バイデンはサウジアラビアを無視できなくなった

サウジアラビアは、絶望的なバイデンにとって、無視するには大きすぎることが証明された。大統領は人権問題でサウジアラビアを排斥しようとした。それは原油価格が米国経済に打撃を与える前の話である。

バイデンはサウジアラビアを無視できなくなった
サウジアラビア・ルブアルハリ砂漠にあるサウジアラムコのシェイバ油田の石油処理施設にて、煙突から燃える炎。Simon Dawson/Bloomberg

(ブルームバーグ) – ジョー・バイデンは、米国とサウジアラビアの関係を「方向転換」すると約束したが、同国の人権記録に関して同が敬遠した人物が、その方向性を決定する可能性はまだある。

ロシアのウクライナ侵攻によってエネルギー市場が動揺する中、高騰する価格に対抗しプーチンを孤立させるために支援を求める米国大統領にとって、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子がもはや避けて通れない存在であることは数カ月前に明らかになった。

金曜日にバイデンは、彼が「亡国」にしたかった国に着陸する。この訪問は、ここ数十年で最も緊張した同盟関係を修復することを目的とした、主要な特使による数ヶ月間のシャトル外交の後に行われる。しかし、バイデンのジッダ到着は、アメリカの影響力を示すというよりも、エネルギーコストの高騰がアメリカ経済を直撃する一方で、サウジアラビアが原油販売で1日10億ドルを稼ぐという力学の転換を浮き彫りにしている。

モハメド王子は2018年のワシントン・ポストのコラムニストで評論家のジャマル・カショギの殺害事件後、米国と欧州で悪者にされ、バイデンの側近は人権が彼の最初の中東訪問の議題になっていると述べている。

バイデンは7月9日付のワシントン・ポストの論説で、安全保障に焦点を当て、政権がサウジアラビアに対して「受け継いだ白紙委任政策を覆した」と述べている。「当初から、私の目的は80年にわたる戦略的パートナーである国との関係を再構築することであったが、断ち切ることではなかった」と書いている。

ジョー・バイデン、ワシントンD.C.のホワイトハウス。Al Drago/Bloomberg

79歳のバイデンは、36歳のムハンマド皇太子の2倍以上の年齢である。しかし、この2人の関係は、どんなに厄介であっても、バイデンの政治的運勢にとって今や極めて重要なものとなり得る。そして問題は、バイデンの手腕が弱いことである。

6月2日の石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国の会合で、OPECは数ヶ月にわたる協議と、皇太子とバイデンの写真撮影の機会を得て、追加燃料を絞り出した。しかし、米国のガソリンスタンドに変化をもたらすには十分ではなく、米国はさらなる追加を望んでいる。

サウジアラビア政府関係者によると、今回の訪問で最も重要な要素は、過去に一線を引いて前に進むという象徴的なものであり、安全保障、エネルギー、ロシアに関するより広い合意にはもっと時間がかかるという。

リヤド政府のある顧問は、サルマン国王とムハンマド皇太子は、単に米国がこの地域への安全保障の約束を再確認することを望んでいるだけだと述べた。彼らは、イラン核合意を復活させようとするバイデンの取り組みが、サウジの石油施設を攻撃しているイエメンのフーシ派などの民兵に使うための石油収入をライバルに与えることを心配しているのだ。

観測筋の間では、またもや形だけの増産が予想されているが、市場に大きな影響を与えるようなことはないだろう。湾岸諸国の政府関係者はまた、今回の訪問がイスラエルとの差し迫った外交正常化への道を開くとは考えにくいと語ったが、両国の安全保障協力の深化など、より段階的なステップが実現する可能性はあるという。

ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で中東プログラムを担当するジョン・アルターマンは、「サウジは米国にとって重要であることを証明したいのであり、それを得るつもりだろう。大統領と皇太子が同じフレームに収まった画像は、今後何年にもわたって流通することになる」と述べた。

バイデン大統領は、ロシアの戦争が各国経済に波及する中で、世界の指導者たちが歩んできた道を歩むことになる。しかし、ムハンマド皇太子にとっては、バイデンこそが真のクーデターであり、国内の社会的・経済的改革で権力を固めた後に国際舞台で更生するチャンスなのである。

サウジアラビアの政府寄りの論説やソーシャルメディアのインフルエンサーは、バイデンの訪問を、ムハンマド皇太子の独裁的な王室の勝利と、化石燃料に依存する世界における王国の関連性であると描いている。バイデンをあざ笑うミームを共有し、大統領が王子に会うかどうかについての政権の迷走を揶揄するものもいた。

一方、による反対意見の弾圧に反対する人々は、バイデンの訪問を裏切り行為と見なした。サウジアラビアから亡命した活動家アブドゥラ・アラウドは、今回の訪問を「世界中の独裁者が米国を脅迫するためのライセンス付与」と呼んだ。

旧来のサウジアラビアが慎重で米国に融和的だったのに対し、ムハンマド皇太子は戦争や外交においてより積極的で、批評家は無謀だと言うだろう、ロシアや中国との関係によりオープンで、ホワイトハウスに立ち向かい、承認とまではいかないまでも尊敬を要求することが証明されたのである。

カーネギー国際平和財団の中東プログラム非常勤研究員であるヤスミン・ファロークは、最近のアメリカ政権はサウジアラビアの政治的計算がいかに変化したかを認識していない、と指摘する。

「彼らは、現在のサウジアラビアを以前のサウジアラビアと同じように扱い、それでも自分たちの望むものを手に入れられると考えているのだ。今日、あなたが相手にしているのは、自分には何も借りがないと思っている国なのだ」。

追い風|石油の輸出で毎日約10億ドル儲けている王国

確かに、第二次世界大戦後に築かれた石油と安全保障に基づく同盟は、その様相を変えてきた。9月11日のサウジアラビアによるテロ攻撃を生き延び、ドナルド・トランプ大統領の下で強化された。

大統領就任の宣誓をしたわずか数日後、バイデンは米国がサウジのイエメンでの活動に対する武器売却を打ち切り、イランが支援するフーシをテロ組織に指定する決定を覆す予定であると発表した。

その直後、ホワイトハウスの側近は、バイデンが「カウンターパート」のサルマン国王と直接話し、皇太子との話し合いは閣僚や上級補佐官に任せると述べた。

この取り組みは、イスタンブールのサウジ領事館でのカショギ殺害事件に対するムハンマド皇太子の否認と、トランプ政権からの象徴的な離脱の両方を意図していると関係者は述べた。トランプの娘婿で顧問のジャレッド・クシュナーは、皇太子とWhatsAppで定期的にチャットし、外交儀礼を回避して、退任後に20億ドルのサウジの投資を確保した。

ロシアがウクライナ国境付近に軍を集結させたことで、その見方が変わり始めた。米国政府関係者が攻撃に備える中、国家安全保障会議の中東調整官であるブレット・マクガークと国務省のグローバルエネルギー安全保障担当上級顧問であるアモス・ホクスタインは、エネルギーの懸念について話し合うためにリヤドに派遣された。

2月にロシアが侵攻し、原油価格が高騰したため、再び派遣されたが、サウジは石油危機への対応にほとんど力を入れなかった。この問題に詳しい3人の関係者によると、ホワイトハウス内でバイデンとサウジ指導部の和解の可能性について協議が強まった。また側近は、もしムハンマド皇太子がサウジアラビアを代表して国際フォーラムに出席するならば、バイデンは会談に反対しないだろうと公言していた。

そこで注目されたのが、皇太子と大統領としての握手を交わすことができる直接の連絡役である。4月下旬、バイデンはイスラエルからの招待を受け、サウジアラビアへの訪問を視野に入れた地域訪問を行った。5月になると、皇太子の弟であるハリド・ビン・サルマンがワシントンを訪れ、ジェイク・サリバン米国国家安全保障顧問やホッホスタインらと会談した。

バイデンが特にムハンマド皇太子との会談を望んでいるわけではないと主張できるように、サウジ主催のアラブの同盟国首脳会談を軸に計画がまとまった。6月にOPEC+が日量648,000バレルの追加注入を決定するまで、側近は詳細を固めず、バイデンの最初の訪問先をサウジアラビアではなくイスラエルとする旅程を決定した。

バイデンにとってのリスクは、何も得られないまま帰ってくることであり、一方、リセットすることは、サウジ政策の失敗を認め、人権に関する原則的な立場とクリーンエネルギーへの軸足を求める多くの民主党議員を失望させることでもある。これは、民主党が議会の主導権を失いかねない11月の選挙を前にした話である。

--Annmarie HordernとJenny Leonardの協力を得ています。

Vivian Nereim, Justin Sink, Ben Bartenstein. Saudi Arabia Proves Too Big to Snub for a Desperate Biden.

© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)