大手テックがVRヘッドセットに大金を積み上げる理由
アップルからグーグルまで、大手ハイテク企業はAR / VRヘッドセットの開発を急いでいる。モバイル市場が成熟した今、AR / VRは、新たな約束の地だ。Photo by Maxim Hopman on Unsplash

大手テックがVRヘッドセットに大金を積み上げる理由

エコノミスト(英国)
“The

9歳のラルフ・マイルズは、円盤のような目をして、ゆっくりと「Quest 2」のヘッドセットを取り出した。「別の銀河系にいるみたいだ!」と彼は叫ぶ。彼は今、ロンドンのデパートの家電売り場で静かに座っている間、耳をつんざくようなレーザー砲でエイリアンのロボットを吹き飛ばすのに10分ほど費やしたところだった。店員たちは商品の宣伝に忙しく走り回っている。ラルフは「これはすごい!」と感激している。ラルフの父が「あいつに気をつけろ」と警告する。

このカテゴリーには、完全没入型のVR(仮想現実)と、ユーザーの視界にコンピューター画像を重ね合わせるAR(拡張現実)という新しい技術が含まれる。ほぼすべての大手テクノロジー企業がVRやARのヘッドセットの開発を急いでおり、これまでニッチな市場であったものが、より大きなものになる可能性があると確信している。

Facebookの親会社であるMetaは、過去1年半の間にQuest 2を約1,000万台販売し、今年後半にはより高度なヘッドセットであるCambriaを発売する予定である。マイクロソフトは、より高価なHoloLens 2を企業向けに売り込んでいる。Appleは、年末近くに最初のヘッドセットを発表する予定であり、すでに次世代モデルを準備していると言われる。Googleは、Irisと呼ばれるゴーグルを開発中だ。また、バイトダンスからソニー、Snapに至るまで、多くの第2級テック企業が独自のアイウェアを販売または開発している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン