アルゼンチンの中国製原発が燃料製造をめぐり足踏み
アルゼンチンの小型モジュール炉「カレム」用に設計された低濃縮ウラン燃料集合体のプロトタイプ。出典:アルゼンチン国立原子力委員会

アルゼンチンの中国製原発が燃料製造をめぐり足踏み

中国がブエノスアイレス郊外に80億ドルの原子力発電所を建設し、大部分を融資すると発表してから数カ月、この取引は、アルゼンチンの技術者に原子炉燃料の国内製造を許可するよう要求することで足踏み状態だ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国がブエノスアイレス郊外に80億ドルの原子力発電所を建設し、大部分を融資すると発表してから数カ月、この取引は、アルゼンチンの技術者に原子炉燃料の国内製造を許可するよう要求することで足踏み状態だ。

中国の原子炉「華竜1号」の燃料製造許可を得た最初の国になることは、アルゼンチンの原子力計画を大きく前進させるだろう。また、米国の原子力メーカーが切り開いた商業的な道筋にならい、中国が貿易相手国に技術を供与する意思があることを示すことにもなる。

アルゼンチン国立原子力委員会のアドリアナ・セルキス委員長はインタビューで、「燃料製造の知識を移転するための最良の条件を確立しようとしている」と述べた。「我々にとって商業的なバランスは非常に重要だ。また、私たちとの取引は中国にとっても勝利であり、より多くの可能性を開くものだと理解してほしいと思っています」

アルゼンチン原子力委員会のアドリアナ・セルキス委員長は、中国との間で、核燃料製造技術の国内製造への移転交渉を主導している。出典:アルゼンチン国家原子力委員会

燃料技術のライセンス供与は、調達の選択肢を増やすことで、中国が海外でより多くの原子炉を販売するのに役立つと彼女は言い、「私たちはヨーロッパで何が起こっているかに注目しています」と付け加えた。

核燃料製造の多様化は、ロシアのウクライナ戦争をきっかけに、大きな関心事となっている。東欧の1億人以上が旧ソ連の原子炉による原子力発電に依存しており、その燃料供給はほぼ完全に露国営原子力企業ロスアトムが独占している。ウクライナは依然としてロシアの燃料に依存しており、クレムリンに支配された供給元から完全に切り離すには何年もかかるだろう。

セルキスは、9月26日の国際原子力機関(IAEA)総会のためウィーンに移動し、中国や世界各国の高官と会談する予定である。気候変動や電力料金の高騰により、ゼロエミッションの原子力エネルギーがもたらす解決策に注目が集まっている。

アルゼンチンの技術者たちは、中国の山東省泰安市にある研究用原子炉の改修を含む正式な合意に向けて、何カ月も前から中国の関係者たちと協力してきた。

原子力事業者Nucleoelectricaのプレジデントホセ・ルイス・アントゥニェスは今年初め、Dialogo Chinoのインタビューで、「これは相互信頼を得るための方法です」と述べた。北京からアルゼンチンに濃縮ウランを供給し、中国の監督の下、コヌアで原子炉燃料に転換する、といったシナリオも検討されている。

核燃料はガスや石炭とは異なり、安全基準に適合した精密な組み立てが必要である。カーネギー国際平和財団のマーク・ヒブスによれば、この技術を他国と共有することで、中国は原子力市場でますます大きな役割を果たすようになるという。

ベルリンに拠点を置くこのアナリストは、「北京は、中国の原子力企業がビジネスを行う場所で戦略的な影響力を得ることになるだろう」と述べた。「原子力機器、技術、材料の輸出における中国の成功は、中国の原子力パートナーやクライアントの外交、エネルギー、技術政策に影響力を広げるという米国の成功を中国が再現する道を開くだろう」。

北京とブエノスアイレス間の原子力協力の拡大は、アルゼンチンのインフラへの数十億ドル相当の中国の投資に続くものであり、ワシントンでは警鐘が鳴らされている。アルゼンチンのメディアは、国務省当局者が4月にブエノスアイレスで開かれた会議で、「華竜1号」の安全システムが国際的な安全基準を満たしていない可能性があると相手側に警告したと報じた。

アルゼンチンへの米国派遣団を率いたアン・ガンザー核不拡散政策担当次官補はコメントを控えた。

この協定により、アルゼンチンは、米国やヨーロッパが提供できる同様の技術に支払われる価格の何分の一かで、新しい原子炉を手に入れることができる。この協定はまた、国際市場におけるアルゼンチンの役割を拡大する可能性を開く。アルゼンチンはすでにオーストラリア、アルジェリア、オランダ、サウジアラビアに研究用原子炉を供給しているトップサプライヤーである。

アルゼンチンは2025年以降に小型モジュール炉(SMR)の販売を開始したいと考えており、中国との契約はその助けとなる。アルゼンチンの軽水炉Caremは、中国の「華竜1号」で必要とされる低濃縮ウランで運転される技術だ。ブエノスアイレスはインドネシアにSMR 「カレム 25」を供給するために交渉中である。

ブエノスアイレスは、インドネシアにカレムの原子炉を供給するための協議を進めている。「このような燃料能力の構築を続けることが重要だ」とセルキは言う。「カレムの将来にとって重要なことだ」。

民間の研究機関であるアルゼンチン外交評議会は、同国の原子力計画における戦略的優先事項のトップに、燃料製造能力を挙げている。昨年末に発表された評議会の報告書によると、「核燃料の開発と製造」を含む「原子炉、加速器、核燃料サイクルの開発を目指した技術革新」が重要であるという。

セルキは、「アルゼンチンは貧しい国が直面する資金調達の問題に直面しているが、70年以上にわたる原子力科学の進歩は、しばしば豊かな経済国のそれを上回っている」と述べた。中国との交渉では、アルゼンチンの能力を伝えることが最大の課題の一つだった。

「対等な立場であると主張しているわけではない」とセルキは言う。「世界有数の経済大国を相手にする小さな経済国なのです。それでも、基本的なことを教えてもらう必要はないのです」

--Jonathan Gilbertの協力を得ています。

Jonathan Tirone. China Nuclear Deal Held Up Over Argentina’s Reactor Fuel Demand.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ