サウジのEV用電池投資は台風の目になる - Anjani Trivedi
サウジが6割超の株式を保有するルーシッド・モーターのEV。出典:Lucid motors

サウジのEV用電池投資は台風の目になる - Anjani Trivedi

世界の石油資本は、電気自動車(EV)とクリーン燃料の普及を望んでいる。電池に不可欠な鉱物を手に入れ、EVのサプライチェーンに関与しようとしている。サウジアラビアはその代表格だ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 世界の石油資本は、電気自動車(EV)とクリーン燃料の普及を望んでいる。そのために、電池に不可欠な鉱物を手に入れ、EVのサプライチェーンに関与しようとしている。そのため、野心的な計画を発表しても、それを実現するための努力を怠りがちな国や企業は、厳戒態勢を敷く必要がある。

リチウム不足が叫ばれ、企業は製造規模を拡大するために法外に高価な資源を確保しようとしているが、サウジアラビアはリチウム鉱山業者と電池メーカーを誘致して事業を立ち上げ、重要なギャップを埋めている。サウジアラビアは、10年後までに首都の道路を走る車の30%をEVにすることを望んでいる。

オーストラリアの電池用化学品・技術企業であるEV Metals Groupは、電池の主要化合物である水酸化リチウム一水和物の処理工場の開発を開始し、同国での計画を深化させると発表した。同社は過去2年間、パートナー企業と共同でフィージビリティスタディを行ってきたが、今回の施設では、EVメーカーが手に入れようとしている重要部品である車載電池の正極材用の高級化学品を生産する予定だ。また、オーストラリアのAvass Groupは、2月に同国とEVとリチウム電池を共同製造する契約を締結したと発表している。

サウジアラビアの産業鉱物資源省は、こうした約束に加え、自国の鉱業界を強化するための大規模な推進の一環として、60億ドルのプロジェクトを発表している。また、外国企業による約150件の探鉱ライセンス申請も処理中だ。政府は、政府系ファンドが出資するEVメーカー、ルーシッド・グループから10年間で10万台ものEVを購入する契約に調印した。今後10年半の間に工場を設立するために、30億ドル以上の融資とインセンティブを充当する予定だ。iPhoneの組み立て最大手の鴻海は、チップとEV部品を製造できる90億ドルの施設の設立を交渉していた。

国内に製造・加工施設を作るというのは、抜け目のない先見の明がある。最終的にコストダウンにつながるだけでなく、もっと早く、もっと重要なことは、この国が世界のEVのバリューチェーンの重要な一翼を担うようになることだ。これまでのところ、中国とその巨大な電池メーカー以外に、製造規模を達成できている国はほとんどない。

サウジアラビアには資源、資本、信念があり、これこそが多くの企業や国に欠けているものだ。サウジアラビアは現在、石油価格と需要の優位性を利用して、他の国々が苦労している転換を図ろうとしている。また、地理的な優位性により、ヨーロッパへの供給や中国やオーストラリアからの資源の調達が可能だ。また、1兆3,000億ドルともいわれる潜在的な鉱物資源を掘り起こすため、採掘許可証の発行や査定を速やかに行っている。米国と比較すると、許可取得が滞り、こうした採掘計画の承認が数年来の低水準に落ち込んでいる。

一方、自国の資源を開発することも可能だ。リチウムは油田の周辺にある塩分を含んだ塩水に含まれており、供給不足が深刻化する中、重要な供給源となりつつある。現在、研究者たちは、リチウムを塩水から採取し、電池に使用するのに十分な純度に加工するための経済的な方法を研究している。

サウジアラビアの電池材料への進出は、不足によるコスト上昇や、企業が環境規制の強化に立ち向かう中で、経済にとって大きな脅威となり得るものを長期的な利益に変えようとしている。

米国や欧州の一部の国々が追いつくには、もうほとんど遅すぎる。中東の他の地域でも、石油に依存した経済から、より環境に優しい技術への転換を図ろうとしている。アブダビは最近、イエローマイカ(白雲母)とリン酸塩鉱物からリチウムを抽出し、貴重な副産物を回収するための施設をハリファ工業地帯に建設するために、リチウム加工企業を誘致した。

企業や国家が、中国と同じように、重要な電池材料をサウジアラビアに依存するようになったとしても、驚くにはあたらないだろう。

Saudi Arabia’s EV Battery Bets Are a Warning: Anjani Trivedi

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

EV