アップルの株主、クックの給与パッケージに反対するよう要請
2021年6月7日(月)、米国イリノイ州ティシルワで開催されたWWDCで、ラップトップコンピュータを使ってバーチャルで話すアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)。

アップルの株主、クックの給与パッケージに反対するよう要請

【ブルームバーグ】アップルの投資家は、昨年ティム・クック最高経営責任者(CEO)に与えられた9,900万ドルの報酬パッケージに反対票を投じるべきだと、議決権行使助言会社が提言している。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】アップルの投資家は、昨年ティム・クック最高経営責任者(CEO)に与えられた9,900万ドルの報酬パッケージに反対票を投じるべきだと、議決権行使助言会社が提言している。

メリーランド州ロックビルに本社を置くインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ(ISS)は、クックの2021年の報酬の半分は時限的なもので、アップルの株価上昇などの業績基準を満たすかどうかは関係ないと報告書で述べている。ISSは、3月4日に開催されるアップルの年次株主総会において、この報酬パッケージに反対するよう株主に呼びかけた。

ISSは報告書の中で、「クックCEOに与えられた株式報酬の設計と規模には大きな懸念がある」と述べている。クパチーノ(カリフォルニア州)に本社を置くアップルの広報担当者は、ISSの報告書に対するコメントを控えた。

企業幹部の給与の大部分は株式やオプションの形で支給されることが多く、多くの場合、会社に留まることへのインセンティブを与えるための制約や業績基準が設けられている。昨年、クックは、当時8,200万ドル相当の株式報酬のほか、1,200万ドルの現金賞与、300万ドルの給与、その他の報酬を受け取った。

これは、クックが10年前にスティーブ・ジョブズの後を継いだ後にアップルから与えられた7億5,000万ドルのムーンショット賞を回収した後に受け取った初めての給与パッケージだった。クックは、ポスト・ジョブズの時代にアップルが衰えると予想した一部の評論家の意見を覆した。2011年以降、アップルの総株主還元率は1,000%を超え、同社の市場価値は2.8兆ドルにまで上昇した。

アップルは先月の提出書類でクックへの報酬額を開示しており、今後はこの報酬を非拘束投票にかける予定だ。クックの2021年のパッケージには、2025年までに100万株もの株式を提供できる新しい株式報酬が含まれていた。

アップルはすでにクックに2022年の報酬パッケージを付与している。9月には、75万株以上になる可能性のある制限付き株式の付与が行われた。

アップルの株主はこれまで、クックをはじめとする幹部の給与を支持してきた。2021年の年次総会では、投票数の95%が同社の役員報酬プログラムを支持していた。

フィナンシャル・タイムズは、16日の初めにISSの勧告について報じている。

Scott Carpenter. Apple Shareholders Urged to Oppose Cook’s Pay Package. © 2022 Bloomberg L.P.