「アーク信者」の大半は今もキャシー・ウッドを支えている
2021年10月19日(火)、米国カリフォルニア州ビバリーヒルズで開催されたMilken Institute Global Conferenceにおいて、ARK Investment Management LLCの最高経営責任者であるキャサリン・ウッド氏が講演を行った。Photographer: Kyle Grillot/Bloomberg

「アーク信者」の大半は今もキャシー・ウッドを支えている

【ブルームバーグ・ビジネスウィーク】2021年、アークへの熱狂がピークに達したとき投資家は同社の上場投資信託(ETF)に420億ドルを投入した。さらに驚くべきことに、その流入額の4分の3が現在も残っている。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ・ビジネスウィーク】2021年、アーク・インベストメント・マネジメントへの熱狂がピークに達したときには、投資家は同社の上場投資信託(ETF)に420億ドルという驚異的な資金を投入していた。さらに信じられないことがある。さらに驚くべきことに、その流入額の4分の3が現在も残っている。

アークはウォール街のほぼすべての人を凌駕するような輝かしい2020年の後、12ヶ月間は残酷な時期を迎えた。代表的なファンドである「ARKイノベーションETF(ARKK)」は、投機的なテクノロジー関連企業に大きく賭けたことで45%以上も急落した。同時期のS&P500指数のリターンは約20%。ARKの創設者であるキャシー・ウッドは、テスラに大金を投じたことで知られているが、その株価は1年前と比較してまだプラスだ。しかし、ストリーミング機器メーカーのロク、暗号化取引所のコインベース、バーチャルヘルスケアプロバイダーのテラドック・ヘルスなど、他の上位保有銘柄は暴落している。

ウッドについては、ネット上のフォーラムやメッセージボード、ソーシャルメディアなどで、そのような声が聞かれるが、これほど多くの資金を失いながらも、多くの投資家を維持した運用者はこれまでにいなかった。イノベーションファンドの資産は、2021年2月のピーク時から1月末までに150億ドル以上減少したが、その大部分は保有資産の価値の低下を反映したものだ。投資家の撤退は10%以下で、同ファンドの資産は130億ドルで月末を迎えた。1月の1日分のフローデータがまだ残っているので、ETFは2022年に、約20%の低迷にもかかわらず純流入を記録していた。

世界経済を根本的に変えようとしている一握りの新技術に集中的に賭けるというウッドの戦略には、今でも信奉者がいる。生物学者のジョナサン・モリノー(29)は、2021年6月に個人退職金口座「Roth IRA」を通じて「ARKK」を購入した。彼は今でも長期的に保有しており、保有資産の2%という比較的控えめな割合で保有しているという。「私は今でもキャシーの大ファンだ」とモリノーは言う。「もしARKチームに入るなら、たぶん良い場所にいると思う」

モリノーのような人がいれば、ウッドは過去のスーパースター資産運用会社がつまずいた後の運命から逃れることができるかもしれない、とブルームバーグ・インテリジェンスのシニアETFアナリスト、エリック・バルチュナスは言う。多くの投資家は、すでに多くの資金を格安となったETFに預けており、残りの資金で少しでもリスクを取りたいと考えている。「そのため、アーク、テーマ投資、クリプトなど、正反対でホットソースのように使えるものを探している」と彼は言う。

ARKのクライアント・ポートフォリオ・マネージャーであるレナート・レギは、ファンドの保有銘柄を毎日見ることができ、オンラインでリサーチ結果を読むことができる投資家は、ウッドのアプローチを理解していると言う。「透明性があるからこそ、お客様はファンドで何が起こっているのかを知っているという安心感を得られるのだ」と彼は言う。また、レギは、ファンドは少なくとも5年間の長期的な視点で運用していると言う。「ボラティリティは私たちを脅かすものではなく、むしろ私たちにチャンスを与えてくれるものなのだ」と彼は言う。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン