ニューヨーク・タイムズ

ニューヨーク・タイムズ

ニューヨーク・タイムズは、世界で最も成功したニュースメディア企業のひとつであり、全世界で1,000万人以上の有料購読者を抱えています。ニューヨーク、ロンドン、ソウルに3つの主要なニュースルームを持ち、31の海外支局があります。アクシオンでは、ニューヨーク・タイムズの記事の中から、読者のために特別に選んだ記事の正規の翻訳を掲載しています。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

インフレと債務がもたらす貧困国の破局的状況

貧困国はインフレと債務で破滅の道を歩んでいる。ロシアのウクライナ戦争は、世界的な信用収縮と中国の景気後退と相まって、中低所得国に悲惨な状況をもたらしている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

テラが400億ドルの大暴落を引き起こした一部始終

韓国の起業家であるドゥ・クォンは、LunaとTerraUSDという暗号通貨を大々的に宣伝した。その失敗により、早期に現金化した投資会社はともかく、一部の小口トレーダーは大きな打撃を受けた。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

仮想通貨崩壊 今回は違う? - ポール・クルーグマン

現状では、暗号通貨は、市場そのものへの投機以外には、経済取引においてほとんど何の役割も果たしていない。ビットコインは2009年から存在しており、技術的な基準からすると古株であることを念頭に置くべきだろう。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

マット・デイモンや大坂なおみら仮想通貨推し有名人に非難囂々

マット・デイモン、リース・ウィザースプーン、グウィネス・パルトロウなどの暗号通貨推し有名人たちは、リスクを強調することなく仮想通貨を宣伝したと批判されている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

仮想通貨の市場崩壊はどれくらいひどいか?

ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコインUST(TerraUSD)が暴落。取り付け騒ぎの様相だ。仮想通貨業界には1つ大きな傷口が生まれたが、これが連鎖的なリスクを引き起こす可能性に留意しないといけない。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビットコインの値動き、ほぼナスダックのテック株

1月1日以降、ビットコインとナスダックの相関性スコアの30日平均は1に近づき、今週は0.82に達し、これまでで最も正確な1対1の相関関係に近づいた。同時に最もよく比較される資産である金の値動きからは乖離している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウォーホルの「マリリン」が1億9,500万ドルで米アーティストの記録を更新

アンディ・ウォーホルが1964年に制作したこの女優の顔のシルクスクリーン「Shot Sage Blue Marilyn」は、クリスティーズにおいて4分足らずの入札で約1億9,500万ドルで無名の買い手に売却され、アメリカの美術品としてはオークション最高額となった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

TikTokは見た目以上に危険かもしれない

「主要なソーシャルメディアプラットフォームは、現代生活に不可欠なものだ」と、ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、エズラ・クラインは書いている。そして、世界中の人々の眼球を支配するTikTokは危険なものになりえる、とも。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

マスクの中国との結びつきがTwitterに頭痛の種をもたらす可能性

Twitterは共産党国家を怒らせれば、マスクの中国での大規模な投資は危険にさらされるかもしれない。Twitterは中国国内ではプラットフォームを禁止されているが、北京の外交政策を世界中に広めるために広く使われており、しばしば嘘や誤解を招く情報を提供している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

終わらない下落相場の痛みを乗り切る方法

連邦準備制度理事会(FRB)が取り組んでいる問題を考慮すれば、金融市場の頭打ちはそれほど不可解なことでもない。FRBのインフレ対策が一段落するまでは、市場の混乱が続くと予想される。しかし、歴史が道標となるなら、それを乗り越えれば、うまくいく確率が高いのだ。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

イーロン・マスクのTwitter改造プランの内幕

イーロン・マスクは最近、投資家向けにピッチデッキを発表し、Twitterとその財務目標に対する彼の壮大な(信じられないとも言える)計画の概要を説明している。ニューヨーク・タイムズ紙は、このプレゼンテーションの内容を入手した。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

原発が必要な日本は地元の信頼を再び得られるのか?

福島第一原発の事故以来初めて、日本国民の大多数が原発の再稼働に賛成している。これは、世界第3位の経済大国が、地政学的混乱の中で限られた資源と向き合い、電力を維持するのに苦労しているという認識が広がっていることを示している。