デジタル人民元は中国にドル迂回の手段を提供する
2020年11月20日(金)、中国・深センのスーパーマーケット内のセルフチェックアウトカウンターで、E-CNYとも呼ばれるデジタル人民元の看板を掲示。Photographer: Yan Cong/Bloomberg

デジタル人民元は中国にドル迂回の手段を提供する

エコノミスト(英国)
“The

最近の軍事訓練で、中国は「反逆の省」と見なす台湾への侵攻をシミュレートしている。8月にアメリカのナンシー・ペロシ下院議長が台北を訪問して以来、中国のブロガー、評論家、政治家は戦争の話で頭がいっぱいだ。

北京の金融当局も、間違いなく紛争に備えていた。アメリカとその同盟国がロシアの銀行に対して厳しい制裁を課し、そのうちの7行をベルギーに拠点を置く決済用メッセージングネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)から追い出すのを、彼らは落胆して見ていた。中国が台湾に侵攻すれば、同様の措置がとられ、海外での中国の銀行活動は凍結されるかもしれない。台湾をめぐる銃撃戦では、どちらが勝つか誰にも分からない。金融戦争では、アメリカの勝利は確実と思われる。

中国のドル依存は、長い間、北京の不満の種であった。ドルへの依存は、制裁に対する中国の脆弱性を高めるだけでなく、アメリカのマクロ経済的な気まぐれに中国をさらすことになる。多くの政府関係者にとって、世界最大の輸出国であり公的債権者である自国が、世界最大の輸入国であり借り手である米国の通貨にこれほど大きく依存するのは、不自然なことである。この10年以上、中国は人民元を代替通貨として普及させようとしてきた。しかし、その進展は、中国のもう一つの不快感の原因である無秩序な資本移動によって妨げられてきた(図表1参照)。中国は、投機を防ぐために資金の移動を制限しているため、人民元が世界に受け入れられにくいのだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン