テスラ、会社史上初の価格競争で攻守交替
2023年1月13日(金)、米国カリフォルニア州サンタモニカのテスラショールーム。

テスラ、会社史上初の価格競争で攻守交替

テスラが米国と欧州で大幅な値下げを行ったことについては、いくつかの見方がある。懐疑派にとっては、自動車メーカーが注文を集めるのに苦労していたことは明らかだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- テスラが米国と欧州で大幅な値下げを行ったことについては、いくつかの見方がある。

懐疑派にとっては、自動車メーカーが注文を集めるのに苦労していたことは明らかだ。同社は第4四半期に納品した車両よりも34,000台以上多く生産している。これは破滅的な差ではないが、テスラらしくない傾向の一部だ。結局、最高経営責任者のイーロン・マスクは10月に投資家に対して、同社が製造できるすべての自動車を「将来にわたって見通せる限り」販売する見込みであると語ったのだ。

「テスラの最近の値下げは、需要の問題に対応するためだった」とトニ・サッコナーギ、テスラ株の売りを推奨するバーンスタインのアナリストは、火曜日にクライアントにこう書いた。「我々(そして多くの投資家)は値下げを予想していたが、予想以上に大きく、早く来た」

楽観派にとって、マスクは、テスラが無傷で脱出することは考えられないとしても勝つ可能性が高い価格戦争を始めたばかりということになる。

モデルYの価格を20%削減し、モデルSとXの上位バージョンをおよそ2万ドル安くすることは、収益性を圧迫することに議論の余地はないだろう。しかし、テスラは他の電気自動車メーカーを圧倒的に上回っており、中国のBYDを除いて、これほど多くのEVを生産している自動車メーカーはない。

「テスラはGMやフォードを含む他のOEMよりも高いマージンを持っており、さらに価格を下げるクッションとなっている」と、バンクオブアメリカのアナリストで、テスラのEVメーカーの株をホールド水準の格付けをしている、ジョン・マーフィーは火曜日に語った。「ほとんどのOEMは現在、EVで損失を出しており、EVの生産を拡大しようとしている矢先の値下げは、ビジネスをさらに難しくする可能性が高い。OEMは、EVの価格設定が不利になった場合、投資と十分なリターンが得られるかどうかを再評価する必要がある」。

テスラは、およそ15年前に進行しつつあった大不況の中で倒産しそうになった。その後、低金利の時代が長く続き、資本へのアクセスが容易で、競争が少なかったこともあり、同社は成長した。

それが一変した。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げにより借入コストが上昇し、テスラの独壇場ではなくなった。BYDは中国で急成長し、フォルクスワーゲンはヨーロッパでその縄張りを守るために戦い、フォードとゼネラルモーターズは米国で同じことをしている。

昨年、テスラの納車台数が目標に届かなかったことを受け、マスクはテスラを継続的な拡大に向けて位置づけることを決意している。モデル3とYの価格を引き下げることで、インフレ抑制法(IRA)によって導入された新しい米国の税額控除の対象となるモデルが増えることになる。

マスクは先月、Twitter Spacesの会話で、今年は深刻な不況になると予測し、消費者が大きな買い物を控えるようになると警告していた。彼は金利の上昇と需要の減少を「二重の苦しみ」と呼び、テスラは選択に迫られていると述べた。

「その場合、価格を下方修正しなければならない。それとも、もっと低い速度で、あるいは安定的に成長したいのか?」と、マスクは修辞的に問いかけた。「私のバイアスは、会社を危険にさらすことなく、できる限り速く成長しようということです」

そのシナリオでは、テスラのCEOは、キャッシュポジションが健全であることを条件に、不況時の利益は「低めからマイナス」になると述べた。

「長期的にはやはりそれが正しい行動だと思う」とマスクは語った。

Dana Hull. Tesla Is on Both Offense and Defense in Its First-Ever Price War.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

EV