ヒマラヤの氷河の融解がパキスタンの洪水を悪化させる
8月31日、パキスタンのシンド州、インダスハイウェイ沿いで洪水に見舞われた家屋。Asim Hafeez/Bloomberg

ヒマラヤの氷河の融解がパキスタンの洪水を悪化させる

ヒマラヤ山脈には、北極と南極以外で最大の凍結淡水が保存されているのだ。地球温暖化により、ヒマラヤ山脈の氷河の消失は、科学者が以前考えていたよりもはるかに速く加速しており、数千年にわたって地球の大気と主要な水循環の調整に役立ってきた脆弱なシステムを不安定にしている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 毎年、暖かくなるとインドの科学者チームがヒマラヤ山脈を歩き、インド北部のヒマチャル・プラデーシュ州にあるチョタ・シグリ氷河を研究する。過去10年半の間、彼らは積雪の程度を記録し、空気や土壌の温度をチェックし、氷の表面を観察し、下の川の谷に供給される季節ごとの雪解け水からの流量を測定してきた。

今年は記録的な氷河の融解により、流出測定ステーションはきれいに流されてしまった。

インド工科大学インドール校の氷河学者、モハド・ファルーク・アザム氏は「6月に設置したのですが、8月にはその名残すら見られなくなりました」と言う。「初夏には猛暑が続き、3月と4月の気温は100年ぶりの記録となった。その結果、氷河が溶けてしまったのです。我々のチームは先週氷河に行きましたが、ヒマラヤ山脈で記録的な融解が見られました」。

この夏、地球を襲った未曾有の熱波は、ヨーロッパのアルプスだけでなく、象徴的なヒマラヤ山脈の雪や氷を溶かしている。ヒマラヤ山脈には、北極と南極以外で最大の凍結淡水が保存されているのだ。地球温暖化により、ヒマラヤ山脈の氷河の消失は、科学者が以前考えていたよりもはるかに速く加速しており、数千年にわたって地球の大気と主要な水循環の調整に役立ってきた脆弱なシステムを不安定にしている。

この影響はパキスタンで最も深刻で、洪水は農地や都市を水没させ、3千万人以上に影響を与え、6月以降1千人以上の死者を出している。

パキスタンでは、氷河の融解に加え、温暖化したアラビア海やラニーニャ現象による激しいモンスーンの雨により、パキスタン当局が「気候の大惨事」と呼ぶ事態が発生している。しかし、この大雨はまだ始まりに過ぎない。

極端な洪水はしばしば極端な干ばつにつながる。チベットに始まりパキスタンを流れ、カラチ付近でアラビア海に注ぐインダス川流域は、フランスの2倍の広さがあり、パキスタンの食料の90%が生産されている。流域が洪水に見舞われると、水の多くは土壌に染み込むことなく海へと流れ、逆説的に水不足を引き起こしている。世界銀行の調査によると、2050年までに南アジアの15億〜17億人が水資源の枯渇に直面する可能性があると言われている。

水戦争

パキスタンの洪水が引いた後、その影響は世界経済に長く響き渡り、ブラジルからフランスまで、今年の異常気象で台無しになった収穫物の数々に拍車をかけることになるであろう。 しかし、主要な雪氷圏の崩壊は、海洋の温暖化、海水面の上昇、中国での干ばつの激化など、地球規模の気象パターンの変化にも影響を与えているのである。

ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈には、約55,000の氷河があり、13億人以上の人々が頼る河川系に供給している。そのうちの7,000以上がパキスタン自体にあり、氷と雪が溶けて、溢れ出しやすい高地の湖が何千も形成されているのである。

「科学は、海洋と活発な水循環が相互に関連していることを明確に示しています。なぜ、この2つのシステムが重要なのか?」とハイデラバードのインド経営大学院の研究ディレクター兼教授であるアンジャール・プラカシュは言う。「この2つのシステムが地球の大気を調節しているからだ。地球の気候を調節するシステムは保護されなければならないのだ」

インドの記録的な熱波、パキスタンの洪水、「世界の屋根」での加速する氷河融解は、11月にエジプトで開催されるCOP27の気候交渉の基調を変えるかもしれない。エジプトでは、地球温暖化がナイル川に悪影響を及ぼし、塩分を多く含むデルタ地帯の農民の生活を苦しめている。

温室効果ガス排出量の数パーセントに過ぎない途上国は、地球を犠牲にして100年以上繁栄してきた先進国からの資金拠出を求める主張を展開する。この資金は、貧しい国々に悪影響を及ぼすものを補い、適応するのを助けるためのものである。

パキスタンはその顕著な例です。パキスタンは気候変動に対して世界で8番目に脆弱な国と分類されているが、国際水管理研究所(IWMI)のパキスタン代表であるモシン・ハフィーズによれば、地球温暖化ガスの世界排出量の1%に寄与しているという。

「パキスタンは、気候変動に対処するための能力を構築するために、より警戒し、より多くの対策を講じる必要がある」とハフィーズは述べた。 「しかし、パキスタンは自分たちだけで物事を管理することはできないのです」

洪水や干ばつは古くから人類の文明に影響を与えてきたが、地球が温暖化するにつれ、その頻度と強度が増してきている。

地球が熱くなると、より多くの水が蒸発し、大気中に取り込まれ、干ばつを引き起こし、最後に雨が降れば、激流となる。すでにモンスーンによる豪雨が毎年発生しているパキスタンでは、深刻な洪水がより頻繁に発生するようになることを意味する。米国国立環境情報センター(NCEI)によると、2022年1月から7月までの期間は、143年前からの記録で、地球にとって6番目に暖かい暦年の始まりとなった。

この危機的状況はすでに、パキスタンの債務を免除するよう金融機関に要請している。 洪水以前から、パキスタンは財政的、政治的混乱に悩まされていた。パキスタンは今週、国際通貨基金(IMF)から12億ドルの融資を受け、債務不履行の危機を免れた。

しかし、ミフタ・イスマイル財務大臣によれば、洪水の被害額は100億ドル以上に上り、昨年の国内総生産のほぼ3%に相当する。アーサン・イクバル計画開発改革相によると、渦巻く水は経済を後退させ、最も被害の大きかったシンド州における国の貴重な綿作物の約40%を含む数百万エーカーの農地に影響を及ぼしている。

パキスタンのような発展途上国では、多くの人口と広範囲にわたる貧困が政府の資源を圧迫しており、洪水防御や、乾燥した地域の灌漑のために建設されたダムや運河の老朽化への投資も慢性的に不足したままである。投資不足のため、イスラマバードの両側にあるタルベラ貯水池とマングラ貯水池は、山から流れてくる沈泥で窒息状態になり、洪水を抑え、下流への浸水を防ぐ機能が低下している。

パキスタンは避難民を保護するための援助を受けるかもしれないが、財政的な問題から、そのインフラに投資する資金はあまり残されていない可能性が高い。

パキスタンの大惨事は避けられたかもしれない。デービッド・フィックリング

イスラマバードを拠点とする気候科学者ファハド・サイードは、134の途上国からなるグループ77の議長国として、パキスタンはインドなどとともにCOP27で異常気象による損失と損害について訴求する必要があると指摘している。

今年の洪水は、すべての人に警鐘を鳴らすものだ」とサイードは述べた。「これは、1.1度の上昇がもたらした影響だ。その結果、低・中所得国の許容レベルを超えた気候現象が起きている」。

気候の時計は、最も高い山頂でも時を刻んでいる。ネパールの国際総合山岳開発センターは、2100年までにヒマラヤ山脈の氷の64%が失われるだろうと予測している。

アフガニスタンからミャンマー北部に広がるヒンドゥークシ・ヒマラヤ地域には、エベレストやK2といった象徴的な山々があり、何世代にもわたって探検家や登山家を魅了してきた。しかし、それさえも変わりつつある。

雪と氷は山村を襲い、ホテルを平らにし、この夏、ネパール当局はエベレスト遠征のベースキャンプを急速に薄くなっているクンブ氷河から移動する予定であると発表した。BBCの取材によると、年間を通じて氷がない標高の低い場所に移動させるとのことだ。

「今年の熱波とパキスタンの大洪水は警告だ」と、インドの氷河学者アザムは言った。「これは我々人類が引き返さなければならないポイントなのです」。

--Lin Noueihed、Faseeh Mangi、Ismail Dilawarの協力を得ています。

Archana Chaudhary, Aaron Clark. Melting Himalayan Glaciers Are Making Pakistan’s Floods Worse.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ