テマセクは慎重な姿勢に転じ市場のさらなる下落を見込む
2022年7月12日(火)、シンガポールで開催された「Temasek Review 2022」の発表会で講演するテマセク・ホールディングスの最高投資責任者(CIO)兼SEアジア責任者のロヒト・シパヒマラニ。テマセクのポートフォリオは年度比5.8%増の2,870億ドルに急増し、2023年に向けて米国の穏やかな景気後退のリスクが高まると見ている。

テマセクは慎重な姿勢に転じ市場のさらなる下落を見込む

テマセクのポートフォリオは会計年度で5.8%増の2870億ドルに急拡大した。 テマセク、2023年に向けて米国が緩やかな景気後退に陥るリスクが高まると判断。「次の下落は、本当に下降する収益で説明されると思う」

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- シンガポールの国有投資家テマセク・ホールディングスは、国内株式の上昇で中国の広範な下落を相殺し5.8%の年度リターンを計上した後、慎重な見通しを採用し、市場の下落がさらに進むと見ていると述べた。

2,870億ドル規模の同社は、先進国市場の景気後退の可能性を考慮し、投資のペースを落とすと述べた。テマセクは、金融引き締めと地政学的な不確実性により、米国が2023年にかけて穏やかに景気後退するリスクが高まったと述べた。一方、中国は2022年の成長率目標5.5%を達成するための「課題」に直面している。

「世界経済は脆弱な状態にある」と、テマセクは火曜日の声明で述べた。「インフレ率の上昇、商品価格の高騰、深刻なサプライチェーンのボトルネックによって、世界市場の断層がさらに露呈している」

テマセクは今年、そしておそらく2023年まで資産の下落が続くと見ており、弱気相場が好転するのは米連邦準備制度理事会(FRB)が引き締めをやめると示したときだと、最高投資責任者のロヒト・シパヒマラニは述べた。

「FRBの現在のスタンスを考えると、それがすぐに起こるとは思えない」とシパヒマラニは記者団に語った。

シパヒマラニは、年次報告書発表後のブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、金利上昇に伴い企業の利益成長が鈍化するため、米国と欧州はさらに下降する可能性があると付け加えた。

「これまでの市場の下落は、主に金利の上昇によって説明されてきた。次の下落は、本当に下降する収益で説明されると思う」

テマセクの3月31日に終了した年度のポートフォリオは、前年の3,810億シンガポールドルから4,030億シンガポールドル(39兆3,000億円)に増加した。この増加分は前年の25%から減少し、10年間の年率換算リターンは7%になった。2022年はニューヨークからシドニーまでの世界市場が苦境に立たされたが、ダメージの多くはテマセクの会計年度が終わった後に起こった。

テマセクは利益を計上|シンガポール株高が中国の急落を打ち消す

テマセクは、公開市場が縮小する中、リターンを高めるために非上場企業への依存を強めている。これらの非上場企業の資産は、前年の45%から52%に増加した。港湾サービス会社のPSAインターナショナル、パビリオン・エナジー、シンガポール・パワーなどを含むこれらの保有資産は、過去10年間で4倍の2,100億シンガポールドルに急増し、年率10%以上のリターンを記録している。

シンガポールの上場企業もテマセクの業績を後押しした。シンガポール電気通信は配当込みで11%、シンガポール最大の銀行であるDBSグループ・ホールディングスは29%のリターンを記録した。

テマセクは国内のポートフォリオでより積極的な役割を果たし、主要な資金調達や買収に資金を提供している。例えば、Keppel Offshore & Marine Ltd.のオイルリグ売却を100%子会社を使って進めることに合意したり、Singapore Airlines Ltd.やSembcorp Marine Ltd.の資金調達に際して重要なサポートを提供したりしている。

テマセクの継続的な成長は、パンデミックの経済的影響を振り払おうとしているシンガポールにとって、国家予算の財源を国有投資家からの資金に大きく依存する重要な時期に来ている。この小さな都市国家にとって、国有投資家からの出資は最大の収入源となっている。

国内投資は、主要株価指数が16%下落した中国での下落を相殺した。テマセクの保有株には、中国工商銀行やアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドが含まれ、年間約50%の急落を記録している。

テマセクの地域別保有株数|中国が下落しシンガポールが上昇

中国は2020年度、テマセクにとって最大の投資先となった。

アリババからライドヘイリングサービスのディディ・グローバルまで、中国のテクノロジー大手への大きな賭けがあったが、規制当局の取り締まりやパンデミックによる経済的ダメージのせいで、その多くがその後不調に陥った。中国は現在、テマセクのポートフォリオの中でシンガポールに次ぐ位置にあり、前年の27%から22%を占めている。

シパヒマラニは、中国は依然として「重要な」市場であり、テマセクは1年間、同国への純投資を行ったと述べた。シパヒマラニは、中国への投資比率を下げたのは、市場の下落が原因であると付け加えた。

「第2四半期は非常に悪かったが、それはおそらく最悪で、成長という点ではここから上向くだろう」と彼はインタビューで語った。「とはいえ、もし米国とヨーロッパで景気後退が起これば、中国にとっても強い逆風になるだろう」

テマセクは今年、検索大手の百度や新東方教育科技集団など、中国のテクノロジー企業数社を売り払った。しかし同社は、5月の時点で今年後半に中国の成長が回復すると予測するなど、公には強気の姿勢を崩していない。同社は、中国で人工知能とディープテックの機会を求めている。

シパヒマラニは、暗号通貨の価格が急落しても、ブロックチェーン・インフラにも可能性を見出している。テマセクは、コンセンシス、バイナンス・アジア、アンバー・グループなど、さまざまなクリプトおよびブロックチェーン・テクノロジー企業を直接または子会社経由で支援している。

「私たちは暗号通貨に焦点を当てるのではなく、基盤となるブロックチェーン技術とその応用に焦点を当てることになるでしょう」と、彼はインタビューで述べている。「ブロックチェーンと連動したアプリケーションはなくならないと考えている」

-- Low De Wei、Haslinda Amin、Anand Menonの協力を得ている。

David Ramli, Joyce Koh. Temasek Turns Cautious on Outlook, Sees More Market Declines.

© 2022 Bloomberg L.P.