クレディ・スイスの投資銀行家、大幅な人員削減を余儀なくされる
クレディ・スイスの前CEOトーマス・ゴットシュタインと前会長アントニオ・オルタ=オソリオ。Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

クレディ・スイスの投資銀行家、大幅な人員削減を余儀なくされる

クレディ・スイスはウォール街の巨人になる野望をあきらめ、今回の緊急リストラによる大幅な人員削減へと向かっている。投資銀行のうち価値のある部分については、売却やスピンオフが検討される可能性がある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ヴィンテージ・ポルシェで「北京 - パリ・ラリー」を走ったことのあるウルリッヒ・ケルナーは、「コースに留まる」ことを熟知している。しかし、クレディ・スイス・グループの新しいボスは、スイスの巨大投資銀行にはうんざりしているようだ。

チューリッヒでは、ついに戦闘開始されたのだ。2022年の最初の6ヶ月間で10億ドルの損失を出した誤作動のマシンの端に、過去の最高経営責任者(CEO)が何年も手を加えてきたため、銀行家たちは今、部門の大部分が焼き払われることを恐れているのである。クレディ・スイスが数十年にわたってウォール街の巨頭たちと争ってきた、バルジ・ブラケット(一流投資銀行群)の投資銀行のエリートの一角を占める地位は、もう終わりを告げる可能性がある。

匿名希望のクレディ・スイスのディールメーカー、トレーダー、金融担当者、ウェルスアドバイザーら約12人との会話から、投資銀行が清算の時を迎えていることがうかがえる。最も極端なケースでは、クレディ・スイスの3分の2が売却される可能性があると、幹部は言う。今後、ケルナーとアクセル・レーマン会長は、投資銀行を世界の富裕層のための資産管理機関とし、スイスの銀行として国の企業トップに貢献することを望んでいる。

可能性としては、投資銀行がある段階で独立した部門として存在しなくなり、資産運用やウェルスマネジメントに必要な残りの部分とスイス銀行がそれらの部門に折り込まれることだと、他の関係者は言う。ファースト・ボストンの買収によってクレディ・スイスがウォール街の実権を握ってから30年以上が経過しているが、これは歴史的な後退を意味することになる。

Bloomberg Intelligenceのデータによれば、2010年代初頭、クレディ・スイスは一時期、ゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースを相手に、世界トップ5の投資銀行として名を連ねていた。しかし、昨年大爆死したアルケゴスとグリーンシル・キャピタルを支援したことで、この地位への野望は絶たれた。

ファースト・ボストンとの取引をルーツとするM&Aアドバイザリーチームだけは比較的安泰のようで、株式資本市場部門だけでなく、債券取引部門、レバレッジド・ファイナンス部門、デット・キャピタル・マーケッツ部門(DCM)にも疑問符がついている。昨年、ヘッジファンドへの融資を行うプライムブローキングから撤退した後、株式トレーディングの収益はほぼ消滅している。住宅ローンや消費者ローンをまとめて取引する証券化商品部門は、センタービューのバンカーの支援を受けながら、パートナーを探している。

最近行われたクレディ・スイスのグローバル投資銀行のタウンホールミーティングでは、バンキング部門の責任者であるデビッド・ミラーが主催し、経営陣は資本が軽く、アドバイザリー中心のチームを望んでいると述べたと、出席者は述べている。

クレディ・スイスの議決権の3~5%を占めるエトス財団のヴィンセント・カウフマンは、「大手と競争できる大規模な投資銀行を持つか、規模が小さすぎるため撤退するのが最善か、というポイントがある」と指摘する。この意見は筆頭株主も同じだ。「ある時点で、彼らはそれを修正するか、他の選択肢を探す必要がある」と、ハリス・アソシエイツのデビッド・ヘロは金曜日のBloomberg TVに語った。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン