過熱するAI研究所の競争:ChatGPTだけがゲームではない
Photo by DeepMind

過熱するAI研究所の競争:ChatGPTだけがゲームではない

エコノミスト(英国)
“The

新しいテクノロジーは、しばしば世界中の人々の想像力をかきたてる。シリコンバレーやウォール街、世界中の企業のオフィスやニュースルーム、教室で交わされる会話から判断すると、最新の例はChatGPTである。OpenAIという新興企業が作った人工知能チャットボットは、11月の発表からわずか5日で100万人のユーザーを集め、史上最速の消費財の発売となった。

Microsoftは、OpenAIに100億ドルを投資したばかりで、人間が作ったかのようなテキスト、画像、音楽、動画を生成するChatGPTのような力を、同社が販売するソフトウェアの多くに浸透させたいと考えている。

Googleは1月26日、楽曲のテキスト記述から新しい音楽を作り出すことができる同様のモデルを説明する論文を発表した。親会社のAlphabetが2月2日に発表する四半期決算では、投資家はChatGPTに対する同社の回答に耳を傾けることになる。1月29日のブルームバーグは、中国の検索大手バイドゥが3月にも自社の検索エンジンにチャットボットを組み入れようとしていると報じている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン