スティーブ・アオキ、音楽業界でNFTとWeb3の普及が止まらない理由を語る
2022年3月30日(水)、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたNFT LAカンファレンスのパネルに登壇したDJのスティーブ・アオキ。NFT LAは、没入型メタバースと融合した統合型カンファレンス体験です。フォトグラファー:Bing Guan/Bloomberg

スティーブ・アオキ、音楽業界でNFTとWeb3の普及が止まらない理由を語る

人気DJのスティーブ・アオキは、非代替性トークン(NFT)のようなデジタル資産は、ミュージシャンがファンとより良い関係を築くのに役立つと言う。彼は10年間の音楽活動よりもNFTを販売したほうがより多くのお金を稼げたようだ。

ブルームバーグ

先週カリフォルニアで開催されたNFT LAカンファレンスの基調パネリスト、スティーブ・アオキは、非代替性トークン(NFT)のようなデジタル資産は、ミュージシャンがファンとより良い関係を築くのに役立つだろうと語った。

グラミー賞にノミネートされ、Kid Cudiの「Pursuit of Happiness」などの人気曲のリミックスで知られるこのミュージシャンは、ブルームバーグに対し、Web3の分散型世界によってアーティストが自分の作品をよりコントロールしやすくなると語っている。実際、彼は10年間の音楽活動よりも、NFTを販売したほうがより多くのお金を稼げたという。そのため、彼は現在、スヌープ・ドッグのような他のアーティストと共同で、自身のNFTプラットフォーム「A0K1VERSE」を構築している、

以下は、ブルームバーグと青木の対談のハイライト。


Q: なぜアーティストが音楽とNFTの接点に関心を持つべきなのでしょうか?

A: ソーシャルメディアが登場したときと同じです。人とのつながりやリーチが広がっていくんです。やらなければならないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。ソーシャルメディアに全く参加していないアーティストもたくさんいますが、彼らは存在しています。だから、やらなければならないというわけではありませんが、もしあなたが自分のリーチを広げ、別の方法で人々とつながりたいのであれば...私たちの生活に対する見方、私たちが行うことを伝える方法のデジタルな痕跡は、実は私たち自身の非常に大きな部分を占めているのです。

それは、よりコントロールすることです。自分が何を所有しているかということです。だから、その哲学を念頭に置けば、もう明らかだと思うんです。ミュージシャンだろうが、クリエイターだろうが、何だろうが関係ない。むしろ「所有」から入る方がいい。いずれそれが見えてきたら、ごく普通のことになると思うし、そうなったらNFTとは何かという会話はなくなると思う。

これは「インターネットって何?」というような質問です。そして2年後、こうした関係をより意味のあるものにするにはどうしたらいいのか? どうすれば、より持続可能なものになるのか? といった疑問が、後々重要になってきますよね。まず、このアイデアを導入することです。「みんな、自分のものにしよう」ということです。その一員になりたいと思えば、自分が入るものは自分のものであり、それがどのようなものであるかを決めることができるのです。そこからが楽しいんです。そこから、どのようにコミュニティを構築するかというアイデアが生まれるのです。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

アーティストが音楽を通じてファンとコミュニケーションをとる方法と、アーティストがWeb3や音楽を通じてファンとコミュニケーションをとる方法の大きな違いのひとつは、あなたが(ファンの)声をより多く聞いていることだと思います。より多くの人と関わっているのです。一方的な会話というより、もっと人間的な関係です。それが大きな違いです。Web3に参加するためには、音楽を作ってドロップするだけでなく、さまざまな世界にもっと参加しなければならないでしょう。 彼らはまだWeb2(現在のインターネット)の一部で、音楽をドロップして生活を続けることはできます。でも、私はもっと欲しいんです。もっと作りたいんです。

Q: 音楽業界の人たちとNFTについて話すとき、彼らが一番引っかかることは何でしょうか?

A: 暗号通貨に詳しい人たちは、ブロックチェーン上に構築されているので、それを理解することができます。暗号通貨にも詳しくない人は、ある程度暗号リテラシーを身につけないといけない。それを信じなければならない。暗号は非中央集権的なものですから、それを信じなければなりません。しかし、これだけでもう「暗号通貨なんていらない、よくわからない」となってしまう人はいます。まずそこがハードルです。私はいつも、「すべては市場に基づいている」ということから始めます。すべては、人々がどうあるべきかを決めることに基づいているのです。

人々が「これはチーズバーガー1つの価値があると決めるなら、その商品はチーズバーガー1個分の価値がある。人々がこれは10万ドルの価値があると決めたら、それはその価値がある。彼らが決めたことをあなたが認めるなら、その価値は成立します。それは、単なるミュージシャンやアーティストであることとは異なります。ビジネスモデルを理解し、ただ音楽を提供し、それを人々が聴かないということよりも、はるかに大きな仕事であることを理解しなければならないのです。それを実現するためには、本当の意味での対話が必要なのです。

チームも必要です。私は、NFTコレクション「A0K1VERSE」を作り上げるために本格的なチームを結成した。Discordに参加しているのは5人で、女性が3人、男性が2人です。A0K1VERSEに投資してくれた人たちが欲しいものを手に入れたり、今までにないものを手に入れたりできるように、すべての報酬やA0K1VERSEの開発、そのようなものを扱うために正社員を2人入れた。ファンクラブよりもずっと大きなものです。間違いなく、社会的なコミュニティです。

Q: 今後、Spotifyのようなストリーミング大手に代わる、NFTベースやブロックチェーンベースのプラットフォームが登場する可能性はありますか?

置き換わることはないと思います。分かりません。物理的なCDはストリーミングやダウンロードに取って代わられたわけですから。Spotifyは頭がいいと思います。常に進化があるので、それがどのようなものかを考えるでしょう。私は26年間、レコード会社を経営してきました。物理的な製品を持つことは本当に重要でした。それがビジネスとして収入を得る方法だったのですが、それがすべてなくなってしまったのです。では、ストリーミングはなくなるのでしょうか? それは誰にもわかりません。次に来るものは何でしょう?それはどのようなものでしょうか? 彼らはそれについて前向きに考えなければならないでしょう。しかし、Web3を止めることはできませんし、NFTの音楽との関わりを止めることもできません。音楽が目指す次のフロンティアになるのです。選択肢が増えるだけです。

それがNFTの役割です。ストリーミングというパレットができたのです。これはとても重要なことです。YouTubeもあります。NFTの文化は、ロイヤリティであれ、コレクションであれ、感情的に影響を受けた特定の曲の希少性を高め、アートとして扱うことができるようになったのです。最も重要なのは、より広いコミュニティを構築することであり、それは私たちがA0K1VERSEで行っていることでもあります。

Q: 暗号の世界では匿名性の高いことが多いので、プロジェクトで提携するのは難しいのでしょうか?

A: 少し怖い時もあります。意図するところが分からないので、何かと揉めるかもしれません。特に私のような投機好きは、そのような失敗をすることが多いのです。

Hannah Miller. DJ Steve Aoki Touts Music’s Unstoppable Embrace of NFTs, Web3. © 2022 Bloomberg L.P.