サル痘はどのくらい深刻か?
2022年5月22日(日)、韓国・平沢の烏山基地を出発する前に記者団に話すジョー・バイデン大統領。バイデン氏は日曜日に、世界中で急速に広がっているウイルス感染症であるサル痘について警鐘を鳴らし、汚染された物を扱うのと同じくらい簡単に広がるこの病気は、"誰もが心配すべきもの"だと警告した。(Doug Mills/The New York Times)

サル痘はどのくらい深刻か?

サル痘は天然痘と同じウイルス科に属するが、一般的に症状はかなり軽いとされている。発病した人は、一般的に発熱、頭痛、背中や筋肉の痛み、リンパ節の腫れ、全身倦怠感などを経験する。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Knvul Sheikh]保健当局は、オーストラリア、ベルギー、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、英国、米国など、通常この病気が発生しない国々で出現した100例以上の確定または疑いのある猿痘を追跡している。

22日、ジョー・バイデン大統領は、極めて異例なケースを取り上げ、「もし広まったら結果的に大変なことになるという意味で懸念される」と述べた。

2年以上もパンデミックを経験した後では、新しいウイルスが世界中に広がるというニュースが警戒心を引き起こすのは理解できるが、健康専門家は、サルモドキは、たとえ多くの患者が発見されたとしても、コロナウイルスのようなシナリオを作ることはないだろうと述べている。

「観察が拡大するにつれて、より多くの症例が発見されることは予想される」と、世界保健機関(WHO)のCOVID-19の技術責任者であるマリア・ヴァン・ケルクホフ博士は23日に述べている。

サル痘は新しいウイルスではなく、コロナウイルスと同じように広がるわけでもない。そこで私たちは専門家に、この病原体について、そしてそれが引き起こす病気がCOVID-19とどのように違うのか、より深く理解するために尋ねた。

サル痘はどのように感染するのですか?

サル痘は通常、感染した動物と密接に接触することで感染する。ジョージタウン大学で動物から人へ感染する人獣共通感染症を研究しているエレン・カーリン氏は、「動物に噛まれたり、引っかかれたり、体液や排泄物を介して、あるいは十分に加熱されていない肉を食べることで、感染することがある」と述べている。

1970年に実験用のサルで初めて発見され、それがウイルスの名前の由来となっているが、科学者は、野生でのサル痘の主な媒介者はげっ歯類であると考えている。サル痘は主に中央アフリカと西アフリカ、特に熱帯雨林に近い地域に生息しており、ロープリス、ツリーリス、ガンビアネズミ、ヤマネなどが保菌者であることが確認されている。

しかし、猿痘ウイルスのヒトからヒトへの感染は極めて稀である、とヴァン・ケルクホーブは言う。「感染経路は密接な身体的接触、つまり皮膚と皮膚との接触である。その意味では、COVIDとは全く違う」

WHOによれば、ウイルスは衣類や寝具などの感染物に触れたり共有したり、くしゃみや咳で発生する呼吸器系の飛沫によっても広がる可能性がある。

というのも、パンデミックの初期には、多くの専門家がコロナウイルスは呼吸器系の飛沫や汚染された表面以外ではヒトからヒトへの感染はほとんどないと言っていたからだ。しかし、その後の研究により、コロナウイルスはエアロゾルと呼ばれる微粒子によって拡散し、3メートル以上の距離を移動することが明らかになった。フィラデルフィアのトーマス・ジェファーソン大学のサル痘ウイルスの専門家であるルイス・シガール氏は言う、「しかし、だからといってサル痘ウイルスにも同じことが言えるとは限らない」と。

コロナウイルスは小さな一本鎖のRNAウイルスであり、このことが空気中に浮遊する能力を助けたと思われる。しかし、サル痘ウイルスは二本鎖のDNAでできているため、ウイルス自体がはるかに大きく、重く、遠くまで移動することができない、とシガール氏は言うのである。

どのような症状があり、どの程度悪化するのか?

米国疾病対策予防センター(CDC)によると、サル痘は天然痘と同じウイルス科に属するが、一般的に症状はかなり軽いとされている。平均して、感染してから6~13日以内に症状が現れるが、3週間ほどかかることもある。発病した人は、一般的に発熱、頭痛、背中や筋肉の痛み、リンパ節の腫れ、全身倦怠感などを経験する。

発熱から1~3日後に、サル痘ウイルスに特徴的な痛みを伴う発疹が現れる。発疹は平らな赤い跡から始まり、その後5〜7日間かけて盛り上がり、膿が充満してくる。発疹は顔、手、足、口の中、生殖器などにでき、その後全身に広がっていくる(水疱瘡は似たような発疹を起こしますが、水疱瘡とは無関係の水痘・帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる)。

カナダのサスカチュワン大学ワクチン・感染症研究所のウイルス専門家であるアンジェラ・ラスムセン氏は、「膿疱が2週間から4週間でかさぶたになると、もう感染力はなくなる」と述べている。

子供や免疫不全の人はより重症になる可能性があるが、サル痘が致命的になることは稀である。中央アフリカで発見されたある株は、感染者の10%が死亡する可能性があるが、現在流通しているバージョンのウイルスは、致死率が1%未満であると推定されている。

脅威が高まっていることを心配する必要はあるか?

サル痘ウイルスが進化し、より感染力が強くなったことを示す証拠はまだない、というのが良いニュースだ。サル痘のようなDNAウイルスは一般に非常に安定しており、RNAウイルスに比べると進化が極めて遅いとシガール氏は言う。科学者は最近の症例から得たウイルスの塩基配列を決定し、突然変異の可能性をチェックしており、感染力、重症度、その他の特性が変化したかどうかが間もなくわかるだろう、と彼は言う。「しかし、私の予想では、何ら変わることはないだろうと思う」。

とはいえ、専門家は最近のサル痘患者の増加についていくつかの説明をしている。動物との接触によって人間がウイルスに感染するケース(人獣共通感染症のスピルオーバーとも呼ばれる)は、ここ数十年でより一般的になっていることが研究によって示されている。都市化や森林伐採が進み、人間と野生動物が接触する機会が増えているためだ。コウモリやげっ歯類など、人獣共通感染症のウイルスを運ぶ動物の中には、実際に生息数が増えているものもあれば、都市開発や気候変動によって生息地が拡大したり、適応したりしたものもある。

サル痘の治療法について教えてください

病気になった場合、サル痘の治療は一般的に対症療法になる。シドホビルとテコビリマットという2つの抗ウイルス剤と、もともと天然痘のために開発された静脈内抗体治療が、サル痘の治療にも使用できるかもしれないが、これらは研究室や動物モデルで研究されただけだ。

また、食品医薬品局が2019年に承認した、18歳以上を対象とした、天然痘とサル痘を予防するワクチンもある。しかし、保健当局は、天然痘が米国で根絶された1972年に米国人への定期的なワクチン接種を中止し、天然痘ワクチンや治療薬は現在、主に国家安全保障の目的で備蓄されている。

「過去に散発的に発生した猿痘の流行は、天然痘ワクチン接種プログラムの再開を正当化するほどではなかった」とラスムセン氏は言う。米国や他の国の保健当局は、患者から医療従事者や身近な人へのサル痘の感染を防ぐために、備蓄しているワクチンの一部を「リングワクチネーション」戦略で使用することを検討するかもしれないと、彼女は述べている。

CDCは、新たな発疹が出た場合やサル痘が心配な場合は、医療機関に連絡するよう呼びかけている。同機関は、医師に対して、このような発疹の兆候に注意するよう求めており、猿痘の可能性のある患者を隔離し、医師にフラグを立てるべきだと述べている。また、医師は、ゲイやバイセクシュアルであることを示す男性や、中央・西アフリカ諸国へ最近旅行した患者に限定して心配するべきではない。

Original Article: How Serious Is Monkeypox?

© 2022 The New York Times Company.