米共和党極右派が激戦州の選挙制度再編成を狙う
2020年の選挙から4日後、フェニックスのアリゾナ州議会議事堂の外で開票に抗議するトランプ氏の支持者たち。Adriana Zehbrauskas for The New York Times.

米共和党極右派が激戦州の選挙制度再編成を狙う

共和党の極右勢力が主要激戦州の選挙制度を再編成する可能性が、かなり現実味を帯びてきた。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Reid J. Epstein and Nick Corasaniti]共和党の極右勢力が主要激戦州の選挙制度を再編成する可能性が、かなり現実味を帯びてきた。

共和党に圧倒的に有利な中間選挙年の半ばが近づくにつれ、同党の有権者は、選挙の管理・認証に関する権限を持つ役職に、2020年の大統領選に関するデマを流し、アメリカの民主主義に不信感を植え付けた数十人の候補者を指名してきたのである。

信頼を回復する唯一の方法は、これらの候補者を選出することだという。

ミシガン、ペンシルバニア、そして今回のネバダでは、共和党の有権者が、ジョー・バイデンの勝利に対する疑念を増幅させたことで政治的台頭を果たした候補者を支持し、知事、州長官、司法長官の選挙で競っている。彼らは、重要なスイングステートで2024年の大統領選挙の運営に大きな影響を与える役職である。

選挙否定派の台頭は、まだまだ終わりそうにない。今月末にコロラド州で、8月初めにアリゾナ州とウィスコンシン州で行われる予備選では、2020年の選挙がドナルド・トランプ前大統領から「盗まれた」という誤った考えに傾倒する候補者に結集しようとする共和党有権者の願望の深さがより明らかになるだろう。

11月に共和党が優勢になると広く予想されていることから、2023年には、選挙結果に影響を及ぼすために影響力を行使することをいとわない極右の議員が新たに生まれ、州議会が連邦選挙に対して歯止めのない力を持つことになる最高裁判決が出る可能性もある。一時期は2020年の結果を正当だと擁護していた共和党の候補者や関係者でさえ、バイデンの勝利は水準に達していたかどうか疑問を持ち始めている。

権威主義に抵抗するための超党派の団体、プロテクト・デモクラシーの顧問であるベン・バーウィックは、「我々は今、危険な場所にいる」と語った。「この国には、選挙があるとき、選挙の敗者は勝者の統治権を認めるという前提を拒否するようになったかなりの派閥がある」

火曜日、ネバダ州共和党は州務長官候補としてジム・マーチャントを選んだ。彼は、2020年の選挙は不正に行われたという主張で団結した、トランプに影響された極右候補者連合の組織者である。ラスベガスの元州議会議員であるマーチャントは、2月の討論会で有権者に対し、「あなたの票は何十年もカウントされていない」と述べた。

11月の投票では、マーチャントは、2020年の結果を覆す取り組みを推進して先月予備選に勝利したペンシルベニア州の共和党知事候補ダグ・マストリアーノ、2020年12月にバイデンの勝利を覆すために訴えたケン・パクストン・テキサス州司法長官、さらにニューメキシコ州など他の州でも同様の考えを持つ人物とともに、投票に参加することになる。

共和党の指名を受けた選挙否定派の数は、全米の議会や州議会の選挙で急速に増えている。ニューヨーク・タイムズの分析によると、2020年の選挙を覆すことに票を投じた議員のうち、少なくとも72人が総選挙に進んでいる。

また、ジョージア、ペンシルベニア、ノースカロライナ、テキサスの4州では、すでに予備選が行われ、2020年選挙を覆す、あるいは弱体化させる具体策をとった州議会議員157人が11月の投票に臨むことになる。

こうした予備選の結果は、1月6日の国会議事堂襲撃事件に関する下院特別委員会の公聴会で、大統領自身を除くトランプ軌道上のほぼすべての幹部が、トランプの主張にもかかわらずバイデンが当選したと信じていたことが明らかになったことを受けてのものだ。

それでも、前大統領の嘘は彼の信奉者たちによって採用され、進められ、1年半近く経った今も、この国の民主主義秩序を揺るがす脅威となっている。

選挙を否定する多くの候補者にとって、勝利は約束されたものではない。マストリアーノのように最も著名な候補者の中には、厳しい総選挙キャンペーンに直面している者もおり、その成功は、個人の資金調達ネットワーク、経済の健全性、選挙管理とは関係のない政策論争などの要因に左右されるかもしれない。

また、有権者は選挙を主軸とする候補者を受け入れることに躊躇することもある。ジョージア州のブライアン・ケンプ知事は、デイビッド・パデュー前上院議員の2020年を見据えた挑戦を一蹴し、同州のブラッド・ラフェンスパーガー州務長官も、トランプが支援するライバルを手堅く打ち負かした。

それでも、予備選に次ぐ予備選で選挙否定派が台頭し、2020年選挙に関するトランプの虚言が共和党支持層の中に深く浸透していることを示唆している。

火曜日、ラスベガスの臨時投票所に入るのを待つ有権者。Bridget Bennett for The New York Times

2022年のいくつかの重要なレースには、2024年の展望が漂っている。民主党の大統領候補者(バイデンは公約通り再出馬した場合)が、特定の州での勝利が認定されるかどうかという未解決の問題に直面することになるかもしれないのである。

いくつかの激戦州では、バイデンの2020年の勝利を認定しないとしてきた共和党員が、選挙と選挙人団の代表者指名を監督する立場にある知事や州務長官から立候補している。

特に州務長官選挙は、かつてはほとんどの州で選挙の最高責任者を選ぶコンテストとしてあまり注目されていなかったが、非常に注目され、政治的に重要視されるようになった。

「『ああ、早く新聞の一面を飾りたい』と言っている有能な選管は一人もいない」と語った。と、コロラド州の州務長官選挙に立候補している共和党のパム・アンダーソンは言う。「通常、それは本当に悪いことなのだ」

アンダーソンは共和党の予備選挙で、メサ郡の事務官であるティナ・ピーターズに対抗して出馬しているが、彼女は2020年の選挙後に選挙用機器を細工したという疑惑に関連して起訴されている。ピーターズは、(トランプ氏の別邸がある)マー・ア・ラゴでのドキュメンタリー上映会でレッドカーペットを歩き、全米の共和党イベントで講演するなど、極右層にとってのヒーローのような存在になっている。

2020年の虚偽を宣伝することは、ミシガン州の党大会で最多の代議員を獲得し、共和党の指名候補となりそうなクリスティナ・カラモのように、選挙管理の経験がない国務長官候補の見込みも強めている。

トランプ元顧問のスティーブ・バノンとの月曜日のポッドキャストインタビューで、カラモはミシガン州で「盗まれた」2020年選挙について一連の虚偽の申し立てを行った。同じくポッドキャストに出演したアリゾナ州の共和党有力州務長官候補、マーク・フィンチェムは、選挙は「いろいろな方法で盗まれている」と述べた。

11月に「成功しなければ」、カラモはバノンに 「国を失うことになる」と語った。

カラモはメッセージに応答しなかった。フィンチェムの携帯電話には、運転中であり、「電話で話すべきでないかもしれない」と話し、電話を切った。彼はさらにコメントを求めたが応じなかった。

反民主主義的な立場を標榜する候補者に対する不安が、民主党の有権者を動かしているところもあるが、世論調査によると、両党の多くの有権者はインフレやガソリン価格といった経済問題のほうに注目しているようである。

ニューメキシコ州で民主党の州務長官を務めるマギー・トゥルーズ・オリバーは、この地位を民主党の支配下に置くために再選の出馬をしたと述べ、彼女の共和党の対立候補であるオードリー・トルヒーヨは2020年の選挙を「クーデター」と呼んでいるが、国レベルではこの脅威が完全には実現されていないと危惧しているという。

「2022年には、少なくとも1人、いやもっと多くの選挙否定派がこれらのオフィスに台頭してくるでしょう」と彼女はインタビューに答えました。「そして、その一人一人に恐怖と懸念を抱く必要があると思う」

Original Article: Far-Right Republicans Press Closer to Power Over Future Elections

© 2022 The New York Times Company