アフリカの天然ガスに殺到する欧州に「偽善」との声が上がる
2022年4月19日(火)、南アフリカのケープタウン港に停泊中のカーモルLNGTパワーシップ・アジア浮体式貯蔵・再ガス化装置(FSRU)船内のタンク配管を船橋から見たところ。Dwayne Senior/Bloomberg

アフリカの天然ガスに殺到する欧州に「偽善」との声が上がる

欧州連合(EU)諸国はアフリカのガスをできるだけ多く輸入したいが、世界で最も貧しい大陸が自国でもっと燃料を燃やせるようにするためのプロジェクトには資金を提供したくないと考えている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ナイジェリアのボニー島の先端近く、大西洋とニジェール・デルタが交わる矢じり状の土地で、昨年、巨大プラントが英国の冬の半分を暖められるだけの液化天然ガスを生産した。そのほとんどは国外に運ばれ、スペイン、フランス、ポルトガルが最大の買い手となった。

ちょうど17マイル離れたボドの町では、住民はいまだに闇市場で売られている灯油やディーゼルを薪ストーブの火や発電機の燃料として使っている。この燃料は、ナイジェリア政府と共同でボニー島の施設を所有する外国の巨大エネルギー企業、シェル、エニ(ENI)、トタルエナジーズから盗んだ原油で製造されている。

ボドの地域開発委員会会長のピウス・ディムクパさんは「ここのガスはボニー島やヨーロッパに送られ、家庭や産業に供給されるが、我々には何の利益もない」と言う。「私たちのところには何も来ない」。

ナイジェリアは世界の3%のガス埋蔵量を誇りながら、そのほとんどを利用していない。他のアフリカ諸国と同様、採掘されたガスのほとんどはヨーロッパに送られ、ヨーロッパはモスクワのウクライナ侵攻で失われた供給量を補うためにさらに輸入したいと考えている。イタリアは4月にアンゴラとコンゴ共和国からガスを購入する新たな契約を結び、ドイツはセネガルからの供給確保を検討している。昨年11月にグラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)では、欧州の指導者の一部が、世界的な気候変動対策のためにガスやその他の化石燃料の使用を控えるよう主張しているにもかかわらず、である。

小さな汚染者|サハラ以南のアフリカの一人当たりの炭素排出量はまだ比較的少ない

アフリカの指導者たちは、ガス取引によってもたらされるであろう数百万ドルの収入を熱望している一方で、自分たちの資源に対する突然の関心を、西洋によるこの地域の搾取を永続させるダブルスタンダードであると訴えている。アフリカのガスがヨーロッパで使われているにもかかわらず、なぜアフリカは汚れた燃料から脱却しなければならないのか、それによって何億人もの人々が電気を使えるようになるのが遅れるのか、というのである。豊かな国々は、アフリカでのガスの使用を促進するパイプラインや発電所への資金提供に消極的で、代替エネルギー源となりうるグリーンプロジェクトへの資金提供の約束も果たさないままだ。

ヨーロッパの厄介な立場は、先月の七カ国首脳会議(G7サミット)でも発揮された。世界の先進国は、海外の化石燃料プロジェクトに対する融資を停止するという気候変動に関する公約を撤回したが、自国へのLNG出荷を増やすようなプロジェクトには例外を適用する可能性があることを示唆した。また、欧州連合(EU)の議員たちは最近、EU域内のガスと原子力のプロジェクトを「グリーン投資」に分類し、数十億ユーロの新たな資金を開放する可能性があることを決議した。

このアプローチは、何百万人もの人々を貧困から救うために、どんな燃料でも必要とするアフリカの指導者たちを苛立たせている。ナイジェリアのムハマド・ブハリ大統領は、「我々は長期的なパートナーシップを必要としており、英国やEUのグリーンエネルギー政策に矛盾や支障をきたすことはない」とコメントし、次のように述べた。「エネルギー安全保障にも、ナイジェリア経済にも、環境にも役立たない。これは偽善であり、終わらせるべきものだ」

確かに、サハラ以南のアフリカ諸国の政府には、ガス埋蔵量が十分に活用されていないことの責任がある。特にナイジェリアでは、パイプラインの盗難や破壊行為により、2021年以降ボニー島発電所の稼働率が20%以上低下している。アフリカの指導者の多くは、資金繰りに苦しむ政府を助けるためにガス輸出の増加を支持しているが、国内の天然ガス市場を創出するために燃料の潜在能力を活用できるような資金調達へのアクセスも求めている。

赤道ギニアのガブリエル・オビアン・リマ・エネルギー相は5月の記者会見で、「『あなたのガスが必要だ、買ってやるからヨーロッパへ持っていけ』と言うだけではダメだ」。赤道ギニアのガブリエル・ンベガ・オビアン・リマ鉱業・石油大臣は5月の記者会見で述べた。「彼らは我々に何かを返す必要がある」

ガスは他の化石燃料よりもきれいに燃えるが、それでも炭素汚染を引き起こし、超温暖化ガスであるメタンが漏れやすいため、気候の観点から長い間論争の的になってきた。しかし、その一方で、二酸化炭素の排出や、温室効果ガスであるメタンガスの排出が問題となっている。ドイツ、オーストリア、オランダなどの国々は石炭を代替燃料とし、LNGを買い集めることを最優先している。

欧州の政治家は、化石燃料は現在の危機を乗り切るために必要な応急処置であり、不足と停電を回避することで対ロシア制裁への支持を弱めることができる、と主張している。理論的には、再生可能エネルギーを従来の目標よりもはるかに早く増やすという同時計画は、気候規模のバランスを取り、結果として全体の排出量を減らすことになる。しかし、EUは政治的な反発を恐れて、今すぐエネルギー消費を抑制するような政策を打ち出すことを躊躇しているのも事実である。

気候変動に関する計算は、最終的にはEU当局の言うとおりになるかもしれないが、それを海外に売り込むのはより困難なメッセージである。

ヨーロッパの指導者たちが推し進める、アフリカがクリーンなエネルギー源に直接移行するという道筋は、豊かな国々や民間投資家、開発銀行が資金面で援助しない限り実現不可能である。サハラ以南のアフリカには十分な太陽光と風力があり、スペインより少ないエネルギーしか使っていないが、それを利用するためのインフラはほとんどない。また、途上国がグリーンプロジェクトを行う場合、リスクが高いと見なされるため、資金調達コストが非常に高くなる。さらにアフリカの不満は、2020年に達成されるはずだった年間1,000億ドルの気候変動資金を提供するという目標を、豊かな国々が達成できていないことだ。

「欧米諸国は化石燃料を背景に発展してきた。こうしている間にも、戦争の影響で石炭をエネルギー源に戻すことを決定している欧米諸国もある」と、ガーナのエネルギー大臣であるマシュー・オポク・プレンペは言う。ガーナは過去数年間に石油とガスを大量に発見している。「欧米はアフリカが未開発のままでいいと言っているのでしょうか?」

消灯|ヨーロッパ人は皆、電気にアクセスできるのに、アフリカ人はそうではない。

エジプトで開催される今年のCOP27では、アフリカのための解決策に大きな焦点が当てられ、気候変動のための資金調達の問題が支配的になりそうだ。昨年のサミットを主催した英国のクワシー・クワルテング・ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣によれば、開催国であり、多くの途上国が石炭から脱却する方法としてガスを見ていることから、ガスの将来も重要なトピックになる。「彼らにとって、ガスは移行措置の一部だ」

昨年、化石燃料の新規開発中止を呼びかけた国際エネルギー機関(IEA)は、最近の報告書で、アフリカのガス資源の開発を認めるべきだと主張した。アフリカのガス埋蔵量をすべて利用したとしても、世界全体の排出量に占める割合は3%から3.5%にしかならない。2030年までに、年間250億ドルの投資で、大陸のエネルギーへの普遍的なアクセスを実現できる。

最近相次いだ大規模な発見により、エクソンモービル、BP、シェルなどの化石燃料大手企業が、モザンビーク、タンザニア、セネガル、モーリタニアで数百億ドルを投じて、輸出用のガスをさらに抽出する大規模な民間プロジェクトが行われています。コンサルタント会社のRystad Energyによれば、ナイジェリアとアンゴラで既存のLNG施設を拡張する計画があり、2030年代後半までにアフリカで年間4,700億立方メートルのガスが生産されるようになるという。コンサルタントのリスタッド・エナジーによれば、このガスのほとんどはこの地域から排出されることになる。

一方、アフリカではガスを燃焼させる発電所に対する新たな資金が不足している。政府や企業は、35ギガワットのガス発電を含む1,000億ドルのプロジェクトを計画しているが、そのほとんどを建設するための資金を見つけることができない。外国企業が採掘したガスの一部を国内で使用するよう交渉している国もあり、いずれも企業から税金を受け取っているが、電力網を完全に変革し、大規模なインフラを建設するには十分でないことが多い。

世界銀行、国際通貨基金、欧州投資銀行などによるガス発電事業への融資は、気候変動問題からほとんどなくなっている。また、民間投資家からは、今後数十年の間に世界がネットゼロエミッションを達成しようとする中で、ガス発電プロジェクトが座礁資産になりかねないという懸念も出てきている。

モザンビークのセントラル・テルミカ・デ・テマネ発電所のようなプロジェクトは、12月に6億5,200万ドルの資金を確保したが、発電所のオーナーであるグロービックのCEO、マイク・ショリーによれば、投資を得るのがますます難しくなってきている。世界銀行の国際金融公社と米国の国際開発金融公社は、主要な投資家として、炭素集約型プロジェクトへの海外からの資金提供を停止する措置をとっている。

2020年、モザンビークにあるトタルのLNGサイトでの建設。Borges Nhamire/Bloomberg

英国のアフリカ担当大臣Vicky Fordは、ガス提案に開発資金が流れるためのハードルは高いだろうと示唆している。「世界が直面する最大の課題は、やはり気候変動です」と、彼女は5月17日のインタビューで語っている。「長期的な戦略として、自然エネルギーへの取り組みも継続しなければならない」と語った。国内では、彼女の政府は、北海油田とガス田の探査を推進している。

国連アフリカ経済委員会の元委員長カルロス・ロペス氏は、短期的なガス問題解決のためにアフリカに目を向けるのは「恩着せがましい」し「偽善的」だと指摘する。「アフリカの人々に、目の前にある選択肢を基本的に検討すべきではないと言いながら、同時にロシアとウクライナの戦争のためにヨーロッパへのガスの要請を加速させるのは、まったくもって言語道断だ」

カリフォルニアのシンクタンク、ブレークスルー・インスティテュートのエネルギー・開発担当ディレクター、ビジャヤ・ラマチャンドランは、もっとぶっきらぼうだった。豊かな国々が貧しい国の資源を搾取する一方で、気候変動対策の名の下に貧しい国々が同様の資源を入手することを本質的に拒否しているのだから、これは「緑の植民地主義」だと彼女は言うのである。

この批判に対し、欧州委員会は、EUは自国でも世界でも「自然エネルギーとエネルギー効率に大規模な投資」をしていると述べた。「多くの国にとって、炭素集約的な開発から脱却し、より環境に優しく、より平等な経済から恩恵を受け、何百万人もの人々にエネルギーアクセスを提供する機会がある」と、ティム・マクフィー報道官は電子メールで述べている。

気候危機の緊急性は、アフリカの人々にはほとんど知られていない。地球温暖化はすでにアフリカ大陸に壊滅的な被害をもたらしている。アフリカの角では現在、過去40年間で最悪の干ばつが発生している。乾燥地帯のサヘルでは砂漠化が進み、ラゴスやアクラなどの海岸沿いの都市は浸食されている。

今後数十年の間に人口が急増し、地球が温暖化すれば、事態はさらに悪化するばかりである。10月に発表された世界銀行の報告書では、大陸が気候変動の影響を最も強く受けると予測されており、その影響として、大量の国内移住や「貧困、脆弱性、紛争、暴力の増加」などが挙げられている。

最も壊滅的な地球温暖化の結果を回避するために排出量の削減が間に合うかどうかにかかわらず、この地域が異常気象に適応するためには、経済発展(一部は化石燃料によって推進される)が必要である。しかし、アフリカ諸国がガスやグリーンエネルギーへの移行に直面しているため、何百万人もの人々が代わりに木炭などのより汚い燃料を燃やし、致命的なガスを吸い、より多くの排出物を出している。IEAは、サハラ以南のアフリカでは、クリーンな調理用燃料を利用できない人々の数が、2020年から2030年にかけて年6%ずつ増加すると予測している。

ボニー島近くのボドでは、頭上に枯れた電線が垂れ下がり、女性たちが薪で料理をしている。「煙は私たちの目を不安にさせる」と、仮設店舗で豆やトウモロコシの粉を販売するモニカ・グボロさんは言う。「台所で子どもが近づいてくると、煙のせいで追い払ってしまう。そうあるべきではないのに、だ」。

  • 取材協力:Ekow Dontoh、Will Mathis、David Malingha、Stephen Stapczynski、Jess Shankleman、Antony Sguazzin、Akshat Rathi、Codratus Godson

Neil Munshi, Paul Burkhardt, William Clowes. Europe’s Rush to Buy Africa’s Natural Gas Draws Cries of Hypocrisy.

© 2022 Bloomberg L.P.