習近平氏、プーチン氏と共に世界の舞台に戻り、米国の支配に対抗する
習近平氏。Photographer: Li Xueren/Xinhua/Getty Images

習近平氏、プーチン氏と共に世界の舞台に戻り、米国の支配に対抗する

習近平氏が最後に海外に出てから約1,000日、中国は米国主導の世界秩序の中でますます孤立していることが分かった。習氏は今週、ロシアのプーチン氏とともについに再登場し、実行可能な代替策を示す構想を示している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 習近平氏が最後に海外に出てから約1000日、中国は米国主導の世界秩序の中でますます孤立していることが分かった。習氏は今週、ロシアのプーチン氏とともについに再登場し、実行可能な代替策を示す構想を示している。

クレムリンによれば、習氏とプーチン氏は木曜日に、ロシアがウクライナに侵攻して以来初めて直接会談する予定だ。会談は、中国がウズベキスタンで設立し、インドからイランまでの国々が参加する安全保障フォーラムで行われる。

それに先立ち、習氏は水曜日にカザフスタンに立ち寄り、9年前に習氏の代表的な貿易・インフラ計画である「ベルト・アンド・ロード」を発表する予定だ。この外交政策イニシアチブは、その後、米国とその同盟国である七カ国グループ(G7)の焦点となり、6月には、低所得国が中国の資金に代わるものを得られるよう、6,000億ドルの資金を調達する計画を発表している。

両国の訪問は、中国が米国からの経済的・軍事的圧力の脅威を恐れることなく自国の利益を拡大できる世界という習氏のビジョンを強化するものである。習氏は来月開催される10年に2度の党大会でこのアジェンダを説明し、世界第2位の経済大国のリーダーとしての3期目を確保すると見られている。

調査会社トリビウム・チャイナの共同設立者であるトレイ・マッカーバー氏は、「習氏は世界情勢を、欧米の制度を中心から外し、中国の利益と世界観にとってより好ましいグループと制度を推進する方向に方向転換させようとしている」と指摘する。習氏とプーチン氏の会談は、中国がこの紛争においてロシア側に傾き続けているという非常に明確なシグナルを送るものだ」と、マッカーバー氏は付け加えた。

ロシアが2月にウクライナに侵攻する数週間前に「無制限」の友好を宣言した習氏とプーチン両氏にとって、利害関係が高まっている。プーチン氏はここ数日、ウクライナがロシア軍を押し戻し、広大な土地を奪還するのを見ている。一方、習氏は台湾が米国やその同盟国と関係を高めるのを防ぐため、より強い措置を取るよう圧力を受けている。

貪欲な抑制|習氏はG20首脳の中で最も長い時間、自宅で過ごしていた

中国は今のところ、北京がプーチン氏に外交的支援を提供し、北の隣国との貿易を増やすとしても、米国の制裁対象になるようなこと、ロシアが戦争に勝つのを助けるようなことは避けている。ロシアを支援する中国の関心は、いつか北京に対して使われるかもしれない米国の動きに対抗することに向けられているように見える。

カザフスタンの新聞に掲載された記事で、習氏は、両国は「より公正でより公平な国際秩序を共同で推進する」べきだと述べた。中国の外交官トップである楊潔篪は、今週初めに行われた退任するアンドレイ・デニソフ・ロシア大使との会談で同様の言葉を用いている。

フィンランド銀行移行経済研究所のイッカ・コルホネン研究部長は、「中国は戦時中、ロシアに武器や高度な電子機器を供給することに踏み切らなかった」と指摘する。「少なくとも明白な形では、これらの行為に違反しないように留意しているのだ。

モスクワは、中国の戦争支持を捏造しようとしている。先週は、中国第3位の高官である李璋周氏がロシアの議員に対して、北京の指導者は「ロシアの重要な利益を守るために取られたすべての措置の必要性を完全に理解しており、我々は援助を提供している」と述べたことを引用した声明を発表した。

露国営タス通信によると、ロシアと中国はNATOの拡張とアメリカ主導のキャンペーンに対抗するための努力を強化する、とも李は言った。「我々は彼らの覇権主義や力政策と一緒に戦うだろう」と述べたという。この発言は、中国外務省や国営メディアは報じていない。

プーチン氏は先週、ロシアの港町ウラジオストクで開かれた経済フォーラムで、米国主導の民主主義を攻撃した。このフォーラムには、制裁を受けたミャンマーのクーデター指導者やインドのナレンドラ・モディ首相も参加していた。「西側諸国は、自分たちに有利な昨日の世界秩序を維持しようとし、自分たちで作り上げた悪名高い『ルール』に従って生きることを皆に強要している」とプーチン氏は述べた。

SCOがG7に対抗|中国、インドがグループの台頭を後押し

上海協力機構(SCO)の会合でも、同じような感情が表明されそうだ。9月15、16日にウズベキスタン南東部のサマルカンドで開催される上海協力機構は、世界人口の42%、世界国内総生産の25%を占めるグループである。

シンガポールの南洋理工大学S.ラジャラトナム国際大学院のシニアフェロー、ラファエロ・パントゥッチ氏によれば、習氏がこのフォーラムに参加すれば、インドやトルコなど西側と連携する国々が米国のパワーに代わるという考えを強化することになるという。インドは近年、オーストラリアや日本を含むQuad(クアッド)グループを通じて、米国に接近している。

SCOは実質よりも象徴的なものだが、グループ内の経済的な結びつきは極めて重要である。世界的にインフレが進む中、ロシアはインドなどの加盟国にとって安価なエネルギーの供給源である。

中国とモスクワの貿易関係は、戦後、米国の制裁にもかかわらず拡大した。国際通貨基金(IMF)のデータによると、ロシアの対中輸出は今年1〜5月の間に50%近く急増し、408億ドルに達した。これには、石油とガスの大幅な増加が含まれている。

ロシアの欧州向けガス輸出は依然としてアジア向けを凌駕している|1本のパイプラインが建設されただけで、中国への流量は今のところ西向きの供給のほんの一部に過ぎない。

モスクワ高等経済学校のロシアと中国の関係の専門家であるVasily Kashin氏は、プーチン氏は習氏との会談を利用して、中国との貿易をさらに拡大し、制裁のために西洋製品がないことで残った穴を埋めるために、より多くの産業と技術の輸入を得ることを目指していると述べている。中国の自動車、テレビ、スマートフォンの輸出はすべて、海外ブランドの流出によるロシアの空白を埋めるのに役立っている。

税関のデータによると、中国は国内のエネルギー危機を考慮し、今年ロシアから輸入した石炭のほぼ40%を調達しており、昨年同期の約30%から増加している。また、他のほとんどの輸入国が液化天然ガスを敬遠する中、中国はロシア産の液化天然ガスを高値で買い取っている。8月のLNG出荷量は過去2年間で最高となった(船舶追跡データ参照)。

政治的には、ウズベキスタンとカザフスタンへの訪問は、11月のバリ島での20カ国・地域首脳会議を前に、習氏が国際舞台に復帰するための快適な環境を提供するものでもある。ロンドン大学SOASの中国研究所のスティーブ・ツァン所長によると、習氏はG20会議をコビド封鎖後初の海外訪問とするよりも、「友人やパートナー」との関与を優先させる。

中国と習氏は、今回の訪問で効果的に議題を設定することができる。これは、G20サミットでは確実ではない。「米国や西側諸国との関わりは、同等の重要性とは見なされていない」

--Jing Li、Colum Murphy、Stephen Stapczynski、James Maygerの協力を得ています。

Rebecca Choong Wilkins. Xi Returns to World Stage With Putin to Counter US Dominance.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ