熱波が世界中の人と国を"限界"に追い込む
Photo by Ainsley Myles

熱波が世界中の人と国を"限界"に追い込む

研究者は、北半球の北側と南側の気温差が小さくなると、これらの気流の速度が遅くなる可能性があると主張している。つまり、熱波や豪雨のような極端な現象がより長く続く可能性が高いということだ。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Raymond Zhong]何百万人ものアメリカ人が再び危険な暑さに襲われている。先週末は熱風がヨーロッパを覆い、フランスとスペインの一部が通常7月か8月に感じるような暑さになった。中国南部では大雨による洪水が発生し、北部と中部は高温に見舞われた。インドでは3月から異常な暑さに見舞われたが、モンスーン雨の開始でいくらか緩和されている。

これら4つの経済大国で、夏が始まって数日後にほぼ同時に深刻な熱波が発生したことについて、気候変動が直接の原因であるかどうかを判断するのは時期尚早である。この4カ国は、熱を緩和するガスを最も多く排出する国でもある。

地球温暖化によって世界中で猛暑がより一般的になっているが、人為的な温暖化によって特定の気象現象がより起こりやすくなったのか、あるいはより激しくなったのかを科学者が知るには、より深い分析が必要である(今春のインドの猛暑を研究した研究者チームは、気候変動によって猛暑が発生する可能性が30倍高くなったことを明らかにした)。

それでも、最近、ある特定の遠方の地域を同時に襲う熱波が頻発しているようだ。これは、世界中の気象システムに影響を与えるジェット気流やその他の大気の流れに関連した理由である。

調査によると、北米、ヨーロッパ、アジアの一部がこのように関連していることがわかった。科学者たちは、地球がさらに温暖化するにつれてこれらのパターンがどのように変化するかをまだ見極めようとしているが、今のところは、世界の経済活動の多くが集中しているこれらの場所で、極端な暑さが同時に発生し続ける可能性があるということだ。

ノースウェスタン大学の気候科学者ダニエル・E・ホートンは、「熱波を発生させるには、熱と、熱を蓄積させる大気の循環パターンが必要だ」と言う。地球温暖化によって、「間違いなく、より多くの熱が発生している」とホートン教授は言う。しかし、気候変動は、この熱が地球を一周する気流によって世界中に分散される方法にも影響を与えているかもしれない、と彼は言う。

多くの場所で同時に起こる異常気象は、単なる気象学的な好奇心を引き寄せるだけではない。個々の熱波は、病気や死亡、山火事、農作物の不作につながる可能性がある。同時多発は、ロシアのウクライナ侵攻で危機に瀕している世界の食料供給を脅かす可能性がある。

テキサスA&M大学の気候科学者であるアンドリュー・ディスラーは、ここ数十年の温暖化によって、科学者はすでに何を熱波と呼び、何を単に暑い天候の新常態として扱うべきかを知ることが難しくなっている、と語った。

例えば、何日も連続して華氏100度を超えることが熱波の基準だとすると、一度に複数の地域でより規則的に発生することは「全く予想外ではない」とディスラーは言う。「時間が経つにつれて、地球上のより多くの場所がそのような気温になり、最終的には、十分な地球温暖化によって、北半球中緯度のすべての陸地が華氏100度以上になるでしょう」と、彼は言った。

しかし、科学者が移動平均に対して気温があるレベルを超える頻度を調べた場合でも、同時多発的な熱波の頻度が大きく増加していることが判明している。

最近のある研究では、北半球で5月から9月の間に少なくとも1回の大きな熱波が発生した日数の平均は、1980年代から2010年代の間に73日から約152日へと倍増していることが判明した。しかし、2回以上の熱波があった日数は7倍になり、20日からおよそ143日に増加した。これは、5月から9月にかけて、ほぼ毎日ということになる。

また、このような同時多発的な熱波は、2010年代にはより広い範囲に影響を与え、より激しくなり、ピーク時の気温は1980年代のほぼ5分の1になっていることもわかった。北半球のどこかで少なくとも1つの大きな熱波が発生した日には、1日平均で3.6つの熱波が発生していたことが判明した。

ワシントン州立大学の気候科学者であり、この研究の著者でもあるディープティ・シンは、これらの「劇的な」増加は驚きであったと語った。

シンとその共同執筆者たちは、この40年間にどこで熱波が最も頻繁に発生したのかも調べた。その結果、一つのパターンが明らかになった。1979年から2019年にかけて、北米東部、欧州、中央・東アジアの一部で、大規模な熱波が同時に発生する頻度が高まっいた。「単に温暖化の効果で予想されるよりも多い」とシンは述べた。

この研究では、地球温暖化が進むにつれて、このパターンに沿った熱波がより頻繁に起こるようになるかどうかを予測しようとはしていないという。

科学者たちは、何十億もの人々のために長い間気象パターンを形成してきたジェット気流の蛇行が、この温暖化時代にどのように変化しているかを突き止めようと努力している。その要因のひとつは、北極の急速な温暖化であり、これにより北半球の北側と南側の気温差が狭まっている。このことが異常気象にどのような影響を与えているかは、まだ議論のあるところである。

しかし、この気温差は、地球上の気象系を動かす風を駆動する重要な力である。コロンビア大学ラモント・ドハティ地球観測所の気候科学者であるカイ・コーンフーバーは、気温差が小さくなると、これらの気流の速度が遅くなる可能性があるという。つまり、熱波や豪雨のような極端な現象がより長く続く可能性が高いということだ。

Original Article: Heat Waves Around the World Push People and Nations ‘To the Edge’

© 2022 The New York Times Company.