日本のスタートアップにとって年金注入は万能薬ではない - ガロウド・リーディ
株式会社グルーヴXの家庭用ロボット「Lovot Edamame」

日本のスタートアップにとって年金注入は万能薬ではない - ガロウド・リーディ

日本のスタートアップにとって年金注入は万能薬ではない。世界最大の年金基金が、間接的に次のユニコーンやデカコーンに投資する可能性がある。しかし、日本の新興企業はもっと多くのものを必要としている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 日本の小さくても成長するスタートアップ・シーンでは近年、セコイア・キャピタルやソフトバンク・グループなど、資金力のある新規参入者が見られるようになった。そして今、その中でも最も資金力のある企業が登場した。世界最大の年金プール、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)だ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン