Apple、インドでの製造に弾みをつける
ガンジナガルで開催されたDefense Expo 2022で演説するナレンドラ・モディ首相。

Apple、インドでの製造に弾みをつける

Appleの中国サプライヤー12社以上がインドでの事業拡大の初期許可を得ており、中国以外の組み立てネットワークの多様化を目指すハイテク大手の取り組みを後押ししている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- Appleの中国サプライヤー12社以上がインドでの事業拡大の初期許可を得ており、中国以外の組み立てネットワークの多様化を目指すハイテク大手の取り組みを後押ししている。

AirPodsとiPhoneの組み立てを行うLuxshare Precision Industry Co.と、レンズメーカーのSunny Optical Technology Group Co.の一部門が、許可を得た企業の中に含まれていると、この問題に詳しい関係者が語っている。インドの主要省庁からの認可は、インドでの事業拡大に向けた完全な承認へのステップであり、各社はインド現地の合弁パートナーを探す必要がありそうだと、関係者は述べている。

Appleやその他の米国の電子機器ブランドは、貿易制限とコロナに関連した生産中断により、一国への過度の集中がもたらすリスクを露呈したため、中国への依存度を下げようとしている。今回の認可は、アジアの隣国間の政治的緊張が高まっているにもかかわらず、インドがハイテク製造業を発展させるために中国企業の参入をより多く認めていることを示すものだ。

ナレンドラ・モディ首相はインドの製造業を成長させることを国家的優先事項としており、企業の拡張プロジェクトに財政的な優遇措置と政府の支援を提供している。Appleはその取り組みの中心的な役割を担っており、鴻海精密工業株式会社などのパートナー企業は、最新世代のiPhoneをこれまで以上に国内で生産している。

Appleがインドでのプレゼンスを高めるために必要なサービスを提供する企業として名前を挙げたことで、約14社のサプライヤーがインドからのGOサインを受けている、と関係者は述べている。Apple製品の大半は依然として中国で組み立てられているが、同社は近年、台湾のパートナーを通じてインドでより多くの製品を作り始めている。

Luxshare、Sunny Optical、Apple、およびインド技術省の代表者は、コメントを求める電子メールに応答しなかった。

カリフォルニア州クパチーノに本社を置くAppleは、数百の部品メーカーからなるサプライチェーンを厳しく管理している。タタ・グループなど一部のインド企業はすでにAppleに部品を供給しており、インドでは電子産業の活性化と多様化のために、サプライチェーンにさらに地元業者を加えるよう働きかけている。中国の部品メーカーとの合弁は、それを実現するための一つの手段だ。

インドは、2020年に両国の軍隊が長い係争中の国境で激しく衝突し、インド側で少なくとも20人の死者を出した後、そのハイテク経済から中国企業を大きく切り離した。この事件により、同国では反中ビジネス感情が高まった。

それ以来、インドはアリババ、テンセント、ナイトダンスのアプリを禁止し、携帯電話メーカーからフィンテックサービスプロバイダーまで、その他多数の中国のハイテク企業を家宅捜索、調査、罰則を課している。国境を接する国の企業が政府の同意なしに進出することを禁じる規則を強化し、中国企業はハイテクメーカーに対する国の優遇措置を受けられずにいる。

一方、インドはスマートフォンの現地組立を着実に強化しており、台湾メーカーの鴻海精密工業、ウィストロン、ペガトロンに工場の設置を許可している。しかし、重要な部品メーカーが近くにないため、国内産業の成長には限界がある。

インドは現在、いくつかの中国サプライヤーの国内進出を承認していますが、いくつかはまだ拒否されていると関係者は述べている。Appleはインド当局に約17社のサプライヤーのリストを提出したが、そのうちの数社は断られ、少なくとも1社は中国政府と直接関係があることを理由に断られたと、関係者の1人は述べている。

Laser Technology Industry Group Co. とYUTO Packaging Technology Co. は、クリアされるものの中に含まれていると、人々は言った。

-- 協力:Debby Wu、Gao Yuan、Sudhi Ranjan Sen、Adrija Chatterjee。

Saritha Rai and Sankalp Phartiyal. Apple Gets a Boost in India as Chinese Suppliers Given Clearance.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ