ピーター・ティール率いるパランティアが英国民保健サービスを攻略するための秘密計画
2019年11月18日(月)、日本の東京で行われた記者会見で話す、パランティア・テクノロジーズの共同創業者兼会長のピーター・ティール。億万長者の起業家は、現地の金融サービス企業である損保ホールディングスとの1億5,000万ドルの折半出資による合弁会社を発表するために来日した。Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ピーター・ティール率いるパランティアが英国民保健サービスを攻略するための秘密計画

パランティアはNHSにサービスを提供する中小企業を「徹底的に追い詰める」ことで「多くの地を手中に収め、多くの政治抵抗を取り押さえる」戦略を遂行しようとしていたことがブルームバーグの取得した電子メールの記録から明らかになった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- パランティア・テクノロジーズは、公の監視を受けずに英国民保健サービス(NHS)との関係を深める秘密計画を持っていた。

ブルームバーグが見た電子メールや戦略文書によると、米データ分析企業は、すでにNHSと関係を築いている小規模なライバルを買収することを目指した。このアプローチにより、パランティアは健康データの最大の保管場所の1つと協力することで、さらなる精査を避けることができると期待されている。

パランティアの地域責任者ルイス・モズレーは、2021年9月に送られた「Buying our way in...!(アクセスを得るために金を支払え!)」と題した電子メールでこの戦略を説明し、NHSにサービスを提供する中小企業を「徹底的に追い詰める」ことで「多くの地を手中に収め、多くの政治抵抗を取り押さえる」と概説している。

2020年9月30日(水)、米ニューヨークのニューヨーク証券取引所(NYSE)前で、同社の新規株式公開(IPO)中にパランティア・テクノロジーズの看板を表示したバナーを保護マスクをつけた歩行者が通過している。

NHSは世界有数の雇用主で、最近の年間予算は1,900億ポンド(約16.4兆円)に近く、パランティアにとって重要な顧客となっている。NHSは、コロナウイルス感染症への対応を支援するために米国のハイテク企業を採用し、現在、3億6,000万ポンドの契約を入札中で、パランティアはこの契約の獲得を希望している。

パランティアはこれまでNHSのサプライヤーを買収することに成功していないが、ブルームバーグが見た文書には、パランティアがNHSから重要な人材を採用し、潜在的な買収を通じて、重要な顧客とのビジネスを深めたいと考えていることが示されている。

パランティアは、米国や英国を含む国々で、市民的自由を求める団体から常に批判を受けてきた。たとえば、米移民・関税執行局(ICE)は、不法滞在の移民を強制送還するために、国民を広く監視できるようなツールを政府機関に提供している実績があり、彼らはそれを懸念している。英国の議員もパランティアの技術に懸念を表明している。

パランティアの広報担当者であるベン・マスコールは、「パランティアは、最も重要な機関が抱える最大の課題の解決を支援するために存在しており、英国においてNHSほど重要な機関はありません」と声明を発表している。「パランティアはすでにNHSが何百万人もの人々の生活を向上させることを可能にしています。私たちはもっと多くのことをやりたいと考えており、そのことについて謝罪はしません」

広報担当者は、モズレーのメールにあった言葉の一部は「遺憾」であり、「NHSと我々の関係を正確に特徴づけるものではない」と付け加えた。

パランティアの広報担当者は、同社は世界で最も尊敬されている諜報機関や防衛機関と取引しており、これらの機関は機密データを保護する同社のソフトウェアの能力を信頼し続けていると述べている。また、同社はNHSのビジネスを実力で勝ち取っており、同社のソフトウェアは数十億ポンドの投資の結果生まれた世界トップクラスのものであるという。同社のウェブサイトには、「データを利用する際には、プライバシーと市民的自由の基本原則を守ることが不可欠であるという信念のもとに設立された」と記載されている。

NHSイングランドのスポークスマンのジェームズ・ケルは、今度の契約は、「データが安全でNHS内に留まることを保証する」ことを含む厳しい要件で、「オープンで透明なプロセス」で発注されるだろうと述べた。86のサプライヤーが市場前のエンゲージメントイベントに参加したという。

買収対象を探し始める

2003年にFacebookの役員であるピーター・ティールが共同設立したパランティアは、すぐに米国中央情報局(CIA)のベンチャー投資部門であるIn-Q-Telの注目と資金援助を受けることになった。パランティアは、CIAを最初の顧客に持ち、秘密主義で有名になった。

J.R.R.トールキンの小説『指輪物語』三部作に登場する「すべてを見通す石」にちなんで名付けられたパランティアは、現在では数十の米国政府機関を顧客に持ち、その中でも国家安全保障と防衛の分野でかなりの数を占めている。パランティアの経営陣は、中国やその他の米国の利益に沿わない地域でのビジネスを避けており、英国での取引の重要性を高めている。しかし、2022年の売上高を19億ドルと予測していたにもかかわらず、利益を出すのに苦労している。株価は今年に入ってから約56%下落している。

モズレーが同僚に送ったメールによると、英国での買収対象は、信頼できるリーダーシップを持ち、年間売上が500万ポンドから5,000万ポンドで、すでにNHSにソフトウェアサービスを販売している会社が適しているとのことだった。創業者には、「非常に寛大なバイアウト・スケジュール(例えば10倍、特に株式の場合)」が提示されるだろうと彼は書いている。

パランティアは、創業者がすべてのサービスをパランティアの主要なデータ処理プラットフォームである「Foundry」に移行すれば、その持分に対する補償を提供するとしている。

モズレーはこう書いている。「われわれのように寛大な申し出をしてくれるところは他にはないだろう(われわれが彼らの唯一のエグジットになるかもしれない)」。

コロナ・パンデミックの初期には、FoundryはNHSによってワクチンの摂取状況を追跡するために使われ、最近では、待機している患者の待機手術の管理にも使われている。公共支出トラッカーのAdviceCloudによると、2020年以降、パランティアはNHSおよび保健社会福祉省との間で3,700万ポンド以上の契約を獲得している。

モズレーが計画をメールする少し前に、パランティアが買収を目指した企業のひとつが、NHSと民間のパートナーシップで、病院が患者の需要とリソースのバランスを取るために使う情報をリアルタイムで生成するBeautiful Informationだった。パランティアは、1月にBeautiful Informationを155万ポンドで買収したと発表したカナダの医療技術企業バイタルハブ・コーポレーションに敗れた。

「私は(Beautiful Informationのような)より多くの買収ターゲットのスコープを開始することに熱心だ」とモズレーは書き、「キティ」(英国語で金の壺を意味する)があると付け加えた。

ブルームバーグが確認した内部文書によると、パランティアは2021年後半にも、英国のデータ分析企業Sensyneに2,100万ポンド以上を出資する交渉を進めており、SensyneがパランティアのFoundryを使う見返りとして、「プロジェクト・ゴンドール」(指輪物語に描かれた架空の王国にちなむ)と名付けられた取引を行ったという。

パランティアの広報担当者は、「企業が投資や買収を模索するのは何も珍しいことではない」と述べた。同社は2021年に「2つのそのような機会」の打診を受けたという。「我々はどちらも進めることを断り、NHSと連携する企業を買収したことはない」と彼は言った。

SensyneとBeautiful Informationは、コメントの要請に応じなかった。

パランティアはまた、Babylonの2021年の上場を支援するために2億3,000万ドルを拠出した複数の投資家グループの一員であり、Babylonがそのデータの一部をパランティアのFoundryに移行した両社間の長期的パートナーシップの一部だったと、ブルームバーグは報じている。

ロビー活動

しかし、取引や買収はパランティアのアプローチの一部に過ぎないことが、Bloombergが見たメッセージに示されている。Babylonとの提携と同時に、パランティアは業界ロビー団体のTechUKに対し、政府機関に対して、独自にツールを構築するのではなく、Foundryのような市販の製品を購入するよう促すように要請した。

TechUKの広報担当者は、コメントを拒否した。

パランティアは、英国貴族でトニー・ブレア元首相の主要顧問だったピーター・マンデルソン氏が共同設立した戦略顧問会社、グローバル・カウンセルを雇い、英国政府へのロビー活動を支援してもらっている。また、最近NHSの重要人物であるIndra Joshi氏とHarjeet Dhaliwal氏も採用した。

「グローバル・カウンセルのパランティアに対する仕事は、公知の事実である」と、広報担当者は電子メールで声明を発表している。「この仕事に関連して、法定登録とNHSに関連する宣言が行われました」

批評家は、パンデミックの間に急いで実行された取引に関するNHSの透明性の欠如に異議を唱えている。メディアに話すことを許可されていない2人のNHS高官によると、パランティアは2020年3月、NHSがリソースをより効率的に配分するためのCovid-19データストアを運営するためにわずか1ポンドの料金を支払われたが、この仕事を他のNHS契約のピッチでケーススタディとして使用したという。

その契約に先立って、パランティアは数カ月かけてNHSの責任者を口説いたと、調査報道局は2021年2月に報じている。2020年12月、パランティアは、公的な入札手続きを経ない2350万ポンドの契約で、データストアの仕事を継続するための新たな契約を獲得した。

パランティアはコメントを控えたが、NHSイングランドは当時の声明で「常に法的責任に則って行動してきた」と述べている。

グローバル・カウンセルを雇ったにもかかわらず、パランティアはNHSとの関係の深まりについて議員から批判を受けた。

「患者の信頼はNHSにとって不可欠であり、大量監視を支援し、ドローンによる攻撃、移民の襲撃、予測的な取り締まりを支援してきた歴史を持つパランティアのような外国のハイテク企業は、NHSの中枢に置かれてはならない」と、保守党議員で欧州連合離脱大臣のデイヴィス議員は2021年6月の下院の討論で述べている。

独立系メディア企業OpenDemocracyは、法的非営利団体Foxgloveの支援を受け、公的な入札手続きを経ずにパランティアに事業を発注したとして英国政府を提訴した。政府は、公募なしにコロナ以降の契約を延長しないことに合意した。2021年9月にも押し問答が続き、保健社会福祉省がパランティアとの別のデータ契約を終了したとブルームバーグは報じている。

Foxgloveの創設ディレクターであるコーリ・クライダー氏は、パランティアがNHSに費用に見合う価値を提供しているのか、「それとも一部の職員に『光るダッシュボード』的な考えが感染しているだけなのか」について、「本当の懸念」があると述べている。

NHSが今後3億6,000万ポンドの入札をいつ決定するかは不明だ。他の入札者には、大手コンサルティング会社や米国の大手ハイテク企業が含まれている。

英国のデータプライバシー運動団体medConfidentialのコーディネーターであるフィル・ブース氏は、「ソフトウェアとしてのファウンドリーはまったく有能だ」と述べ、ファウンドリーにとってそれは「自殺行為」であるため、不正に患者データにアクセスされる懸念はない、と付け加えている。

ただし、パランティアが「ピーター・ティールの支援を受け、CIAが支援した企業」であるという歴史は、患者がデータを共有することを躊躇させる可能性があると述べた。「パランティアを排除し、独自のオープンソースソフトウェアを構築すべきです」と同氏は述べた。

Olivia Solon. Peter Thiel’s Palantir Had Secret Plan to Crack UK’s NHS: ‘Buying Our Way In’.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ