ロンドンのナイトクラブが電力ガス料金高騰のため倒産する可能性が浮上

英国のナイトライフは、パンデミックの影響でお祭り好きな人々が家に閉じこもり、生き残るのに苦労していたが、生活費の危機がプロモーターや客を圧迫し、再び苦境に立たされている。

ロンドンのナイトクラブが電力ガス料金高騰のため倒産する可能性が浮上
ロンドンのナイトクラブ「エッグ」。Rob Pinney/Getty Images

(ブルームバーグ) — 英国のナイトライフは、パンデミックの影響でお祭り好きな人々が家に閉じこもり、生き残るのに苦労していたが、生活費の危機がプロモーターや客を圧迫し、再び苦境に立たされている。

ナイトクラブは、高騰する光熱費に見舞われ、インフレは消費者心理を過去最低に押し下げ、多くの人が不要不急の支出を控えるようになった。

ナイトタイム産業協会(NTIA)によれば、この傾向は、イギリスを観光客の目的地とし、パンデミック以前は年間460億ポンド(7.47兆円)の経済貢献をした施設をさらに閉鎖する恐れがあるとのことである。

キングスクロス近くのナイトクラブ「エッグ・ロンドン」のオーナー、ハンス・ヘス氏は、「厳しい時代だった」と語る。「1年前に再開したが、今度はインフレなど新たな問題に直面している」

彼の懸念は広がっている。英国の接客業を代表する5つの団体は今週、政府に対して電気料金に関する緊急対策を求める書簡を出した。天然ガスのコストが5月以降3倍以上になり、電力価格を押し上げているため、かつては予測可能だと思っていたコストが収益に食い込み始めていると感じる企業が増えているのだ。

電力急増|10月の英国電力卸売価格は過去2ヶ月で急騰した

この結果、多くのプロモーターは、急騰する請求書を前に凍りついたまま、対処の仕方がわからなくなっている。NTIAが6月に発表したレポートによると、ナイトライフ・ビジネスの54%がまだガスと電気の契約を更新しておらず、更新した企業は、流行前の水準から37%のコスト高騰を報告した。

ヨークシャーのレストランSantoniのオーナーであるマルコ・ディ・リエンツォは、冬のエネルギーコスト(ガス、電気等)は月2,000ポンド(32.4万円)以上に達すると予想している。これは、現在支払っている金額のほぼ2倍である。開店から5年目にして閉店を覚悟している彼は、エネルギーコストの高騰をその理由のひとつに挙げる。

状況は日に日に悪化している。エネルギーコンサルタント会社のコーンウォール・インサイトが発表した別のレポートによると、エネルギー契約の更新を遅らせた企業は、この10月に価格が5倍になる可能性があるという。

コーンウォール・インサイト社のリレーションシップ開発部長であるロバート・バックリーは、「このエネルギー危機がビジネスに何をもたらしているのか、もっと真剣に考えなければならない」と述べた。「伝統があり、地域に根ざし、将来性のある企業が消えてしまわないよう、対策が必要です」。

今のところ、家庭は卸売レベルでのエネルギーコストの高騰から守られているが、規制当局は秋に消費者請求書の再上昇を認める予定だ。そうなれば、インフレ率は過去40年間で最高の13%を超え、普段ならバーやクラブで過ごすような収入も、より厳しく制限されることになりかねない。

政府のエネルギー規制当局は来週、10月に料金の上限が再び引き上げられることを認めた場合、消費者請求額がどの程度増加するかを発表する予定である。

ロンドンのナイトクラブ「エッグ」で踊る人々。Rob Pinney/Getty Images

それらの請求書は、消費者の頭痛の種を増やしている。インフレ調整後の賃金は第2四半期に3%減少し、20年以上の記録の中で最も急激なペースであることが、今週発表された政府の公式データで明らかになった。

エッグにとって、これは集客がより困難になることを意味する。

「飲み物を提供したり、チケットの値段を下げたり、テーブルや無料入場券を配るコンペをやったりしています」とヘスは言う。「今のところ、毎週の目標を達成する必要があり、そのためにはそれしか方法がありません」

彼はまた、電化製品を交換し、ガスの使用を抑え、クラブのエネルギー使用量を減らす方法をさらに模索し始めた。

UK Hospitalityなどのロビー団体は、この業界を支援するための減税や、一般家庭に適用されるのと同様のエネルギー料金の上限を設定するよう求めている。

政府関係者と指導者候補は、新内閣が発足した9月に行動を起こすと約束している。

ナディム・ザハウィ財務相は金曜日に、「インフレの高まりが家庭や企業に課題をもたらしていることは承知している」と述べた。「政府の支援は、年金生活者、低所得者、障害者のような最も必要とする人々を対象に、今後数週間から数ヶ月の間に届き続けている」と述べた。

夜の生態系は、パンデミック前より少ない客で生き残らなければならないかもしれない。インフレで財布がパンパンになる中、多くの企業が売上の減少と運営コストの増加を報告している。

NTIAのマイケル・キル最高経営責任者(CEO)は声明で、「政府は、深刻化する危機を過小評価し続けることはできない」と述べている。「介入しなければ、公的資金に支えられてパンデミックを生き延びてきた企業は、さらなる不安に直面し、多くの場合、永久に閉鎖されることになるでしょう」

--Todd Gillespieの協力を得ています。

Seynabou Diouf. The Party’s Over: London Nightclubs May Shut Over Energy Prices

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)