欧州全域の熱波が気候変動目標を弱体化させる危険性
6月17日、ポー川の河床に浮かぶ浮き輪。70年ぶりの大干ばつで食糧・エネルギー危機が深刻化するイタリア。Francesca Volpi/Bloomberg

欧州全域の熱波が気候変動目標を弱体化させる危険性

天然ガスが足りないヨーロッパが石炭火力発電所を復活させ、気候変動対策を複雑化させる中、この夏の猛暑はまさに危機的状況を示している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- フランス南部は6月に猛暑に見舞われ、セリーヌ・イマールは灼熱のトラクターが彼女の畑に火をつけるのを避けるため、夜中に菜種を収穫することを余儀なくされた。他の地域の農家からも、乾燥した作物が収穫機の熱にさらされ、パチパチと音を立てて自然に火がついたという報告があった。

記録的な高温は、フランスの広い範囲に史上最も早い熱波をもたらし、スペインとイタリアの一部にも及んでいた。トゥールーズ近郊で6代目の農家を営むイマールさん(39歳)は、年明け早々の乾燥した天候のため、パスタに使われるデュラム小麦の収穫が例年より2週間早く終わり、収穫量は例年より30%少なかったという。

イマルトは、「ある日突然、雨が多すぎたり、乾燥しすぎたりした」と述べ、この現象が作物の生育を早めたと付け加えた。「私たちの農場でも、収穫の時期が毎年どんどん早くなり、常に前進しているのがわかる」

今、ヨーロッパは新たな熱波に備え、フランスの一部では今週から来週にかけて気温が40℃に迫る勢いである。ロンドンでは、来週には35℃に達するかもしれないし、イングランド南部の他の場所ではさらに高くなるかもしれない。スペイン南部のセビリアでは今週、最高気温が約45℃に達すると予想されている。

猛烈な暑さと深刻な干ばつは、地球温暖化によってさらに悪化し、この夏ヨーロッパの大部分を覆い尽くす気象現象となって現れている。スペインとポルトガルは過去1,000年以上の乾燥状態にあり、イタリア最長のポー川は過去70年間で最も水位が低く、西ヨーロッパの最も重要な水路であるライン川の一部では、少なくとも15年間はこの時期にこれほど水位が低くなったことがない。農作物は枯れ、発電所は停止を余儀なくされ、インフレに悩む地域は食料とエネルギー価格のさらなる上昇を脅かされている。

6月17日、イタリア、ノバラ県ロメロの干上がった水田に植えられた稲。Francesca Volpi/Bloomberg

ロシアのガス供給減少に直面する欧州各国政府は、石炭をさらに燃やし、新しい液化天然ガス基地を計画し、ガスパイプライン網を拡張することによってエネルギー備蓄を強化し、事実上脱炭素化に後ろ向きになっているが、異常気象は、気候変動対策を遅らせることの危険性を痛感させるものである。現状にしがみつく努力は、決して選択肢にはならないことを示しているのだ。

カーネギーヨーロッパの客員研究員で気候の地政学を専門とするオリビア・ラザードは、「私たちは気候変動との戦いにおいて、いつも通りビジネスを続ける方法を見つけ、世界経済が変わる必要はないという論理に従ってきた」と述べた。「2022年は、この神話が否定される年だ。なぜなら、私たちは非常に多くの複合的な衝撃に直面することになるからだ」

ヨーロッパは、気候変動に具体的に取り組み始めいた。最も野心的なグリーンアジェンダを掲げる大陸は、昨年7月、地球を温暖化する排出量を2030年までに1990年比で55%削減するという目標を達成するための計画を発表した。「グリーン・ディール」の下、EUは10年間で少なくとも1兆ユーロ(約139兆円)を持続可能な投資に充て、今後半世紀の予算の3分の1をグリーンプロジェクトに割り当て、7000億ユーロを超える世界的な景気回復策のうち、少なくとも37%を気候目標を支援する支出に振り向けるよう加盟国に求めている。

しかし、こうした野望は、ロシアからパイプで供給されるガスに依存しており、自然エネルギー、電気自動車、重工業からの排出を削減するグリーンテクノロジーへの投資を待つ間、経済は活況を呈し続けることになる。ロシアのウクライナ戦争はこの計画を狂わせ、ヨーロッパをより汚れた燃料へと急がせている。ドイツは石炭と石油を燃料とする発電所の閉鎖を延期し、オランダは石炭による発電の上限を撤廃し、オーストリアは閉鎖された石炭発電所を復活させ、フランスは冬の間の予備として石炭発電所を準備中である。また、LNGを輸入するための基地や、既存のネットワークに接続するためのパイプラインなど、数十年にわたるインフラへの投資を行っている国もある。

つまり、ヨーロッパが目標を達成するためには、この10年の間にさらに厳しい排出規制を導入しなければならない可能性が高いのだ。

6月、パリのレピュブリック広場近くに市当局が設置した臨時の給水所で涼むパリジャンたち。Photographer: Kiran Ridley/Getty Images

一方、災害モードに追い込まれた各国政府が注目しているのは、この地域の広い範囲を巻き込んでいる異常気象である。

EUの執行機関であるEU委員会のマロス・セフコビッチ副委員長は、「緊急支援や対応だけでは十分ではない」と言う。「気候への適応、災害リスクの軽減、災害への備えが最も重要だ」と述べている。

イタリアは今月、国内最悪の干ばつの影響を受けている北部の5つの地域に非常事態を宣言した。これらの地域の農作物の灌漑の主な水源であるポー川の水位は、通常より80%低くなっている。数カ月間雨が降らず、西アルプスの雪解け水が例年より早く止まったため、川底の大部分が見えるようになり、第二次世界大戦中のドイツ軍の戦車が最近再上陸したほどだ。

イタリアの農民組合コルディレッティによると、今年の前半は記録的な暑さで、雨量も例年より45%少なかったという。この干ばつは、米、トウモロコシ、飼料などの主要作物の季節的収穫の少なくとも3分の1を失うことを意味し、30億ユーロもの損害が推定されるという。

乾燥したヨーロッパ|干ばつが進む大陸で湿度が低下

北部のヴェローナを含む多くのイタリアの町は、日中、家庭用以外の用途、例えば庭に水を使わないよう市民に命じている。イタリア北東部のドロミテ山群では、今月記録的な高温のため、マルモラーダ山頂から氷河の棚が崩落し、11人が死亡した。

ドラギ首相は「これは予測できないドラマだが、気候変動と関係していることは確かだ」と近くのカナツェイ市から発言している。

7月5日、イタリア・ボルツァーノ近郊のマルモラーダ氷河の崩落部分の上空を飛ぶヘリ。Jan Hetfleisch/Getty Images

スペインとポルトガルからなるヨーロッパ南西部のイベリア半島は、過去1,200年間で最も乾燥した状態にあることが、『Nature Geoscience』の研究により明らかにされた。この干ばつは、アゾレス高気圧と呼ばれる大西洋上の持続的な高気圧が拡大し、湿潤な気象前線を遮断していることが原因である。炭素排出量の増加により、このような高気圧がより大きく、より頻繁に発生するようになり、半島から雨を遠ざけているのである。この研究の著者らは、大気中の温室効果ガスレベルが上昇するにつれて、このシステムは今後も拡大し続けるだろうと予想している。

干ばつの兆候はスペインのいたるところで見られるが、特にアンダルシア地方南部を流れるグアダルキビール川流域では顕著である。グアダルキビール川は、水量の28%しか流れていない。全長660キロの川沿いの貯水池の水位は、古い人間の居住地が出現するほど低くなっている。アンダルシア最大の貯水池であるイズナハルでは、考古学者が新石器時代の道具やローマ時代の穀物粉砕機などの古代建造物を発見している。

一般住民には給水制限が命じられていないが、一部の町ではとにかく給水制限が始まっている。セビージャ近郊のアグアドゥルセでは、当局が夜間に水の供給を停止している。さらに北部では、公共のプールに水を入れない町や、水道の蛇口に泥水が溜まっている町もある。マドリードやバルセロナなどの都市では、暑い日に人々が涼むことができる「気候避難所」のネットワークが作られている。

イタリアのサレント大学で大気物理学と海洋学を教えるピエロ・リオネッロ教授は、「私たちが見ているのは、進行中の気候変動の影響です」と述べた。「今後数十年の間に緩和努力が成功しない限り、現在観測されていることは、将来起こることのごく一部に過ぎないのだ」

すでに、食料とエネルギーの安全保障は損なわれている。欧州委員会は2022年の軟弱小麦の収穫量予測を1億2,500万トンに引き下げ、事前の予測から500万トン減少させた。小麦、トウモロコシ、ヒマワリ油の世界最大の輸出国の一つであるウクライナからの黒海輸出をロシアが封鎖していることに加え、ヨーロッパの減産は、食料価格を過去最高レベルに引き上げ、世界の飢餓を深刻化させる恐れをもたらした不足を軽減することにはほとんどならない。

世界有数のヒマワリ油の輸出国であるウクライナのヒマワリ。ロシアの黒海封鎖により、食料価格は過去最高を記録している。Evgeniy Maloletka/Bloomberg

乾燥した環境は、発電にも支障をきたしている。イタリアでは、水力発電所の貯水量が半減し、より汚染度の高い天然ガスへの依存度が高まっている。このエネルギー源でさえも、干ばつから守られてはいない。北イタリアの3つのガスプラントは、タービンを回すための蒸気を作るのに必要なポー川からの水の供給が少ないため、すでに運転を停止している。

フランスでは、送電事業者RTEのデータによると、上半期の水力発電の出力が前年同期比で22%減少した。電力大手のフランス電力は、雨不足で原子炉の冷却に利用できる川の水の量が減るため、夏の間、一部の原子力発電所の出力を減らさなければならないかもしれないと述べた。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのグランサム気候変動研究所の政策担当ボブ・ウォードは、「干ばつは、何カ月にもわたって蓄積されるため、適応するのが最も難しい気候現象だ」と述べている。「より根本的な解決策を考えなければならないだろう」と述べた。

EU穀物|高温で乾燥した春は、2022年の収穫を昨シーズンよりも抑制している。

科学者たちは、温室効果ガスの排出を削減することが、地球温暖化のペースを遅らせる唯一の方法であると述べている。国連の気候変動に関する政府間パネルが今年発表した主要な報告書によると、事態が壊滅的になる前に行動を起こす機会の窓は閉ざされつつある。

この報告書の主執筆者であるデルフィン・デリングは、「私たちは、農業にアグロエコロジカル・アプローチを採用し、景観に木の利用を増やし、干ばつに対する回復力に多くの利点をもたらし、自然とともによりよく働く必要がある」と述べている。「それには時間がかかり、短期的には経済的にかなり困難だ」。

イタリアのトリノ近郊のキエリにある農場で小麦の脱穀を監督するイタリアの農家。干ばつにより、主要作物の季節的な収穫の少なくとも3分の1が失われることになる。Stefano Guidi/Getty Images

干ばつは気候変動の最も複雑な課題の一つだが、すべてが失われるわけではあらない、とサレント大学のリオネッロ氏は言いる。政府は節水対策を講じ、貯水池や海水淡水化プラントを建設し、水の使用効率を高め、水を再利用することができる。

「悪いニュースは、水不足が将来問題になることだが、良いニュースは、この分野は適応が成功する分野の一つであることだ」と彼は言った。「我々は今、100年前や30年前よりもずっと多くのことを知っているし、新しい技術力もたくさん持っている。だから、これをうまくやれば、生活水準さえ向上する可能性があるのだ」

--取材協力:Alan Katz, Francois De Beaupuy, Will Mathis, Alonso Soto, Chiara Albanese, Josefine Fokuhl, Joao Lima and Marco Bertacche.

Laura Millan Lombrana, Megan Durisin, John Ainger. Heat Waves Across Europe Show Dangers of Weakening Climate Goals.

© 2022 Bloomberg L.P.