8年間の準備期間で鍛え上げられたウクライナ軍の戦闘力
2022年10月4日、ドネツク州ライマン付近の道路で、人員装甲車の上に国旗を掲げるウクライナ兵士たち。Anatolii Stepanov/AFP/Getty Images

8年間の準備期間で鍛え上げられたウクライナ軍の戦闘力

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2014年に無名の軍隊をウクライナに派遣し、最初はクリミア、次にドンバス東部の国境地帯に派遣したとき、彼らはより優れた装備、訓練、組織を持っており、ウクライナを粉砕した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2014年に無名の軍隊をウクライナに派遣し、最初はクリミア、次にドンバス東部の国境地帯に派遣したとき、彼らはより優れた装備、訓練、組織を持っており、ウクライナを粉砕した。

8年後の今、役割は逆転している。その背景には、さまざまな要因がある。同盟国から提供された近代的な武器や訓練、ウクライナ軍の士気の大幅な向上、指揮官の資質、米国からの情報・計画援助、さらにはクレムリンとその将軍たちによる破滅的な戦術的ミスなど、さまざまな要因がある。

しかし、1つだけ突出した原因がある。それは、ソ連をルーツとする2つの軍隊が、全く異なる戦い方を身につけたことだ。

ウクライナ軍は9月に北東部のハリコフからドンバス地方にかけて、わずか数カ月前にはロシアの能力を超えた迅速な作戦を実施することができ、戦場の内外で大きな影響を及ぼしている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン