暗号資産業界団体、献金拡大で影響力伸長を模索
2022年6月9日(木)、米国ワシントンD.C.で開催された公聴会で講演するブロックチェーン協会のエグゼクティブ・ディレクター、クリスティン・スミス氏。

暗号資産業界団体、献金拡大で影響力伸長を模索

ステーブルコインの発行元サークルや暗号資産取引所クリプト・ドットコム、クラーケンなどを会員とする著名な暗号業界団体ブロックチェーン協会が、独自の政治活動委員会(PAC)を発足させる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)  -- ステーブルコインの発行元サークルや暗号資産取引所クリプト・ドットコム、クラーケンなどを会員とする著名な暗号業界団体ブロックチェーン協会が、独自の政治活動委員会(PAC)を発足させる。この動きは、米国政治をより暗号資産に優しい方向に押し進めようとする業界の新たな試みである。

この業界が成長するにつれ、その政治的支出も増加しており、11月の議会選挙を前に、暗号資産企業が拠出した数百万ドルが候補者の財源に投入されている。連邦選挙委員会の記録をブルームバーグが分析したところ、この業界の寄付者は2021年1月から7月までに連邦候補者や委員会に7,280万ドルを寄付していることが明らかになった。この総額は、同期間に石油・ガス業界から贈られた7,060万ドル、運輸業界から贈られた5,540万ドル、防衛企業から贈られた2,540万ドルを上回る。

ブロックチェーン協会のエグゼクティブディレクターであるクリスティン・スミス氏は、ブルームバーグのインタビューに対し、「ワシントンで効果を発揮するにはさまざまな手段がありますが、人間関係はその重要な一部です」と語っている。「政治的な寄付は、人間関係の重要な部分です」

暗号資産企業の豊かな懐|デジタルアセット業界はこの選挙サイクルで他のセクターを上回る支出をしている

スミス氏は、「BA PAC」と呼ばれる新しい委員会が、ブロックチェーン協会の約100社の会員企業の既存の人間関係を、資金調達活動に生かすことができるのではないかと期待していると述べた。今後数カ月の間に、PACはこれらの企業に働きかけ、従業員からの寄付を募る許可を得る予定だ。その後、PACの理事会は、受け取った資金を分配するための最適な戦略を決定する。

デジタル・カレンシー・グループの公共政策担当バイスプレジデントであるジュリー・スティッツェルがPACの理事長を務めている。理事は以下の通りです。スミス氏、Kraken社の政策担当グローバルヘッドJonathan Jachym氏、Wicklow Capital社の法務担当John McCarthy氏、Messariの創業者兼CEO Ryan Selkis氏、Ledger SASの政策担当グローバルヘッドSeth Hertlein氏だ。

今度の中間選挙が2カ月後に迫っていることを考えると、PACは大統領選挙を含む次のサイクルである2024年に焦点を合わせている。

BA PACは、暗号取引大手のFTXのCEOであるサム・バンクマン=フリード氏など、業界で最も影響力のある人物が支援するスーパーPACを含む、増え続けるPACの仲間入りをした。バンクマン=フリード氏と彼の共同最高経営責任者であるRyan Salame氏は、この業界からの2大献金者であり、それぞれ4,110万ドルと1,840万ドルを献金している。

バンクマン=フリード氏は、現在、次のパンデミックに備える計画を持つ候補者に焦点を当てた「Protect Our Future」として知られるスーパーPACを、支出の大部分に使っている。

これに対し、ブルームバーグに提供された声明によると、BA PACのミッションは「政治的スペクトラムにわたってプロ暗号の候補者を支援する」ことになる。スミス氏は、委員会の資金のおよそ50%を民主党に、50%を共和党に寄付することを希望していると述べている。このPACは、ワシントンにおける同協会の既存のアドボカシー活動やロビー活動を強化するのに役立つと彼女は述べている。

スミス氏自身、今回の選挙で16万ドル以上の寄付を行った積極的な人物である。このうち4万5,000ドルは全米共和党議会委員会に、5,000ドルはトム・エマー下院議員のリーダーシップPACに分配された。

Allyson Versprille, Bill Allison. Crypto Trade Group for Circle, Kraken Seeks Clout With PAC to Spread Cash Haul.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ