欧州のエネルギー危機が経済危機に発展するのをどう防ぐか
石炭火力発電所のクーリングタワー。Photographer: Waldo Swiegers/Bloomberg

欧州のエネルギー危機が経済危機に発展するのをどう防ぐか

エコノミスト(英国)
“The

ロシアのガス、フランスの原子力発電、ノルウェーの水力発電の停止が欧州のエネルギー市場に大混乱をもたらす中、価格が超現実的なものになりつつある。天然ガスの指標価格は先週、30%上昇した。昨年の夏、フランスとドイツの電力先渡取引は1メガワット時あたり100ユーロ(約139円)程度で取引された。それが最近になって1,000ユーロを超えるようになった。その後価格は下がったが、ガスはまだ原油1バレル400ドル程度に相当する価格で取引されている。シェルのボスは、この危機はひと冬では済まないと警告している。

家庭や企業の既存のエネルギー契約が終了し、新たな契約が結ばれるにつれ、その痛みは深刻化し、広がっていくでしょう。欧州中央銀行(ECB)がインフレ対策として金利を引き上げているため、経済への圧迫はさらに強まるだろう。多くのエコノミストが今後数カ月で景気後退に陥ると予測しており、単一通貨は対ドルで過去20年間で最低の水準になろうとしている。加盟国間の不穏な動きや軋轢が予想される。

これまでのところ、欧州委員会の対応は十分に野心的とはいえない。最新の案は、発電に使用するガスの価格に上限を設けるというもので、9月9日に開かれる閣僚会議で議論される予定だ。また、欧州委員会は電力市場の見直しを図り、スポット価格がガス火力であることが多い発電コストによって決定されないようにする可能性もある。

価格に上限を設けるというと聞こえはいいが、逆効果になる可能性がある。なぜなら、上限を設定しても、希少なエネルギーに対する需要を抑制することはできないからだ。ある調査によると、スペインで実施された上限設定によって、6月以降、ガス燃料の発電量が42%増加したという。EU全域を対象とした政策では、ガスの需要がさらに高まり、冬に配給制になる可能性が高まるだけだ。現在の制度では、限界費用ゼロに近い価格で発電している一部の再生可能エネルギー企業が利益を上げているのは事実である。もし、ガス価格が何年も高止まりしていたら、このような利益は不当なレントと言えるかもしれない。しかし、同じ価格シグナルが、風が吹いていないときでもガス火力発電所が発電することを保証し、自然エネルギーへの投資を増やす動機付けとなる。

政府は、手を加えるよりもむしろ、2つの大きな課題に集中すべきである。ひとつは、市場メカニズムによる需要抑制を可能にすること、もうひとつは、最も弱い立場の人々を支援することである。国際通貨基金(IMF)によれば、最貧困層の40%の人々にリベートや現金給付を提供する政策の方が、燃料の減税や小売価格の上限を含む現在の政策構成よりも安価になるという。

第二の優先課題は供給量の増加であり、これはプーチンだけの手柄ではない。フランスのマクロン大統領がアルジェリアを訪問したのもこのためである。欧州内では、国境を越えたガスの相互接続が不十分であるなどのボトルネックを緩和することができる。現在、スペインやフランスからドイツや東欧へのガスの流れは、不十分な投資と規格の違いによって妨げられています。EUは、配給が停止された場合、どの利用者が最初に供給を停止されるかを大陸全体で合意する必要がある。そうしないと、各国が供給を買い占める危険性がある。

これにはお金がかかる。今のところ、ユーロ圏で最も負債を抱えるギリシャ、イタリア、スペインは、エネルギーショックを緩和するためにGDPの2〜4%を財政支援に費やしている。幸いなことに、欧州連合(EU)には支援するための資金がある。8,070 億ユーロのパンデミック復興基金が融資と補助金の形で提供されている。しかし、これまでに払い込まれたのは基金の15%にも満たない。エネルギープロジェクトに対する支払いを加速させ、委員会は対象を絞った財政支援のための安価な融資を提供することができるだろう。EUは、パンデミックによる閉鎖の経済的影響に対処するために団結した。エネルギー危機も同様に大胆な対応が必要である。

From "How to prevent Europe’s energy crunch spiralling into an economic crisis", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/leaders/2022/09/01/how-to-prevent-europes-energy-crunch-spiralling-into-an-economic-crisis

©2022 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.