ウクライナ侵攻は化石燃料使用を減らしている
2019年12月19日(木)、ロシア・モスクワで行われた年次記者会見で反応するウラジーミル・プーチン大統領。Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ウクライナ侵攻は化石燃料使用を減らしている

ロシアのウクライナ侵攻はクリーンエネルギー投資を加速させ、石炭やガスの電力使用を減らしていると、戦争が世界のエネルギー危機に与える影響を直感的に捉え直した新しい報告書が発表された。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)  — ロシアのウクライナ侵攻はクリーンエネルギー投資を加速させ、石炭やガスの電力使用を減らしていると、戦争が世界のエネルギー危機に与える影響を直感的に捉え直した新しい報告書が発表された。

2022年上半期の世界の電力需要は前年比で約2.5%増加したが、化石燃料の発電量が減少したおかげで排出量は約1%減少したと、S&Pグローバル・コモディティ・インサイトは述べている。発電所による石炭消費量は1.2%減少し、ガスはこの間、風力と太陽光発電の出力が17%急増したのに比べ、小幅な減少にとどまった。

燃料使用の減少は、ロシアの侵攻によって世界のエネルギー貿易の流れが寸断された後、各国が供給確保に熱意を注いできたことと相反するものである。その結果、石炭やガスの価格が記録的に上昇し、電力不足に陥っている国や、電力需要がある豊かな国でも需要破壊が起こっている。

S&Pグローバル・コモディティ・インサイトのグローバル電力・再生可能エネルギー担当バイスプレジデントであるXizhou Zhouは、「化石エネルギーの安全保障に焦点を当てた一般的な物語を考えると、排出量の減少は意外に思えるかもしれないが、実際には非常に単純なことである」と述べた。

新エネルギー発電への投資も同じで、新規石炭発電所のシェアは縮小し、自然エネルギーが選ばれている。東南アジアでは、いくつかの石炭発電プロジェクトの中止により、開発中の容量に占める割合は昨年の約27%から10%に減少し、一方で自然エネルギーは49%と2倍以上に増加しているとのことだ。

確かに、ヨーロッパでの石炭燃焼の増加や北米でのガス消費の増加など、化石燃料の使用量が増加している地域もある。また、化石燃料の価格が高止まりしている一方で、これらのエネルギー源が復活しないとも限らない。

世界の石炭消費量の半分以上を占める中国では、水力発電が好調なため、上半期の石炭消費量は減少していた。しかし、7月から8月にかけて長江上流域で歴史的な干ばつが発生し、水力発電が激減して広範囲で停電が発生し、石炭の使用量が増加した。

それでも、中国は世界最大のクリーンエネルギー投資国でもあり、風力・太陽光発電プロジェクトのパイプラインは、2021年7月の約144ギガワットから現在320ギガワットに2倍以上になっているとのことである。

Dan Murtaugh. Russian War Is Actually Reducing Fossil Fuel Use, Study Says.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ