安倍氏が実現できなかった大きな夢は岸田首相にかかっている - ガロウド・リーディ
参院選で勝利した岸田文雄・自民党総裁。

安倍氏が実現できなかった大きな夢は岸田首相にかかっている - ガロウド・リーディ

安倍首相が実現できなかった大きな夢を実現するのは岸田首相次第だ。参院選の勝利は、岸田氏の決断力を高めるはずだ。まずは自衛隊から始めるべきだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 安倍晋三元首相の衝撃的な暗殺の影で、彼が人生を捧げた政党が日曜日の参議院選挙で大勝利を収めた。

安倍氏のライバルであり、長年外務大臣を務め、現在は後継者となった岸田文雄氏は、安倍氏が果たせなかったこと、つまり自民党の長年の目標である憲法改正を実現するためにその権力を行使しなければならない。

占領下のアメリカ軍によって作られ、日本が攻撃的な軍事力を持つことを禁じた75歳の憲法は、安倍氏を含む何世代もの日本の政治家の最善の努力にもかかわらず、一度も変更されたことがない。金曜日の選挙戦で殺される前、安倍氏はこの運動の最も顕著な声であり、彼の長年の目標に最後まで働きかけた。

「もし日本が海外から侵略されたら、自衛隊が命がけで戦うことになるでしょう。しかし、憲法にはどこにも書かれていない」と、安倍氏は殺害される数日前に語っていた。「私はその状況を変えることに全力を尽くす」

ロシアのウクライナ侵攻で武力行使の現実を突きつけられた今も、多くの人が変革の必要性を否定する。自衛隊は、憲法を直訳すれば存在しないことになる。2015年に行われた内閣の憲法解釈変更により、安全保障条項はほぼ維持されている。

岸田氏は間違いなく、他の課題も抱えている。火曜日に行われた安倍氏の葬儀の後、岸田氏には拡大するコロナの波を抑えるための対策を検討するよう圧力がかかりそうだ。また、インフレ率の上昇、円安、韓国との関係修復、そして安倍氏の死によって日本が自問自答することになる安全保障に関する無数の疑問にも対処しなければならない。

しかし、改憲の必要性を軽視してはならない。最も懸念されるのはウクライナのような事態であり、危機的な状況での混乱を最小限に抑えなければならない。日米安保条約の保護下にあるはずの尖閣諸島(中国も領有権を主張し、定期的にパトロールしている)が、ジョー・バイデン氏より親日的でない政権がホワイトハウスに座しているときに、中国に侵略されることを想像してみるといい。日本は自力で対応できるようにしなければならない。

実際、日本が憲法にもかかわらず持っていると信じている安全保障の幻想と、日本社会の安全に対する自信の間には類似点があり、それが安倍氏の死を招いたと思われる。

長年、日本は暴力のない社会であり、著名な政治家が最小限の警備で遊説できるような場所であると感じてきたように、国際紛争を武力で解決することがない世界であると信じてきたように思われるのだ。この最初の幻想は、金曜日の安倍氏の死によって打ち砕かれた。第二の幻想は、ロシアのウクライナ侵攻で確実に終わりを告げた。しかし、日本はますます敵対的な世界において、平和憲法に固執している。

どちらの考え方も、数十年にわたる幸運の結果を適切な政策と混同している。自衛隊の立場は、安倍氏を守ってきたはずの「特別警護」のように、いつの日か薄っぺらなものに思えるかもしれない。

岸田氏は安倍氏と異なり、改憲を強力に推進したことはない。実際、岸田氏が憲法改正にどのような立場で臨んでいるのかさえも不明である。首相就任後、岸田氏のレトリックは改憲に向かったが、これは安倍氏が亡くなるまで与党内の最大派閥を率いていたことに対する政治的援護に過ぎないという見方も多い。

岸田氏は、このような問題意識の欠如があるからこそ、安倍氏にできなかったことができる人物なのである。安倍氏の国粋主義的、修正主義的傾向には国民の多くが懐疑的であったが、岸田氏にはそのような傾向はほとんどない。

基本的に、憲法は生きた文書でなければならない。内閣の解釈によって憲法は適切なものになったかもしれないが、死んだ文書が党派的な政治によって再解釈にさらされたとき、社会がどのように分裂するかは、最近、海外を見るまでもなくわかるだろう。米国を見れば、中絶から銃規制まで、あらゆる法案を前進させることができない。

自民党は何十年も憲法改正を主張してきたが、おそらく賢明なことに、憲法改正はまだ試されるべきではないと考える傾向がある。しかし、ある時点で、自民党は憲法改正を漠然とした願望から実際の目標に変えなければならない。予算均衡化のように、口先だけで実行に移さないのでは政治離れが進む。

日曜日の選挙で岸田氏が勝っても、信任されたとは言えないという人の意見も一理あるかもしれない。参院選の投票率は通常、非常に低い。日曜日の投票率が史上最低でなかったのは、安倍氏が殺害されたせいかもしれない。

しかし、岸田氏は、前任の菅義偉氏が昨年9月に辞任して以来、党、衆議院、参議院の3つの選挙で連続して勝利を収め、今、指導する時間があるのだ。安倍氏の死が衝撃的だった理由のひとつは、リーダーとして難しい決断を下したからだ。消費税増税からTPP、安全保障関連法案の改正に至るまで、不人気だが必要な動きで国民の不満の矢面に立たされた。

その成果は、日本をより良い方向へ導くために、何十年も語り継がれることだろう。岸田氏は、政権を担っている間はオーディションのようなものであったが、これからは自ら厳しい決断を下さなければならない。その手始めとして、安倍氏が大切にしてきた目標に目を向ける必要はないだろう。

Gearoid Reidy. It’s Up to Kishida to Achieve Abe’s Great Unrealized Dream: Gearoid Reidy.

© 2022 Bloomberg L.P.