受け、2月に5000万ドルのシリーズAラウンドの資金調達を終えている。

Huはヤオクラスの人材プールの恩恵を受けている。Pony.aiのLou TianchengとMegviiのTang WenbinはHuの会社設立に助言し、彼は多くの中小企業よりもTaichiの採用が簡単だと言っている。ヤオの在校生もインターンシップに参加している。

原動力

米国と中国が同意していることの1つは、AIの大きな可能性だ。この分野は、将来の技術の多くを定義することになり、現在、技術的優位をめぐる米国と北京の戦いにおける重要な戦場になっている。AIは、兵器をより賢くする可能性があることから、国家安全保障にも大きな影響を与える可能性がある。

元グーグルCEOのエリック・シュミットが委員長を務める米国のAIに関する国家安全保障委員会は、昨年、中国がこの分野で支配を強めることに内在するリスクについて警告を発した。「米国が行動を起こさない場合、今後10年間で中国にAIにおける主導的地位を奪われ、AIを利用したさまざまな脅威に対してより脆弱になる可能性が高い」と、NSCAIの報告書は述べている。

一方、中国は技術的自立を推し進める中で、AIを産業変革の「中核的推進力」と「国際競争の新たな焦点」に位置づけている。2017年、同国はAI関連産業が2030年までに1兆元(1,482億ドル)に達するという目標を設定した。

まだ遅れている|新規に出資したAI企業の世界トップは米国、次いで中国

まだ遅れている|新規に出資したAI企業の世界トップは米国、次いで中国

世界最大のインターネットユーザーと前例のない量のデータを持つ中国は、AI、特に顔認識などの分野で著しい成功を収め、物議を醸してきた。SenseTime Group(商湯科技)やCloudWalk Technology(雲従科技)などの企業は、この分野で世界的に最も先進的な企業である。スタンフォード大学の研究によると、世界のAI特許出願に占める中国の割合は、2010年の12%から、2021年には52%に達する。

一部の専門家は、中国のAI専門技術は範囲が限定的で、世界制覇よりも国内監視に重点を置いていると述べている。しかし、中国がAIを支配するようになるか、単にトッププレイヤーの1人としての地位を維持するかにかかわらず、ヤオは国家のツールキットの重要な部分である。

SenseTimeの歩行者・車両認識システム「SenseVideo」。Gilles Sabrie/Bloomberg

1946年生まれのヤオは、幼少期に台湾に移住した。2人の兄弟と過ごした環境は、教育を含む中国の伝統的な価値観に重きを置いた、幸せな中流階級だったという。ガリレオやニュートンを英雄視し、物理学はシャーロック・ホームズの推理小説よりも創造的だと言っている。

1967年に渡米し、ハーバード大学で物理学を学んだ。妻のフランシス・ヤオ(Frances Yao)は、彼にアルゴリズムを紹介したと言われている。MITの博士課程に在籍していた彼女は、現在、清華大学のコンピューターサイエンスの教授でもある。

ヤオは、スタンフォード大学とプリンストン大学を中心に30年近く米国で教鞭をとり、2004年に中国に帰国した。ノーベル賞を受賞した物理学者の楊振寧や生物物理学者の施一公など、他の多くの有名な中国の学者も同じ時期に海外から帰国している。

ヤオは国営新華社通信の取材に対し、中国の若い学生を教育する機会を得たことは、「難しい決断ではなかった」と語っている。

キャッチアップゲーム|中国はAIへの民間投資で米国に追いつく

新たな理解

元生徒たちは、ヤオのわかりやすく参加型の授業スタイルが、彼の学問の中心にある複雑で高度に抽象的な考えを解き明かすのに役立つと言っている。彼は、コンピュータサイエンスの旅について語るとき、「オズの魔法使い」や「不思議の国のアリス」を引き合いに出すことで知られている。生徒たちはその場で質問に答え、先生に挑戦することが奨励され、クラスのメンバーが特に難しい問題を解いた場合は、KFCやピザハットをごちそうになることもある。

そして、その難問は本当に難しいのだ。ヤオの「大富豪問題」は、「2人の人間がお互いにいくらお金を持っているかを言わない場合、どちらがお金持ちかをどうやって決めるか」という問題である。暗号学、つまり安全な通信技術の研究を通じてこのような問題に答えることは、電子商取引、データマイニング、そしてパスワードを必要とするインターネットの多くのコーナーに現実的に応用されているのである。

この分野では、ヤオはゲーム理論やコンピューティングに不可欠な決定規則である「ミニマックス法」の研究で最もよく知られている。

オックスフォード大学の量子コンピューティング准教授であるアレックス・キッシンジャーは、5月に行われたヤオの講演の冒頭で、「ヤオ教授の研究は、アルゴリズムの新しい理解方法を我々に与えてくれた」と述べている。「彼の基本的な問題の説明の仕方は、科学者だけでなく、私たちが達成できる限界や解決できる問題の種類など、より根本的な問題に関心を持つすべての人にとって、非常に適切なものだ」

清華大学のコンピュータサイエンスの授業に加え、ヤオは、AIと量子情報のより専門的な授業を立ち上げた。また、2020年に導入された中国の高校向けAI教科書の編集長も務めている。

「中国は70〜80年前のマイクロエレクトロニクス革命に乗り遅れたため、現在、国際的な半導体産業の先進レベルに追いつくのは難しい」と、ヤオは昨年、中国国際テレビ局のインタビューで語っている。「しかし、量子技術やAIなどの新興分野では、中国が重要なプレーヤーになることが期待されている」と述べた。

ヤオの元学生で、経営するスタートアップのTsimage Medical TechnologyがAI駆動の診断サービスを提供しているZou Haoは、清華大学の卒業生がテクノロジーの未来で重要な役割を果たすと信じている。「時間が経つにつれて、ヤオ・クラスから、違いを生み出し、大きな成果を得る才能がますます増えていくだろう」と彼は言った。

Pony.aiの自律走行車。Qilai Shen/Bloomberg

ヤオ・クラスの他の起業家には、AI創薬企業Galixirの創業者兼CEOのLi Chengtao、メタバースタートアップDeepMirrorの共同創業者兼チーフアーキテクトのQi Zichao、ブロックチェーンスタートアップConfluxの創業社長のLong Fanなどがいる。学術界では、デューク大学、プリンストン大学、スタンフォード大学、清華大学、中国人民大学の職員にヤオの卒業生がいることが確認されている。

香港大学のコンピュータサイエンス准教授で、Pony.aiのLouとヤオ・クラスの同胞であるHuang Zhiyi,は、「留学の申請や大学での就職にかかわらず、ヤオ・クラスの卒業生というラベルは私に利益をもたらしてくれた」と語っている。

「私の人生と仕事のほぼすべての側面が、そこでの経験から影響を受けている」

Jane Zhang. A 75-Year-Old Harvard Grad Is Propelling China's AI Ambitions.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ