世界の道路はより暑い気候に対応できていない
7月19日、カリフォルニア州パコイマの道路に反射膜を塗布する作業員。米国や日本などでは、舗装の温度を下げるための一時的な解決策が一般的になりつつある。Eric Thayer/Bloomberg

世界の道路はより暑い気候に対応できていない

地球温暖化は、私たちが移動するために使用するアスファルトやコンクリートの広大なネットワークを傷つけている。この問題を解決するのは容易なことではない。世界中のほとんどの道路が使えなくなるかもしれない。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- この夏、西ヨーロッパを覆い尽くした歴史的な猛暑は、交通機関の混乱を招いている。鉄道の線路はゆがみ、空港の滑走路は故障し、重要な道路は座屈した。7月18日には、英国ケンブリッジの交通量の多い高速道路A14が、スケートボーダーにとっては魅力的だが、高速で走る自動車とその乗客にとっては災難となる奇妙な隆起を生じさせたため、通行止めになった。

偶然にも、同じようなことがアメリカ、オーストラリア、中国、アフリカの各地で起こっている。平均気温が上昇し、熱波がより頻繁に、より激しくなるにつれ、インフラ、特に道路は人為的な地球温暖化の影響をますます受けやすくなっている。気候危機が重要なインフラに与える影響を評価した2017年の研究によると、2080年までにヨーロッパの運輸部門だけでも、道路が涼しい時間帯に合わせて作られていることが大きな原因で、熱波がハザード被害全体の約92%を占めるとされている。

また、別の研究では、地域の道路の適切な構成を決定するために使用される気象観測所のデータを調べた。その結果、約35%の道路が実際の気候に合わない材料を使用していると推定された。テキサス大学交通研究センターのアミット・バシンは、「土木技師が設計に用いてきた最高気温を、現在の気温は頻繁に遥かに超過しています」と述べている。「これは、設計が崩れ始めるときです」

サプライチェーンは、商品、人、その他ほとんどすべてのものをどこにでも運ぶために、車輪のついた乗り物に依存している。船や列車、飛行機が長距離輸送の多くを担っているかもしれないが、オンラインで注文した新しいジーンズは、バンによってあなたの家の前に届くでしょう。道路の故障が多くなるにつれ、何もしないことによる経済的損失がいかに大きいかが明らかになりつつある。

しかし、良いニュースは、最も重要なインフラである道路を十分に硬化させる技術が存在することだ。しかし、悪いニュースは、あらゆるレベルの政府が多額の資金を先払いする必要があることだ。

地球温暖化が気候を変えたというだけでなく、そのほとんどが、あらゆる場所で道路に悪影響を及ぼしている。猛暑に加え、この現象によって引き起こされた大雨や洪水は、高速道路や舗装道路を急速に浸食し、砂利や土でできた道路を消滅させる可能性がある。2010年から2014年にかけてオーストラリアで発生した大洪水では、道路網の修復に64億ドルの費用がかかったと推定されている。

伝統的に寒冷な地域では、問題は雪解けだ。カナダ気候研究所の報告書によると、毎年秋に凍った湖や川の上に作られるカナダ北部の冬用道路の半分以上が、30年後には使えなくなるか、建設が不可能になる可能性があるとのことだ。2080年までにはほぼすべてが失われ、地域全体が重要なサービスから切り離される可能性がある。ユーコン準州では、永久凍土の劣化により、主に砂利で作られたオールシーズン道路に今後20年間で総額16億ドルのコストがかかると言われている。また、2020年に発表された論文では、中国の永久凍土地帯で道路を建設・維持する責任者は「重大な工学的課題」に直面していると警告している。すでに道路には巨大な亀裂が入り、使用不能になっている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン