フィナンシャル・タイムズ

フィナンシャル・タイムズ

世界有数のグローバルビジネス誌「フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)」のニュース、分析、コメントをご紹介します。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

上海のロックダウンで露呈したグローバルサプライチェーンの歪み

数多の多国籍企業が、中国の国際貿易の20%を占める上海のロックダウンによってサプライチェーンに混乱が生じると警告し、その影響は世界中に波及している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

日本株式会社、突如として円安のデメリットに気づく

「円安は何のメリットもない」と断言する企業関係者が続々と出てくる一方、日銀の黒田東彦総裁は、円安は特に燃料や原材料の輸入に依存する中小企業に困難をもたらすものの、日本経済にとっておおむねプラスであると論じている。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

かつて日本経済を引っ張った経産省は影響力を再発見できるか?

1970年代初頭から1980年代後半のバブル崩壊まで、日本経済の「奇跡」を築いた通商産業省は米国との貿易摩擦の末に影響力が弱体化した。岸田内閣の中で枢要な地位を持つ経産官僚たちは長期停滞する経済を活性化できるのだろうか?

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相、地元ベンチャーに「アニマルスピリッツ」を喚起しようとする

日本のスタートアップ業界は長い間未発達であり続けた。ソフトバンクグループの孫正義氏でさえ、このシーンはあまりに未熟であるためほとんど敬遠している。岸田文雄首相が資本主義の「アニマルスピリッツ」を呼び起こすべき格好の場所だ。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

ベンチャーキャピタル、注目のクリプトスタートアップ案件を確保するため取締役の席を譲る

過去3年間で、400社以上の暗号通貨の新興企業が「シリーズA」の資金調達を行い、その後の資金調達は行っていない。そのうちの半数は、取締役が1人か2人しかいないことが分かっている。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

まだ観てるの?ネットフリックスとストリーミングの未来

2018年から2021年にかけて、Netflixはテレビ番組と映画に550億ドルを注ぎ込み、大手ネットワークやハリウッドスタジオに対抗しようと躍起になっている。Netflixの推進は業界全体の“領地争奪戦”を引き起こし、どの企業も勝つために大きな支出をしなければならなくなった。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

ドルの高騰で「逆通貨戦争」の懸念が浮上

ドルの急騰により、アナリストや投資家の中には、多くの中央銀行が長年にわたる為替レート安への嗜好を捨て、「逆通貨戦争」の新時代が訪れると予想する人もいる。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

岸田首相の英シティ売り込みへの国内の厳しい視線

「岸田に投資せよ」というスピーチの後、日本の現物株は1ヶ月で1兆円以上海外投資家に買い越されたようだ。それでも4月に市場が下落したというのは、国内投資家が岸田首相の厳しい聴衆であることを示している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

東芝が歩んだ入札への紆余曲折の道のり

東芝は非公開化のための入札を開催する。コングロマリットのプライベートエクイティ案件は、日本とグローバルファンドにとって歴史的な出発点になるかもしれないが、不確定要因はまだまだ多い。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスクが430億ドルのツイッター買収資金を調達する方法

世界一の億万長者ながら現金に乏しいイーロン・マスク。彼がツイッター買収の430億ドルを確保する方法は、株式を担保に入れて融資を受けるか、資金力のあるパートナーを見つけるか、のいずれかだ。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

バブル崩壊から30年を経て日本が「大学ファンド」を立ち上げた背景

大学ファンドは、日本が長年直面してきた技術革新の低迷を解決する試みだ。日本の「ユニコーン」は米国より顕著に少なく、競争環境の変化は日本のイノベーションが大企業に集中しているという弁解の説得力を失わせている。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

EV新興企業が直面する最も困難な課題: 自動車を作ること

雨後の筍のように現れたEV新興企業は、自動車を作ることはとても難しいという課題に直面している。投資家は次のテスラを見つけることを期待して大きく賭けているが、多くのEV企業は生産プロセスをうまく機能させるのに苦労している。