スターバックス、労組員以外の従業員に財形貯蓄と融資の特典を提供
2021年1月21日(木)、米カリフォルニア州サンフランシスコにあるスターバックスのコーヒーショップ。

スターバックス、労組員以外の従業員に財形貯蓄と融資の特典を提供

スターバックス・コーポレーションは、米国のバリスタ向けに財形貯蓄や学生ローン債務に関連する特典を導入している。同社によると、組合活動が行われている約300店舗のスタッフには、こうした新しい特典を与えることは認められていない。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)  -- スターバックス・コーポレーションは、米国のバリスタ向けに財形貯蓄や学生ローン債務に関連する特典を導入している。同社によると、組合活動が行われている約300店舗のスタッフには、こうした新しい特典を与えることは認められていない。

シアトルに本社を置くスターバックスは、この新しい特典を9月19日に開始すると月曜日に発表した。財形貯蓄プログラムでは、従業員は税引き後の給与の一部を個人の貯蓄口座に拠出し、会社は節目ごとに25ドル、50ドルを拠出し、一人当たり250ドルを上限とする拠出金を提供する。また、スターバックスの従業員は、返済方法や借り換えについて債務者を支援する新しい学生ローン給付金を利用することができるようになる。

広報担当のレジー・ボージェスによると、米国内に9,000以上の直営店を持つスターバックスは、法的な障害によって、組合活動を行う店舗に一方的にこれらの特典を与えることはできないという。その代わり、団体交渉の場で新たな特典を議論することができるという。

しかし、スターバックスのカフェを労働組合化しようとしている労働団体ワーカーズ・ユナイテッドは、使用者が一方的に組合が他店舗に提供されている福利厚生を延長することについて交渉する権利を無効にしたと主張している。同組合は組合員に福利厚生を受け取るための法的な障害はないとしている。8月には、全国労働関係委員会の調査員が、スターバックスが組合加盟店から新たな給付を差し控えることで労働法に違反したとする訴状を出した。

「スターバックスはあからさまに法律を無視して、焦土作戦のような組合つぶしキャンペーンを続けている」と、ワーカーズ・ユナイテッドは声明で述べている。「スターバックスはブランドとビジネスにダメージを与えるだけでなく、企業としての信用を取り返しのつかないほど傷つけている」

スターバックスは5月3日、バリスタに対するより広範な福利厚生の改善を初めて発表し、病欠を増やす機会、新しい財務安定化プログラム、学生ローンを抱える人を支援するツールなどを含めると述べた。後者の2つの項目は、月曜日の発表で取り上げられたものである。

スターバックスの株価は、ニューヨークの午後3時27分に0.4%上昇し89.04ドルとなった。同株式は今年9月9日までに24%下落し、S&P500指数の15%下落に比べれば、その差は歴然としている。

--Josh Eidelsonの協力によるものです。

Leslie Patton. Starbucks Offers New Savings, Loan Perks for Non-Union Cafes.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ