危険なのは米国の産業政策の失敗より成功だ
2023年1月4日(水)、米国ケンタッキー州コヴィントンでのイベントで講演するジョー・バイデン米国大統領。Joshua A. Bickel/Bloomberg

危険なのは米国の産業政策の失敗より成功だ

最も差し迫った懸念は、アメリカの政策が失敗することよりも、国内産業を活性化させることに成功し、そのために分裂した世界をさらに悪化させることかもしれないことである。

エコノミスト(英国)
“The

「自由貿易はほとんど死んでいる」と、TSMCの創業者モリス・チャンは12月に行われた、台湾のチップメーカーがアリゾナに建設した新工場のマイルストーンを祝うイベントで、雰囲気を盛り上げるために宣言した。この発言は、決して常軌を逸していたわけではない。7月には、チップ製造を自国に持ち帰ろうとするアメリカの努力を「無益な運動」と呼んだ。最近まで、世界の豊かな国々の政府は、ほとんど彼の判断に同調していた。しかし、不安定な世界におけるサプライチェーンの安全性に対する懸念が、実験を促している。歴史は、楽観的な見方と同時に、懸念すべき多くの理由を示している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン