アリババ、明日の決算で業績悪化を報告する可能性がある
Image via Alibaba

アリババ、明日の決算で業績悪化を報告する可能性がある

【ブルームバーグ】中国の電子商取引大手の米国預託証券(ADR)は、24日に推定60%の四半期利益減少を報告した後、約7%の変動をする可能性がある、とブルームバーグは予測している。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】アリババ・グループ・ホールディングは、投資家が業績の落ち込みとさらなる規制当局の監視に備えているため、オプション価格が株価の大変動を示唆しており、今後数日間は荒っぽい動きに直面することになるだろう。

ブルームバーグのデータによると、中国の電子商取引大手の米国預託証券(ADR)は、24日に推定60%の四半期利益減少を報告した後、約7%の変動をする可能性がある。これはアリババにとって、11月の収益未達による11%の低迷に続いて、2015年以来2番目に急激な収益反応となる。

アリババに対する投資家のセンチメントはますます脆弱になっており、北京は国内最大の国有企業や銀行に対し、アントグループへの財務エクスポージャーやその他の関連性について新たなチェックを開始するよう指示したと、ブルームバーグが月曜日に報じた。アリババはアントの3分の1を所有している。

ブルームバーグのデータによると、12月までの3ヵ月間の利益が減少した場合、アリババは3年連続の減益となり、2015年以降では最長の減益期間になる。

アリババが3分の1の株式を保有するアント・グループが、北京の民間企業に対する取り締まりの中で新規株式公開の中止を余儀なくされたため、同社の米国上場株式は2020年10月のピーク時から64%下落している。水曜日には、アリババの香港上場株式は1.4%も上昇し、3日連続の下落を止める勢いだった。

この予想変動率は、決算日に最も近い2つのオプション市場の期限を用いたインプライド・ワン・デイ・ボラティリティに基づいている。

中国のテクノロジー関連株は、北京の規制計画に対する懸念から、3日連続で下落した。ハンセン・テック・インデックスは1.9%下落し、2020年の設立以来の最安値を記録し、アリババが最大の敗北者になった。

Jeanny Yu. Alibaba Faces Volatile Reaction to Earnings as Woes Mount. © 2022 Bloomberg L.P.