中国の住宅販売、底値圏で苦境継続
2021年1月6日木曜日、中国・北京にある中国長安集団の開発建設現場で、未完成のアパートメントビル。Photographer: Andrea Verdelli/Bloomberg

中国の住宅販売、底値圏で苦境継続

中国の住宅販売、底打ち後も苦難続く。中国のデベロッパーは今年、海外債券のデフォルトを記録しており、そのリスクは今や国内市場にも波及している。ロックダウンのリスクにより、国の経済回復は依然として不透明である。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国の不動産不振は最悪期を脱したとみられるが、市場の完全回復にはまだ距離がある。

業界幹部やエコノミストは、雇用市場の低迷、長引く資金難、住宅価格に対する信頼感の低さなどから、販売は引き続き落ち込むとみている。不動産と関連産業が国内総生産の約20%を占める世界第2位の経済大国である中国の成長に打撃を与える可能性がある。

中国不動産情報公社によると、中国最大の住宅開発会社の6月の売上高は前年同月比43%減で、前月の59%減を下回った。CRICの週次販売データによると、中国南部の深センや広州など一部の主要都市では、6月末に前年同月比の伸びを発生させた。

6月の住宅需要は回復傾向|しかし、まだ昨年を大きく下回っている

中国第2位の不動産デベロッパー、万科企業の責任者であるユー・リャンは先週、市場は「底を打った」が、回復は遅いと述べた。不動産開発会社は通常、6月に中間決算を発表するため、販売を急ぐが、この回復は季節的な要因によるものだという。

中国の土地取引は6月に前月比で増加した。中国証券報によると、300都市からの競売による土地の販売は、6月には45%増の1億2,000万平方メートルに達した。中核都市が開催した最初の2回の競売では、申し込み不足が少なく、住宅市場が回復していることを示す結果となった。

コロナ規制の緩和も後押ししている。CRICのデータによると、トップデベロッパーによる6月の住宅販売は5月から61%増加した。それでも、2020年のロックダウン解除後の増加ペースの半分以下である。

このようなデータは、「2020年のようなV字回復ではなく、穏やかな回復」を示唆していると、バークレイズの香港ベースのクレジットアナリスト、ウィルソン・ホーは月曜日のノートで書いている。また、小規模都市での販売は、大規模都市と比較して弱い、と彼は付け加えた。そのため、一部の地方都市では、ここ数カ月、ニンニクや小麦、スイカなどを住宅保証金として受け入れるデベロッパーも出てきている。

公式データによると、住宅販売は11ヶ月連続で前年同月比を下回っており、これは中国が1990年代後半に民間不動産市場を創設して以来、最も長い低迷期間となっている。昨年末の業績があまりに低迷していたこともあり、今年最終四半期に売上がプラスに転じると予想するエコノミストもいる。

稀な落ち込み|今年の中国の新築住宅部門の落ち込み予想は、中国としては稀なことだ

とはいえ、この部門は依然として大きな課題に直面している。今週、高級住宅メーカーの島尾グループ・ホールディングスが10億ドルの海外債券をデフォルトしたことは、広がる流動性危機の深刻さを浮き彫りにした。また、数百万平方フィートのマンションが未完成のまま放置される可能性があり、住宅購入者を遠ざけているリスクを強調している。公式データによると、開発業者の不動産プロジェクトの完成度は5月にさらに落ち込んだ。

中国のデベロッパーは今年、海外債券のデフォルトを記録しており、そのリスクは今や国内市場にも波及している。ロックダウンのリスクにより、国の経済回復は依然として不透明である。

野村ホールディングスのエコノミストは、「北京は感染力の強いオミクロンを排除しようとする姿勢を崩していないので、不動産セクターの回復への道はかなり険しいだろう」とメモに書いている。

住宅ローン金利は、以前の景気後退の後に見られたレベルよりも高いままだ。しかし政府関係者は、不動産を景気刺激策に使わないという方針を堅持する意向を示している。

悲観的になる|中国の家計は住宅価格の横ばいまたは下落を予想する傾向が強まる

通年では、ムーディーズとS&Pグローバルはともに15%以上の下落を予測している。

「不動産業界の下落を10%から20%に抑えるのは難しい」と、住宅省の元官僚で、現在は国家的な支援を受ける中国不動産協会の代表を務めるフェン・ジュンは、6月29日に北京で開かれた会議で警告を発した。

—取材協力:James Mayger

Bloomberg News. China’s Housing Pain Set to Continue After Sales Bottom

© 2022 Bloomberg L.P.