Googleの対ChatGPT戦略はあらゆるものにAIを組み込むこと
スンダ―・ピチャイ。Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

Googleの対ChatGPT戦略はあらゆるものにAIを組み込むこと

人工知能はGoogleのものだと思われていた。同社は、あらゆる種類の遠い技術に長期的な賭けをすることで評判を高めており、現在のAI搭載チャットボットの波を支える研究の多くは、同社の研究所で行われた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- 人工知能はGoogleのものだと思われていた。同社は、あらゆる種類の遠い技術に長期的な賭けをすることで評判を高めており、現在のAI搭載チャットボットの波を支える研究の多くは、同社の研究所で行われた。しかし、OpenAIというスタートアップが、11月にChatGPTを発表し、いわゆるジェネレーティブAI(テキスト、画像、動画を自ら生成できるソフトウェア)の初期リーダーとして台頭してきた。この突然の成功により、Googleの親会社であるAlphabetは、最高経営責任者(CEO)のスンダル・ピチャイが「火や電気よりも深い」と語った技術の重要なサブフィールドで追いつくために疾走している。

ChatGPTは、Googleの従来の検索エンジンに対する最終的な挑戦者という見方もあるが、OpenAIがMicrosoftと密接な関係にあることを考えると、二重の脅威に思える。Googleが重要な強みとしてきた分野で遅れをとっているのではないかという思いが、カリフォルニア州マウンテンビューに少なからぬ不安をもたらしていることは、現社員や元社員、同社に近い人たち(その多くは、公の場で話すことを許されないため匿名を希望した)に聞いた。ある現職社員はこう言います。"AI関連の取り組みには、異常に高い期待と大きな不安が不健全に混在している"。

ある元従業員によれば、ピチャイはプロダクトマネージャーとしての日々を思い出し、通常であれば彼の給与水準よりはるかに低いタスクである製品機能の詳細について、直接意見を述べるようになったそうだ。Googleの共同創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンも、ここ数年で最も会社に関わっており、ブリンはGoogleのChatGPT的なチャットボットであるBardにコードの変更を提出するまでに至っている。この問題に詳しい人物によると、上層部は「コードレッド」を宣言し、最も重要な製品(10億人以上のユーザーを持つ製品)すべてに、数カ月以内にジェネレーティブAIを組み込むようにという指示を出したという。初期の例では、同社は3月に、同社の動画プラットフォーム「YouTube」のクリエイターが、この技術を使って仮想的に衣装を交換できるようになることを発表した。

GoogleOBの中には、「すべての主要製品に新しいアイデアを盛り込む」という社内指令が出されたのは、2011年に始まった不運なソーシャルネットワーク「Google+」の普及活動だったことを思い出した人もいるようだ。ソーシャルネットワークのリーダーとして認識されていたわけでもなく、AIの分野ではその専門性が認められている。しかし、似たような感覚はある。かつてGoogle+の成功には社員のボーナスがつきものだった。現社員や元社員によれば、少なくとも一部のグーグラーの評価やレビューは、ジェネレーティブAIを仕事に取り入れることができるかどうかで左右される可能性が高いという。コードレッドによって、すでに何十もの生成AIの統合が計画されている。「我々は壁に向かってスパゲッティを投げている」と、あるGoogle社員は言う。「しかし、会社を変革し、競争力をつけるために必要なものにはほど遠い」

結局、Google+を中心とした動員は失敗に終わった。このソーシャルネットワークはユーザーからの支持を得るのに苦労し、Googleは最終的に2018年、消費者向けの製品をシャットダウンすると述べた。ある元Google幹部は、この失敗を訓話として捉えている。「ラリーからの指令は、すべての製品はソーシャルな要素を持たなければならないというものだった」と、この人物は言う。「それは非常に悪い結果に終わった」

Googleの広報担当者は、コードレッドとGoogle+のキャンペーンを比較することに反発している。Google+の指令はすべての製品に及んだが、現在のAIの推進は、主にGoogle社員が社内で同社のAIツールをテストするよう奨励されたものである、と広報担当者は言う。ほとんどのGoogle社員は、AIに時間を割くために転職したわけではなく、関連するプロジェクトに携わっている社員だけだと広報担当者は言う。

AIは今やすべてであると確信しているのは、Googleだけではない。シリコンバレーでは、ベンチャーキャピタリストや起業家が突然、自らをAIのビジョナリーであると宣言し、ブロックチェーンなどの最近の関心事から離れ、AI統合を発表した企業の株価が高騰するなど、本格的なハイプサイクルに突入しています。ここ数週間で、最近、Meta PlatformsのCEOであるマーク・ザッカーバーグは、メタバースよりもAIに注目しています。メタバースは、最近、社名の変更が必要なほど同社にとって重要な技術であると宣言した。

この新しい命令は、Googleの一部の人々にとって歓迎すべきニュースだった。Googleは、これまで思索的な研究に没頭しては、それを商業化する際につまずくという歴史をよく理解している。ある関係者によれば、すでに生成AIプロジェクトに取り組んでいるチームのメンバーは、「単なる研究とは異なり、より多くの製品を出荷し、より多くの製品に影響を与えることができるようになる」と期待しているそうだ。

長い目で見れば、OpenAIが数カ月間、世間の話題をすべて吸い取ってしまったことは、Googleがすでにどれだけの仕事をしたかを考えれば、あまり問題ではないかもしれない。ピチャイは2016年、Googleを「AIファースト」企業として言及し始めた。同社は長年、機械学習を利用して広告ビジネスを推進する一方、GmailやGoogleフォトといった主要な消費者向け製品にAIを織り込んでおり、ユーザーがメールを作成したり画像を整理したりする際にこの技術を利用している。調査会社Zeta Alphaは最近の分析で、2020年から2022年にかけて最も引用されたAI研究論文トップ100を調査し、Googleがこの分野を支配していることを明らかにした。「結局のところ、Googleは眠れる巨人で、今は遅れていてキャッチアップしているようなものだ」というのが、その現れ方だ。Googleの元AI研究者で、会話型検索ツールを企業に提供するスタートアップ、Vectaraを共同設立したAmin Ahmadは、「現実は実はそうではないと思う」と話す。「Googleは、他の業界よりも何年も何年も早く、この技術を主力製品に応用することに長けていたのです」。

Googleは、商業的な優先順位と、新興技術を責任を持って扱う必要性との間の緊張感とも格闘してきた。自動化されたツールには、学習させたデータセットに存在するバイアスを反映する傾向があることはよく知られており、また、ツールが完成する前に一般の人々にテストすることの意味についても懸念がある。特にジェネレーティブAIにはリスクがつきもので、Googleは市場投入を急がせている。例えば検索では、チャットボットが、それを作った会社から直接来たような単一の回答を提供する可能性がある。これは、ChatGPTがOpenAIの声であるように見えるのと同じだ。これは、他のウェブサイトへのリンクのリストを提供するよりも、根本的にリスクの高い提案である。

Googleのコードレッドは、この分野の一部の専門家が懸念する方法で、リスクとリターンの計算を狂わせてしまったようだ。ワシントン大学のエミリー・ベンダー教授(計算言語学)は、Googleや他の企業が生成AIのトレンドに乗ることで、自社のAI製品を「偏見の最もひどい例はもちろん、蔓延しているが少し微妙な例からも『遠ざける』ことができないかもしれない」と話す。広報担当者は、Googleの取り組みは、責任を持って技術を開発するために2018年に発表されたガイドラインであるAI原則に支配されていると述べ、同社はまだ慎重なアプローチをとっていると付け加えた。

Googleがそうであろうとなかろうと、他の組織はすでに突き進む姿勢を示している。Googleの研究者がこの分野にもたらした最も重要な貢献のひとつは、「Attention Is All You Need」と題された画期的な論文で、著者らはトランスフォーマー(AIモデルが分析中のデータから最も重要な情報の断片を見つけ出すのを助けるシステム)を紹介した。トランスフォーマーは現在、大規模な言語モデルの重要な構成要素となっており、現在のチャットボットの原動力となっている技術である。論文発表から5年後、著者のうち1人を除く全員がGoogleを退職した。

彼らは、OpenAIや、Character.AI、Anthropic、Adeptなどの小規模なスタートアップに移った数十人のAI研究者の一人である。Googleの卒業生が設立したNeeva、Perplexity AI、Tonita、Vectaraなどのスタートアップは、大規模な言語モデルを使って検索の再構築を目指している。Google Brainの卒業生で、現在はAIスタートアップのCohere Inc.で働くサラ・フッカーは、「モデルのトレーニング方法がそれほど専門化されていない他の分野よりも、はるかに激しい競争になっています」と話す。

ある画期的な技術の開発に大きく貢献した人や組織が、その人抜きで他の誰かが驚くような経済的利益を得るのを目にすることは、決して珍しいことではありません。元グーグラーで、現在はベンチャーキャピタルShaktiのマネージングディレクターを務めるKeval Desai氏は、パーソナルコンピュータ時代の基礎を築いた研究機関Xerox Parcの例を挙げ、Apple Inc.とMicrosoftがその背中に1兆ドル規模の帝国を築いたことを紹介している。「Googleは、自分たちがゼロックス・パルクのような存在にならないようにしたいのです」とデサイは言う。「イノベーションはすべてそこで起こったが、実行はまったくできなかった。

(本稿はサラ・フリアー、マーク・バーゲン、リン・ドアンとの共著です)

Julia Love and Davey Alba. Google’s Plan to Catch ChatGPT Is to Stuff AI Into Everything.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

ML

Comments