マスクとTwitterの取引がレバレッジド・ファイナンスに与えた教訓―Paul J. Davies
イーロン・マスク。出典:ブルームバーグ

マスクとTwitterの取引がレバレッジド・ファイナンスに与えた教訓―Paul J. Davies

イーロン・マスクが10月末に440億ドルのツイッター買収を完了した。この買収により、ウォール街には不要な高リスクの融資というさらに大きな負担が残り、銀行はそのほとんどを2023年まで持ち越すことになった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- イーロン・マスクが戦いを止め、10月末に440億ドルのツイッター買収を完了したとき、それは彼の投資銀行家が見たかった最後の出来事の一つであった。この買収により、ウォール街には不要な高リスクの融資というさらに大きな負担が残り、銀行はそのほとんどを2023年まで持ち越すことになった。取引再開の妨げとなるもう一つの大きな障害である。

ハイテク企業の大物のソーシャルメディアにおける冒険を支える135億ドル相当の債務は、2022年に投資家心理が崩壊した後、銀行がすでにバランスシート上に抱えていた400億ドル以上の同様のローンや債券に追加された。夏になると、レバレッジの高い企業買収の資金を引き受ける米国と欧州の大手銀行は、売却できなかった債権について20億ドル以上の損失を計上し、手持ちの債権の価値を下げ始めた。Twitterの負債による大きな打撃など、さらなる損失が発生する可能性がある。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン