原子力は未来だ ビル・ゲイツはそれを知っている - アンジャニー・トリヴェディ
2022年6月14日火曜日、フランスのフラマンヴィル、フランス電力公社(EDF)が運営する欧州加圧水型炉(EPR)原子力発電所のフラマンヴィル3号機。Benjamin Girette/Bloomberg.

原子力は未来だ ビル・ゲイツはそれを知っている - アンジャニー・トリヴェディ

原子力への回帰は理にかなっている。原子力発電所の寿命を延ばし、原子炉を建設するコストは、そのエネルギー形態に固執してきた国々では安価で競争力がある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- エネルギー安全保障への懸念が高まる中、多くの国々で再生可能資源の大規模かつ信頼性の高い利用が依然として遠い現実であることは明らかだ。そのため、より議論を呼びそうな、そしてほぼ完璧な代替案である原子力発電が復活を遂げようとしている。問題は、誰も自宅の裏庭に原子炉を設置したがらず、過去の事故の記憶も深刻な懸念材料として残っていることだ。

しかし、コストが上昇し、解決策がほとんどないため、政府も企業も、野心的な気候変動目標の達成に役立つ、よりクリーンで安価な電源として原子力に目を向けている。

たとえ数年先であっても、原子力エネルギー源と貯蔵方法の開発、およびそれに対する投資は、世界がこのエネルギー危機を切り抜ける際に、原材料の予熱プロセスや高温に大きく依存する産業オペレーションを確実に機能させることができるようにすることができる。昨年来のサプライチェーンの混乱で、電力不足は消費者や企業にとって最も避けたい事態だ。

日本では、エネルギーの平準化コスト(LEC)の中央値は、実用規模の太陽光発電や洋上風力発電よりもはるかに低くなっている。最近の調査では、80%以上の日本企業が電力需要を満たすために原子炉の再稼働に賛成している。関西電力は、エネルギー需要を管理するため、休止中の原子炉の1基を予定より早く再稼働させている。ブルームバーグ・インテリジェンスによれば、美浜原発3号機を稼働させれば液化天然ガスの必要量が減り、さらに原子炉を稼働させれば、2023年までに同社の原子力発電量は76%増加する可能性があるという。

インドと中国では、石炭のような汚れの多い選択肢は現在より高価であるため、原子力は競争力があることが証明されている。韓国は原子力の復活に力を入れており、同国のエネルギーミックスの約27%を占めている。

今年初め、バイデン政権は、「国内最大のクリーンな電力源」である原子炉の運転を支援する60億ドルの原子力クレジットプログラムの実施に向けた意向表明を発表した。先週、米エネルギー省は74の原子力プロジェクトに対し、6,000万ドル以上を授与した。英国政府や他の投資家の支援を受けた英国のジェットエンジンメーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズは昨年末、より小型で安価な原子炉の建設を開始すると発表した。同社の小型モジュール式原子炉のいくつかは2029年までに稼働する見込みで、規制プロセスはすでに進行中である。

原子力への回帰は理にかなっている。原子力発電所の寿命を延ばし、原子炉を建設するコストは、そのエネルギー形態に固執してきた国々では安価で競争力がある。そうでない国は、原子炉の老朽化と他のエネルギー源の不足に頭を悩ませている。

しかし、最大の障害となっているのは、安全性と廃棄物処理に対する根強い不安である。1979年のスリーマイル島、1986年のチェルノブイリ、2011年の福島第一原発のような原発事故の記憶は、国民と企業の両方に大きく残り続けている。しかし、忘れられがちなのは、電力量当たりの死亡者数では、原子力が最下位で、石炭が最上位であることだ。

原子力発電をめぐる問題の解決は進んでいるが、その評価は低い。例えば、原子炉の安全性は、一般的に炉心溶融の評価に基づいている。こうした懸念に対処するため、14カ国がよりリスクの低い設計と新世代の原子炉の開発を打ち出している。これらのシステムでは、溶融塩や液体金属のような異なる冷却材を使用し、最終的には原子力発電をよりクリーンで安全かつ効率的にする方法を採用する予定だ。このような材料を使用する原子炉は、圧力下で爆発する危険なガスの発生を低減または削減しようとするものだ。

多くの新興企業が、原子力発電をより受け入れやすくするために活動している。NuScale Power LLCは、最終的に1基あたり6万世帯の電力を供給できる小型モジュール式原子炉を製造している。ワシントンから4億5,000万ドル以上の支援を受けている同社は、アメリカ政府およびルーマニア政府と協力して、東欧の国にプラントを建設することを目指している。一方、スウェーデンのシーボーグ・テクノロジーズはサムスン重工業と組んで、物流におけるエネルギー利用を変える可能性のある、浮遊式の小型溶融塩炉を建設している。ビル・ゲイツ氏が支援するテラパワーも小型原子炉に注力しており、韓国の産業コングロマリットSKグループと提携して、これらのプラントを建設している。

原子力は今後数年間で、解決策、あるいは少なくとも主要なエネルギーギャップを埋める存在になる可能性がある。商業用原子炉で使用されている既存の核分裂に加え、新興企業は現在、核融合技術を推進し、タイガー・グローバルやビル・ゲイツから数十億ドルの資金を調達している。恐怖心から動力源を拒否しても、あまり大きな成果は得られない。企業や国は、原子力エネルギーについてオープンに議論し、認識を高めることに遠慮する必要はないのだ。国民が受け入れることが重要なのだ。それがなければ、私たちは汚れた空気を吸い、停電の中で生活することになるだろう。

Anjani Trivedi. Nuclear Is The Future. Tiger and Bill Gates Know It: Anjani Trivedi.

© 2022 Bloomberg L.P.