中国トップクラスのテック投資家、取り締まりが転換点を迎えたと見る
2019年9月16日(月)、中国・香港でBloomberg Televisionのインタビュー後、写真撮影に応じるPrimavera Capital (プリマベラ・キャピタル)の会長、フレッド・フー。フーは、中米間の貿易戦争が投資心理を悪化させていると指摘した。

中国トップクラスのテック投資家、取り締まりが転換点を迎えたと見る

中国最大のプライベートエクイティ投資家の1人の創業者は、最近の暴落でピーク時の市場価値2兆ドル近くが一掃された後、中国のハイテク企業は曲がり角にあると述べた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国最大のプライベートエクイティ投資家の1人の創業者は、最近の暴落でピーク時の市場価値2兆ドル近くが一掃された後、中国のハイテク企業は曲がり角にあると述べた。

元ゴールドマン・サックス・グループのレインメーカーで、170億ドルの中国のプライベート・エクイティ企業プリマベラ・キャピタルを立ち上げたフレッド・フーは、規制に関する心強いメッセージ、堅調な収益、打ちのめされたバリュエーションが、今やこの分野を投資家にとって興味深いものにしていると述べた。

同社会長のフーは最近のインタビューで、「これは中国のハイテク企業にとって新しい時代の始まりかもしれない」と述べている。「発見されるべき価値がたくさんある」と述べ、このような企業のリスクが高いことを考えると、投資家にとってまだ選択的のひとつにすぎないと付け加えた。

プライベート・エクイティの巨匠の見解は、世界の投資家がハイテク株に再び回転し始める中で、好転を支持するこれまでで最も強い声明の1つだ。中国共産党による1年にわたる取り締まりは、業界関係者がより厳しい見方を示すなかでも、端々に和らいだ兆しを見せている。

2010年に設立されたプリマベーラは、Private Equity Internationalによると、中国で4番目に大きなプライベート・エクイティ・ファームに位置づけられている。同社のウェブサイトによると、これまでの投資先には、ファーストフードチェーンのYum China Holdings Inc.、電気自動車メーカーのXPeng Inc.、電子商取引大手のAlibaba Group Holding Ltd.などが含まれている。

中国人民銀行が金融政策の支持を維持すると表明したことで、中国国内のハイテク企業の回復に賭けるJPモルガン・アセット・マネジメントやゴールドマン・サックスなどの銀行と同様に、フーもこの銘柄に買いを集めているのだそうだ。

Didi Global Inc.(ディディ)に対する規制当局の調査が終了し、アントグループの上場が復活する可能性が出てきたとの報道は、楽観的な見方を強めている。中国のハイテク株の指標は今月11%上昇し、約2年ぶりの高水準となる勢いだ。

プリマベーラのフレッド・フーは、3月の中国株の暴落を「過剰」だとし、アリババが「深い価値」を提供していると述べ、他の企業がハイテク企業を見放す中でも、ハイテク企業に対する幅広い前向きな見通しを維持してきた。プリマベーラは今年初め、大中華圏の高成長分野を対象とした初の特別目的買収会社の1つである香港の上場申請を行いた。

この長年のテックセクターの支持者は、億万長者のジャック・マーのアントグループの初期の投資家で、以前はフィンテック企業の取締役会で独立非常勤取締役を務めていた。

中国の億万長者の起業家にとって重要な国際金融機関であるUBSグループの取締役でもあるフーは、アントのIPOの進捗状況についてのコメントは避けながらも、香港の新規株式公開のパイプラインは依然として「非常に強固」で、高品質の企業が引き続き投資家を引きつけるだろうと述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、香港のIPOによる資金調達額は、アントの上場が規制当局に停止された2020年11月の125億ドルから5月にはわずか1億3,900万ドルにまで低迷している。

人材の流出

ディールフローの鈍化に加え、香港の厳しい検疫規則と北京の締め付けが、特に多くの外国人を雇用している金融業界において、頭脳流出の懸念を煽っている。外国人金融サービス従事者に新たに発給されたビザは昨年2,569件となり、2018年からほぼ50%減少した。ニューヨーク、ロンドン、シンガポールなど他の金融センターでの機会を求めて、この街を離れることを決めた銀行員が増えている。

それでも、プライベート・エクイティは離職による痛みを感じていないと胡は述べ、プリマベーラの香港ベースの求人への応募には引き続き「多大な関心」が寄せられていると付け加えた。

香港の金融政策が正常化すれば、香港に金融の人材が戻ってくるはずだとフーは言う。香港の次期行政長官である李家超(ジョン・リー)は、「不必要な規制の多くを緩和、あるいは撤廃するよう努力すべきだ」と考えている。

「香港の経済や国際競争力に大きな打撃を与えることになる。香港をもっと普通の国、世界のようにするんだ」。

-- Stephen Engleの協力を得た。

John Cheng. One of China’s Top Tech Investors Sees Crackdown Turning Point.

© 2022 Bloomberg L.P.