Apple、AR/VRヘッドセットを取締役会に公開、重要プロジェクトの進展の兆し
カリフォルニア州サンノゼのサンノゼコンベンションセンターで開催された2019 Apple Worldwide Developer Conference(WWDC)で基調講演を行うApple CEOのティム・クック。(写真:Justin Sullivan/Getty Images)

Apple、AR/VRヘッドセットを取締役会に公開、重要プロジェクトの進展の兆し

米Appleの幹部が先週、同社の取締役会で次期複合現実型ヘッドセットをプレビューし、同デバイスの開発が先進的な段階に達していることを示したと、関係者が明らかにした。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) 米Appleの幹部が先週、同社の取締役会で次期複合現実型ヘッドセットをプレビューし、同デバイスの開発が先進的な段階に達していることを示したと、関係者が明らかにした。

同社の取締役会は、8人の独立取締役とAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)で構成され、少なくとも年に4回招集される。この会合は非公開のため、関係者は名前を明かさないよう求めている。

この数週間、Appleはヘッドセット上で動作するソフトウェアであるrOS (reality operating systemの略) の開発も強化していると、この作業に詳しい他の関係者は述べている。この進歩は、取締役会のプレゼンテーションと相まって、製品のデビューが今後数カ月以内に来る可能性があることを示唆している。

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の要素を組み合わせたこのヘッドセットは、Appleの次の大きな賭けだ。2015年のApple Watch以来、同社初の主要な新製品カテゴリーを意味し、巨大ハイテク企業がまだ始まったばかりの業界--現在はFacebookのオーナーであるMeta Platformsが支配している業界--に飛び込むことになる。Appleは、年間売上高の約80%を占めるデバイス事業を拡大するための新たな方法を模索している。

Appleのマネーメーカー|ヘッドセット製品は、同社の現在のラインアップをさらに多様化させるだろう

Appleは、早ければ今年末か来年中にヘッドセットを発表し、2023年にコンシューマー向け発売を予定していることを目標に掲げている。6月の開発者会議での発表を目標としていたが、コンテンツやオーバーヒートに関する課題があり、延期の可能性があるとブルームバーグは報じている。同社は、ヘッドセットの計画についてコメントを控えている。

Appleの売上は急増しており、最近の四半期では記録的な水準を記録している。しかし、サプライチェーンの障害や個人消費の減速に対する懸念が同社の株価を圧迫している。Apple社の株価は、木曜日の2.6%の下落を含め、今年に入ってから約23%下落しており、より広範囲なハイテク企業の低迷の一因となっている。

iPhoneメーカーの役員会は通常、Appleの正規従業員以外で最初に将来の製品を目にするグループとなっている。スティーブ・ジョブズがCEOを辞任した2011年には、役員会が一般公開の数週間前に音声アシスタント「Siri」のデモンストレーションを行った。

このヘッドセットは、Appleの最新Macに搭載されているものと同等の高度なプロセッサーと、超高解像度のスクリーンを備えている。最初のモデルはVRとARの両方を提供するが、同社はコードネーム「N421」と呼ばれる独立したARメガネも開発中で、この10年後半にリリースする予定である。VRとは異なり、ARは現実世界の上にデジタルの情報や画像を重ね合わせるものだ。

現在のデバイスはコードネーム「N301」で、2015年ごろから開発が進められている。同社の副社長であるマイク・ロックウェルがプロジェクトの陣頭指揮を執り、Appleの元ハードウェアエンジニアリング責任者であるダン・リチオも監督に当たっている。同社では、約2,000人の従業員が、Technology Development Group(TDG)と呼ばれるチームの一員として、このデバイスの開発に取り組んでいる。

このグループには、iPhone、iPad、Macのハードウェアおよびソフトウェアエンジニアリングの元リーダーや、NASA、ゲーム、グラフィックス、オーディオなどの業界から採用した主要な人材が揃っている。しかし、この数カ月で主要なエンジニアがMetaや他の企業に移籍してしまった。

ブルームバーグが報じたところによると、このデバイスの開発チームは、クパチーノ本社から数マイル離れたカリフォルニア州サニーベールにあるオフィスで仕事をしているとのことだ。このデバイスは、魅力的なアプリケーションやコンテンツを見つけるなど、開発中にいくつかの難題に直面した。また、技術的なハードルとしては、オーバーヒートやデバイスに搭載されたカメラの改良などが挙げられる。

同社は、iPhoneの主要アプリのヘッドセット用ARバージョンや、没入型コンテンツのストリーミングや仮想会議の開催などのタスクを処理する新しいアプリの開発に取り組んできた。

Appleのヘッドセットは当初、2019年に発表され、2020年に発売される予定だったと、ブルームバーグは当時報じていた。その後、Appleは2021年に発表し、2022年に発売することを目指していたが、この計画は再び2022年か2023年の後半に延期された。

開発中、このデバイスは元チーフデザイナーのジョニー・アイブの反発に遭い、彼はAppleが人々を現実世界から連れ出すようなヘッドセットをリリースすべきではないと考えていたそうだ。2019年にAppleを去ったアイブは、AR専用のメガネというコンセプトを好んだが、その製品はすぐには用意できそうになかった。

アイブはまた、ヘッドセットにスタンドアロンモードと、装着者の家にある処理ハブとワイヤレスでペアリングするとデバイスがより強力になるオプションの両方を搭載する計画も反故にした。この計画は却下され、現在のバージョンはスタンドアローンのみとなっている。また、最新のノートパソコンに搭載されているM1チップをさらに強力にしたものを搭載している。

HTC社製Viveを装着した参加者。Viveバーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットを装着した参加者が、2017年6月5日(月)、米国カリフォルニア州サンノゼで開催されたApple Worldwide Developers Conference(WWDC)で登場した。このカンファレンスは、世界中の開発者を刺激して、彼らの情熱を次の素晴らしいイノベーションや、iPhone、iPad、Apple Watch、AppleTV、Macで顧客が毎日使うアプリに変えることを目的としている。

複合現実型ヘッドセットの開発初期段階において、AppleのエンジニアはHTC Vive VRヘッドセットでARソフトウェアをテストした。開発グループは、iPhoneのディスプレイ、カメラ、チップセットを使用した縮小版ヘッドセットも設計したが、そのデバイスはテスト用に作成されただけで、同社は販売するつもりはなかったと、ブルームバーグは2017年に報じている。

最終的に実際のヘッドセットが発売されれば、この製品はMeta、ソニーグループ、マイクロソフトなど、他のテック大手との競争を激化させることになる。一方、MetaとAlphabetのGoogleも、将来に向けてスタンドアローンのARグラスを開発中だ。

Metaは、Appleのデバイスに似た複合現実ヘッドセットを今後数カ月のうちに発売する。コードネーム「Project Cambria」と呼ばれるその製品は、800ドルより高い価格になるという。デバイスの開発に詳しい人物によると、Appleのデバイスは2,000ドル以上する可能性があるという。昨年、同社はAppleの小売店1店舗あたり1日1台程度の販売になると考えていた。

IDCのデータによると、ARおよびVRヘッドセットの市場は昨年92%成長し、1100万台以上となった。現在、メタ社のヘッドセット「クエスト2」が市場を独占しており、2021年の販売台数は約78%に達している。Appleがこのカテゴリーに参入したことで、そのマーケティングの手腕と製品のエコシステムから、時間の経過とともに業界の売上がかなり拡大すると思われる。

Mark Gurman. Apple Shows AR/VR Headset to Board in Sign of Progress on Key Project.

© 2022 Bloomberg L.P.