スペインで屋上太陽光発電が本格化  ロシア産ガス離れを後押し
スペイン・トレドで住宅用ソーラーパネル設置の準備をするHolaluz-Clidom SAのエンジニアたち。

スペインで屋上太陽光発電が本格化 ロシア産ガス離れを後押し

スペインで屋根への太陽光発電設備が急増しており、ロシアのウクライナ侵攻を受け、少なくとも欧州の1カ国がガス発電からの移行を加速させられるとの希望が強まっている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) --スペインで屋根への太陽光発電設備が急増しており、ロシアのウクライナ侵攻を受け、少なくとも欧州の1カ国がガス発電からの移行を加速させられるとの希望が強まっている。

スペインの業界団体UNEFによると、個人所有の屋根に設置される太陽光発電の容量は昨年102%増加し、1.2ギガワットに達した。そして、この傾向が続いていることを示す指標もある。

バルセロナを拠点とする電力会社Holaluz-Clidom SA(ホラルス)は、再生可能な電力のみを販売し、ソーラーパネルを設置しているが、今年最初の3カ月は過去最も忙しい四半期だったという。屋上に613基のシステムを追加し、同社のポートフォリオ合計は7,023基となった。昨年、3つの設置会社を買収した後、同社は2024年末までにスペイン全土で5万台の屋根にパネルを設置することを見込んでいる。これは現在スペインの屋根に設置されているパネルの10分の1程度に相当し、ホラルスの試算では平均5キロワットの潜在能力があるとして、総発電容量は250メガワットに達する可能性がある。

5月24日、スペインのトレドに設置されたHolaLuz-Clidom SAの住宅用ソーラーパネル。Emilio Parra Doiztua/Bloomberg

2010年から再生可能エネルギーを販売しているホラルスは、M&Aによって事業の規模を一気に拡大する計画だ。Iberdrola SAなどの大手電力会社や、Powen、Solari Powerなどの専門設置業者も、成長するスペインの屋上太陽光発電市場でより大きなシェアを獲得しようと競い合っている。

UNEFのテクニカルディレクターであるポーラ・サントスは、「屋上太陽光発電のブームの背景には、より有利な新しい規則、高いエネルギー価格、再生可能エネルギーへの注目があります」と述べている。「そして、この傾向は今後も続くと思われる」

ヨーロッパ全域でエネルギー価格が高騰し、スペイン政府が住宅所有者にクリーンな技術への投資を奨励するために新たな財政的インセンティブを提供する中、屋上への設置が急がれている。

ウクライナの戦争は、ヨーロッパにエネルギー源の多様化を迫っている。ロシアは毎年約1,500億立方メートルのガスをパイプラインで欧州に送り、さらに140億から180億立方メートルのLNGを出荷している。

欧州委員会は現在、2030年までに太陽光発電と風力発電の能力を3倍に高め、10年後までに年間1,700億立方メートルのガス消費量を削減できるかどうかを評価している。

また、2022年に屋上の太陽光発電システムを15テラワット時間余分に導入するだけで、EUはさらに年間25億立方メートルのガス消費量を削減できると試算している。クリーンエネルギー研究機関BloombergNEFによると、これは場所によって12ギガワットから15ギガワットに相当するという。

太陽の光が降り注ぐスペインは、ヨーロッパにおける屋根上太陽光発電のリーダーとして当然のように思われるが、他のヨーロッパ諸国に比べて遅れをとっている。業界団体SolarPower Europeによると、スペインは昨年末時点でわずか2.7ギガワットしか設置しておらず、これに対して先行するドイツとイタリアはそれぞれ44ギガワットと17.6ギガワットである。

スペインの屋根上ソーラー設置量は、2018年に政府がいわゆる「太陽税」(ソーラーパネルが稼働したら消費者が国家グリッドにアクセスするために支払わなければならない賦課金)の廃止を決めて以来、ほぼ毎年倍増している。昨年、政府はコビド後のEU復興資金13億ユーロ(14億ドル)を、スペインの家庭における屋上太陽光発電の設置、エネルギー貯蔵、再生可能な暖房システムの増強に充当した。

確かに、屋上太陽光発電は安いアップグレードではあらない。ホラルスによると、平均的なパネル設置費用は「5,000ユーロ以下」であり、それでも住宅所有者が前払いする金額としては高額になる。しかし、バルセロナやマドリードなどの都市では、屋根にパネルを設置すれば、3年間は固定資産税を最大50%オフにしてくれるサービスを提供している。

スペイン・バルセロナのグラシア地区にある集合住宅の屋根に設置されたソーラーパネル。Angel Garcia/Bloomberg

さらに最近では、電気料金の高騰がインセンティブとなっている。スペインの主要消費者団体OCUによると、月々の料金が規定されているスペインの家庭の場合、今年3月の平均料金は約143ユーロであった。これは、昨年の同時期から130%、2月からは33%も跳ね上がった。

数ヶ月前にマドリッドの自宅の屋根にソーラーパネルを設置したカルロス・ガルソンさん(69)は、すでにその効果を享受しているという。「電気代は半分になったが、晴れた日にはハイブリッドカーを充電するのに十分な電力がある」と彼は言う。

スペイン環境移行省は、2030年までにスペインの屋根上太陽光発電の設置容量が14ギガワットに達し、その3分の1以上が住宅に設置されると予想している。

ホラルスのような再生可能エネルギー企業は、さらに野心的な将来像を描いている。同社は、スペインには1,000万戸の住宅の屋根があると推定しており、特定の家庭が実際に必要とする以上の容量を設置し、余剰分を近隣のネットワーク顧客に販売できるようにする計画を示している。

ヨーロッパがロシアからの化石燃料の輸入という政治的・経済的な高値に悩む中、ホラルス社のカルロタ・ピ会長は、地元でエネルギーを調達することが最終的に消費者にとって最もコストの低い選択肢になると述べている。「ゼロキロのエネルギーを生産し、輸送費を削減し、電気をより安く、より持続可能にする最善の方法です」と彼女は言った。

--Laura Millan Lombranaの協力を得ている。

Thomas Gualtieri. Rooftop Solar Takes Off in Spain, Aiding Europe’s Bid to Shun Russian Gas.

© 2022 Bloomberg L.P.