FRBがデジタル人民元を真剣に受け止めるべき理由―Andy Mukherjee
中国・北京のスナックショップに表示されたアントグループのアリペイとテンセントホールディングスのWeChat Payのデジタル決済サービス用QRコード。

FRBがデジタル人民元を真剣に受け止めるべき理由―Andy Mukherjee

米連邦準備制度理事会(FRB)が、ドルの覇権に挑戦する中国の意思をまだ証明したいと思うなら、現在香港で行われている小さな実験に注目すべきだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 米連邦準備制度理事会(FRB)が、ドルの覇権に挑戦する中国の意思をまだ証明したいと思うなら、現在香港で行われている小さな実験に注目すべきだろう。

先週、香港の大手預金取扱金融機関の一つである中国銀行(香港)は、中国の公式貨幣の電子版であるデジタル人民元(e-CNY)に関連した500のトライアル口座を提供したが、2日で完売してしまった。顧客にはそれぞれ100元がデジタル形式で贈られ、本土の店舗、JD.comのウェブサイト、香港のスーパーマーケットチェーンで使うことができる。この控えめなデビューは、北京の決意を浮き彫りにしている。人民元が国内での決済手段になる前に、当局が別の市場でその機能を試しているのだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン