ロシア資産の売却は少ない選択肢と大きな損失がともなう
2016年12月21日水曜日、ロシア、サマラ地方のノボクイビシェフスクで、ロスネフチPJSCが運営するノボクイビシェフスク石油精製プラントの低温異性化ユニットを照明しているライト。投資家が米国の在庫増とOPECおよび他の生産国による今後の協調減産を比較検討したため、原油は2週目の上昇幅を縮小した。

ロシア資産の売却は少ない選択肢と大きな損失がともなう

ロシアの資産を売却しようとしている投資家は、実際の巻き戻しは複雑で費用のかかる作業になる可能性があることに気づくだろう。大幅な評価損や買い手を見つけられない現象に直面するはずだ。

ブルームバーグ

ロシアの資産を売却しようとしている投資家は、実際の巻き戻しは複雑で費用のかかる作業になる可能性があることに気づくだろう。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、ポートフォリオを見直す機関投資家が増えている。ノルウェーは1兆3,000億ドルの資産ファンドからロシアの資産を取り除くと発表し、英国の石油大手BP PlcはロスネフチPJSCの株式を売却することを検討している。

しかし、ロシアを政治的・経済的に孤立させた制裁措置の劇的な増加を考えると、公開市場で株式を売却し、これらの投資の買い手を見つけるのは容易ではないだろう。

ここでは、投資家にとって複雑な問題、そして起こりうる損失について説明する。

1. 売り出しの加速

大口投資家や企業の株主は、市場が閉じた後に株式の大部分を売り出すことを選択することがよくある。このような取引は通常、銀行が引き受け、銀行が株式を購入して公開市場で提供し、処分のリスクを引き受ける。

ロシアでは、外国人が国内銀行を通じてロシアの証券を販売することを禁止しているため、外国人は引受先として除外されており、制裁やコンプライアンスの問題から、欧米の金融機関が参入することはできない。

2022年2月10日(木)、英国ロンドンでブルームバーグ・テレビのインタビューを控えたBP Plcのバーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)。BPの株価は、ロスネフチPJSCの株式を売却するという決定が買い手を引き付ける可能性がほとんどないとされ、ここ3カ月で最も下落した。
2022年2月10日(木)、英国ロンドンでブルームバーグ・テレビのインタビューを控えたBP Plcのバーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)。BPの株価は、ロスネフチPJSCの株式を売却するという決定が買い手を引き付ける可能性がほとんどないとされ、ここ3カ月で最も下落した。

AJ Bell Plcの投資ディレクターであるラス・モールドは、「欧米の投資銀行が喜んで関与するか、ロシア関連証券のビジネスから手数料を取ると見られることを望むかは明らかではない」と述べ、これらの銘柄に対する意欲がないことも指摘している。

2. 買い手探し

大きな株式の場合、ロシア企業の株主は、持ち株を卸してくれる買い手を探そうとすることができる。アジアの投資家にアピールすることも考えられるが、政治的なリスクも伴う。

「中国に資産を売却することは、長期的な影響を及ぼす可能性がある。特に、欧米の商品へのアクセスや支配力、影響力を弱めることになる」とモールドは言う。

国際的な制裁措置によって、ロシアの資産はたとえ大幅な値引きがあったとしても、経済的な魅力に欠ける。つまり、中国の投資家は、政治的な頭痛の種になるようなリスクは冒したくないかもしれない。

スイスクォートのシニアアナリスト、イペック・オズカルデスカヤは、「中国がどのようなポジションを取るかという疑問は常にある」と言う。「事業採算性の観点から、中国の投資家がロシアの資産を購入する理由はなく、したがって、購入意欲もないはずだ」と述べた。

3. ゆっくりとした滴下

売り手は、保有するロシア株を長い期間をかけてゆっくりと株式市場に垂れ流すことを試みるかもしれない。売却を分散させることで圧力を緩和できるかもしれないが、保有者が長期間投資にしがみつくと、風評被害を受けるリスクがある。

バントロンのポートフォリオマネジャー、オリバー・シャーピングは「特にESGや制裁関連の制約がある機関投資家は買えないだろうし、買うつもりもないだろう」と述べた。小規模のヘッジファンドやファミリーオフィスなど、時間軸が十分に長いところでは、買い手が現れるかもしれない、と彼は付け加えた。

4. 意外なバイヤー

皮肉なことに、ロシアの投資家は、ある資産にとって最も明白な買い手となる可能性がある。

しかし、大きな障害があって、短期間での取引はほとんど不可能だ。月曜日にルーブルが史上最安値まで急落し、地元の証券取引所での株式取引は中止された。つまり、ロンドンなどの取引所で取引されているロシア株のグローバル預託証券を購入することも、モスクワのポートフォリオ・マネージャーにとっては法外な値段になってしまったのだ。

金融機関のスベルバンク・オブ・ロシアPJSC、小売業のマグニットPJSC、エネルギー企業のガスプロムPJSCなど、ロシア企業のロンドン上場預託証券は、英国の取引で仕手株化された。

5. 打撃を受ける

BPは、ロスネフチの20%の株式の買い手を見つけることは非常に困難であるため、ロシアからの撤退により250億ドルもの評価損を計上する可能性があると警告している。シェルは、大規模な液化天然ガス施設を含むロシアのガス事業から撤退する。

ロシアに大きな投資をしている他の企業は、保有株式の価値をゼロにすることを選択する可能性がある。

他の売り手の中には、株式を売却するのに苦労している者もいる。スカイニュースは、モスクワの証券取引所における外国人の株式売買が制限される中、アバディーンが保有する500万ポンド(670万ドル)のロスネフチの株式を売却できないままになっていると、この情報を入手した経緯は述べずに報じている。投資会社の代表者はコメントを控えた。

0:00
/

トタルエナジーズSEはロシアで事業を展開しており、そのキャッシュフローは約15億ドル(約5%)である。ガス会社のノヴァテクに出資しているほか、ヤマルLNGプロジェクトに大きな権益を持っている。シェブロンとエクソンは潤滑油の分野で存在感がある。

Hargreaves Lansdown Plcのアナリストであるスザンナ・ストリーターは、BPの撤退計画について「国際社会の中でロシアが亡国的な地位を獲得しつつある中で買い手を見つけるのは難しいだろう」と述べた。

「今のところ、非常に高額な評価損が主な行動方針であることに変わりはないだろう。

Kat Van Hoof, Swetha Gopinath, Filipe Pacheco. Anyone Selling Russian Assets Faces Few Options, Big Losses. © 2022 Bloomberg L.P.