韓国はヘッジファンドの絶好のターゲット: Anjani Trivedi
2023年3月16日(木)、韓国・ソウルで開催された展示会「InterBattery」のLG Energy Solution Ltd.のブース。同展示会は3月17日まで開催される。

韓国はヘッジファンドの絶好のターゲット: Anjani Trivedi

世界的な銀行の混乱、金融システムの不安、より広範な経済の不確実性は、過去1年間、買収を繰り返してきたアクティビスト投資家にとって完璧な条件とは言えない。では、これからどこに行くのか?

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 世界的な銀行の混乱、金融システムの不安、より広範な経済の不確実性は、過去1年間、買収を繰り返してきたアクティビスト投資家にとって完璧な条件とは言えない。では、これからどこに行くのか?

そのような投資家にとって、韓国は肥沃な狩猟場であることが証明されるかもしれない。ここ数カ月、現代グロービス、韓国亜鉛、GSホールディングスなど数社が配当や自社株買いを増やし、株主還元策を更新している。いわゆる「コリア・ディスカウント」、つまり、長年にわたる大型複合企業の乱立が株式市場の低評価を招いていたため、当局がようやくコーポレート・ガバナンスの強化に力を注いでいるのだ。また、地元の投資家たちが、グローバルなヘッジファンドが活躍する場を提供するために、鍋をかき混ぜていることも助けになる。

大物投資家がこれまで韓国に手を出さなかったわけではない。ポール・シンガーが率いるエリオット・マネジメントは、サムスン電子や現代自動車のグループなど、韓国の巨大企業を熟知している。株主のために価値を引き出そうとするキャンペーンは、わずかな改善をもたらしたが、いくつかの提案は真っ向から否定され、増資は敬遠された。法的にも問題があった。

はっきりさせておきたいのは、企業が突然寛大な気持ちになったり、活動家の仲間や役員を探したりしているわけではないということだ。ゴールドマン・サックス・グループによると、韓国企業は通常、地域の同業他社よりも研究開発費と資本支出(全体の85%近く)にリターンを多く割り当てている。これは、株主の利益を犠牲にすることになる。しかし、政策立案者が熱を帯びてきているため、ますます力をつけてきた投資家層とうまく付き合っていく必要に迫られている。

タイトフィスト|韓国では近年、株主還元が低下している

韓国の企業は、企業帝国が持株会社を築き、支配を維持する方法を熟知している。企業は、一般的なステークホルダーを犠牲にして、支配者一族に富を移転させるトンネリングに頻繁に取り組んでいる。また、子会社の価値を最大化するためにスピンオフを行う企業もあるが、この場合も少数株主を置き去りにすることになる。

昨年、化学大手のLG Chem Ltd.が電池子会社のLG Energy Solution Ltd.をスピンオフした際、親会社の投資家の価値が希薄化したとの批判があった。同社は株式交換や補償を行わなかった。このような資本調達の方法は、結局のところ支配株主のニーズを優先させるものだった。

コーポレート・ガバナンスの改善を目的としたスチュワードシップ・コードが2016年に発表されたにもかかわらず、このような事態が発生した。LGのような状況を避けるため、規制当局は現在、既存のプレイブックをより鮮明にしている。昨年、金融委員会は、子会社やスピンオフの公募における一般投資家の保護を発表した。また、金融委員会は、内部取引や自己売買に関する取締役会の決定の詳細と理由を「積極的に説明」するよう企業に求めるガイドラインを改訂した。一方、2021年には、少数株主を保護するために韓国商法が改正された。開示実務を改善する必要があるのは間違いないが、現行の規則を洗練して実行することは、大きな意味を持つ。

政策の追い風が強くなる中、タイミングが重要だ。経済の不確実性が高く、バッファを確保する必要があるときに、現金を配り、企業に圧力をかけるのは不用心と思われるかもしれない。韓国企業は、特に強力な産業技術や自立をめぐるレトリックが強化される中、調査や宝探しに身を投じることをためらうかもしれない。しかし、資本効率を高めるための強い後押しは必要である。多額の資金を投入しているにもかかわらず、投資に対するリターンは低いままである。

低水準|韓国のベンチマークであるKOSPI指数の資本収益率は、過去10年間、世界の同業他社と比較して低いままであった

ヘッジファンドの登場だ。アクティビズムが正しく行われた場合、企業は警戒を強め、資金をどこにどのように投下するかを考えざるを得なくなる傾向がある。2008年から2020年までの1,000件以上のキャンペーンを調査したところ、アクティビストがコスト削減や資産売却に注力することで、企業の業績を大きく改善させることができることがわかった。中には、研究開発予算を削減することなく、収益性を高められた企業もあった。これは、韓国企業の一部にとって必要なことのように思える。

韓国の産業部門と消費者部門は収穫の時期を迎えているようだ。ゴールドマン・サックスによると、これらの分野の企業は、世界の同業他社と比較して、最も急なディスカウントで取引されており、先渡価格対帳簿価格でほぼ70%以上となっている。これらの企業は、糸やスパンデックス、オーディオ機器、不動産、その他の機械など、あらゆるものを製造する事業セグメントの寄せ集めであることが多く、アクティビストはこれらの企業を引き離すのが大好きだ。

つまり、韓国企業は投資家にとって格好のターゲットなのである。

Hedge Funds Seek New Targets in These Tough Times: Anjani Trivedi

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Comments