ジャック・マー、権力を放棄して北京の照準から逃れる

ジャック・マ―は中国国内における権力を放棄して北京の「十字架」から逃走した。ヨーロッパを旅行し、食事や農業の勉強をしているマーは、フィンテック大手のアント・グループの経営権を譲り渡す予定だ。

ジャック・マー、権力を放棄して北京の照準から逃れる
1月20日、農村部の教育者を表彰するために毎年開催しているイベントで、教師に挨拶するジャック・マー。

(ブルームバーグ) — ジャック・マーは、2年近くほとんど公の場から姿を消していたが、数週間の欧州ツアーに参加しており、中国政府がこの起業家に対する圧力を緩和する兆しを見せている。

ブルームバーグや地元メディアの報道によると、アリババ共同創業者である57歳のマーは、オーストリアのレストランに顔を出し、オランダの大学を訪れて持続可能な農業について学び、スペインのマヨルカ島沖にヨットを停泊させたという。

マーが2020年に自身のフィンテック大手アント・グループに対する規制をめぐって共産党幹部を批判して以来、初の中国国外旅行ではないが、この億万長者が政府から国外に出ないよう勧告されていた時代とは大きく変わったと言える。アリババの株価は、当局がマーという名前の人物に規制をかけたと国営メディアが報じた後、一時260億ドルも下落した。その後の情報により、この報道が別の人物を指していたことが明らかになった。

マーは、政府の犬小屋から抜け出すために、かなりの譲歩をしなければならなかった。規制当局が2020年に期待されたアントの新規株式公開を頓挫させた後、同社はより厳しい規制に準拠するために業務を見直し、業務を「是正」する方法を国の中央銀行と定期的に議論してきた。創業当初、デジタル決済やマネーマーケット預金などのサービスにおけるアントの成功は、国営大手銀行の支配を脅かすものだった。

この問題に詳しい関係者によると、アントはまた、マーが同社の支配権を譲り渡すつもりであることを規制当局に口頭で伝えており、彼らは何年も前から当局や中央銀行にそうした計画を伝えてきたという。検討中の提案のひとつは、マーの株式を他の役員に移譲し、委員会が会社を監督できるようにすることだと、関係者の一人は述べている。

アリババは今週提出した書類で、マーが「アント・グループに対する直接的・間接的な経済的利害を時間をかけて減らし、その後は8.8%を超えない割合に制限するつもりだ」と改めて表明した。マーは現在、アントの議決権を50.52%保有している。

ユナイテッド・ファースト・パートナーズのアジア調査部長であるジャスティン・タンは、マーが経営権を譲り渡せば、「重要なキーマンリスクがアントの首から外れる」と指摘する。

アント、アリババ、マーの財団の代表者は、コメントを求めたがすぐに返答はなかった。中国の中央銀行は、ファックスでコメントを求めたが返答はなかった。

ウォール・ストリート・ジャーナルは先に、アントが規制当局に対し、マーは経営権を手放すつもりで、議決権の一部を他の幹部に譲渡する可能性があると伝えたと報じている。アリババの香港上場株は、金曜日の午前9時49分現在、4%下落した。

この問題に詳しい関係者は、個人情報を議論するために名前を明かさないことを要求しながら、マーはアントの管理職の肩書きを持たず、彼が何年も深く関与していないため、会社の経営権を手放すことは日常業務にほとんど支障をきたさないだろうと述べた。中国の規制との衝突を最小限に抑えることを目的とした複雑な取引でアリババからアントが分離されたため、マーはもともと議決権の過半数を握ることになった。

マーの現在の決断は、習近平国家主席の「共同繁栄」の達成というビジョンに沿うためのものだろう。彼の会社は、テクノロジー企業の「無謀な」拡大を抑制すると公言している中国の監視当局の要求に応えようとしているのだ。

民間企業に対する共産党の進化したスタンスは、ここ数年のグローバル市場で最も注視される展開のひとつとなっており、一部のオブザーバーは中国の広大なインターネット部門を投資対象外とまで呼んでいる。

マーは、中国の規制当局の怒りを買う前から、アリババとアントという双子の帝国から距離を置いていた。マーは2013年にアリババのCEOを退任し、2019年には会長に就任した。彼は2014年の段階で、アントへの出資比率を8.8%以下にするつもりであり、6億1,100万株を慈善団体に寄付するつもりであると述べていた。

2017年9月25日(月)、カナダ・オンタリオ州トロントで開催されたGateway '17 Canada conferenceで耳を傾けるアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドのジャック・マー会長(当時)。Photographer: Cole Burston/Bloomberg

所有者の変更は、アントの待望のIPOの復活を遅らせる可能性がある。中国の証券規則では、過去3年間に支配株主が変わった企業はA株市場に上場できないことになっている。ナスダックのようなSTAR市場は2年、香港は1年の待機期間がある。

「この変更でアントに待ち時間が発生するが、市場の低迷でアントは上場を急がないため、ほとんど違いはない」とタンは述べた。

アントは現在、中央銀行が金融持ち株免許の申請を審査することに同意するのを待っているところだが、これは同社が上場の可能性を前進させるための重要なステップだ。

かつて3,000億ドルと評価されていたアントの予想価値は、規制当局が消費者金融など同社の最も収益性の高い部門の事業を抑制したため、急落している。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、フランシス・チャンは6月、アントの企業価値を約640億ドルと推定している。

アントの再建の一環として、同社は資本基盤を350億元(52億ドル)に増強し、かつて10億人のユーザーを持つ決済プラットフォームAlipay(支付宝)から、資産管理や消費者金融などのサービスにトラフィックを誘導できたエコシステムにファイアーウォールを構築しようと動いている。

かつて世界最大だった独自のマネーマーケット・ファンド「余額宝」の運用資産は、2020年3月のピークから約35%減少し、6月時点で8,130億元(1兆6,130億円)となった。

アントは6月、IPOを開始する計画はないと述べたが、同社のエリック・ジン会長は昨年、いずれは株式公開すると述べていた。

ジャック・マーはすでにアリババで何の肩書きも持っていなかった。チューリッヒにあるGAMインベストメント・マネジメントの投資ディレクター、ジアン・シー・コルテシは、「このことが同社の経営に大きな影響を与えるとは思えない」と述べた。しかし、「投資家はジャック・マーに注目するのではなく、同社の発展にもっと注目するようになる」という。

--Dong Cao、Henry Ren、Colum Murphy、Yiqin Shen、Zheng Li、Coco Liuの協力を得ている。

Lulu Yilun Chen, Abhishek Vishnoi. Jack マー Escapes Beijing’s Crosshairs by Giving Up His Power.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史(株式会社アクシオンテクノロジーズ)

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)